ロボアドバイザー【WealthNavi(ウェルスナビ)】が最低投資額30万円を恒久化

ロボアドバイザー

ロボアドバイザー【WealthNavi(ウェルスナビ)】が最低投資額30万円を恒久化を発表


2017年1月31日(火)から募集開始をしたロボアドバイザー【Wealth Navi(ウェルスナビ)】ですが、半年で26,000口座以上の申込みがあり、預かり資産は150億を突破し国内最大のロボアドバイザーサービスとなっています。

そんなロボアドバイザー【WealthNavi(ウェルスナビ)】ですが、キャンペーンで最低投資額を30万円としていましたがそれを恒久化すると発表しました。

また、それに合わせて最大3ヶ月間手数料の半額をキャッシュバックを実施しています。

今回はそんなロボアドバイザー【WealthNavi(ウェルスナビ)】についてみていきましょう。

ロボアドバイザー【WealthNavi(ウェルスナビ)】とは


ロボアドバイザー【WealthNavi(ウェルスナビ)】とは、「世界の富裕層が利用する金融アルゴリズム」で、「完全に中立な立場」から、「国際分散投資」をすべて「自動」で行うサービスです。

下記の記事でも書きましたが、人が株や投資で上手くいかない大きな理由が心理にあります。

簡単に言うとこういうことです。
人は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスクの回避を優先する。
しかし、損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向がある.

つまり、もう少し具体的に言うとこうなってしまうのです。
少しでも利益がでれば利益確定して少しでも損があると損失を回避したくて損切りできない

そのためなかなか勝てない人が多いのです。

下記はリーマンショック前後にアメリカ株式のパフォーマンスです。

リーマンショックで大きく落としていますが結局大きく取り戻しているのです。

しかし、この当時ほとんどの方は心理が邪魔をして非道理な行動をとってしまい、損失を被ったと言われています。

これは日本でも全く同じなのです。

リーマンショック

出所;WealthNavi紹介ページ

その投資をする場合に邪魔になる心理を排除する方法として

強制的自動で積み立てる(iDeCoや積立NISAはこの考えにのっとって設計されていると思います)

AI(ロボ)に任せる

の2つがあります。

自分ではどうしても心理が邪魔してしまうので自動で積み立てるのか任せちゃへってことです。

任せちゃうサービスは富裕層向けにはラップ口座というのもありますが、

こちらはロボが自動で投資をしますので人の心理が入らないのでよりオススメです。

また自動積立もできますので先程の心理を排除する2つの方法両方満たすことができるのです。

ロボアドバイザー【WealthNavi(ウェルスナビ)】の仕組み


ロボアドバイザー【WealthNavi(ウェルスナビ)】は1990年にノーベル賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏の「ポートフォリオ理論」などに基づき運用します。

具体的な特徴としては以下があります。

  • お客様ごとに自動メンテナンス
  • フェアな投資対象銘柄の選定
  • 最適ポートフォリオ
  • 国際分散投資
  • 米ドル建て
  • インデックス運用

また、リバランスも自動ですから自分でインデックス運用する際の煩わしさもありません。

具体的な投資先としては

  • 米国株
  • 日欧株
  • 新興国株
  • 米国債権
  • 物価連動債
  • 不動産

となっています。

どの資産にどれだけ配分するかの決定は1990年にノーベル賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏の「ポートフォリオ理論」に基づいた平均分散法を使います。

平均分散法は期待リターンとリスク、相関関係の3つから最適なポートフォリオを計算する方法です。

ロボアドバイザー【WealthNavi(ウェルスナビ)】のキャンペーン


最低投資額を30万円を恒久化する以外に手数料のキャンペーンを行っています。

最大3ヶ月間手数料の半額をキャッシュバック
(1)2017/7/3 20:00:00 〜 2017/7/31 19:59:59 に新規で資産運用開始
(2)資産運用開始〜2017/9/30 23:59:59 に、
入出金額の合計が30万円を下回らずに資産運用を継続

まとめ


申込方法

下記のリンクから口座開設の申し込みができます。

Wealth Navi

開設後、目標金額とリスクの許容度(どれだけ下がっても耐えれるか)を設定します。

それに基づいて最適なポートフォリオ自動構築。

入金があり次第ロボアドバイザーが自動発注。

その後は

分配金の再投資

自動積立

自動リバランス

自動税金最適化

など全自動で行われます。

まあ、簡単に言えば全て自動ですよってことです。

リスクも有るよ

もちろん投資ですからリスクもあります。

たとえば理論上では最適と判断されているポートフォリオですが

その前提は期待リターンやリスクです。

これは予想に過ぎません。

その予想がはずれれば違う結果になる可能性があります。

また、米国ドル建てですから日本円で考えた場合には為替リスクもあります。

そのあたりも加味して検討してみてください。

それらをひっくるめてもかなりいい商品だと思います。

読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブロトピ:ブログ更新しました

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 大和証券イデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にも力をいれている大和証券 大和証券は証券大手であり、個人…
  2. さわかみファンドつみたてNISA
    さわかみファンドがつみたてNISA導入見送り 来年から鳴り物入りではじまるつみたてNISA。 …
  3. モナコイン急騰
    モナコインが1日で2倍へ 仮想通貨といえばビットコインが有名ですがそれだけはありません…
  4. 世界の確定拠出年金
    日本では確定拠出年金(iDeCo)の使える範囲が拡大し公務員なども加入できるようになりました。 …
  5. スパークス
    SBI証券(iDeCo)スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンドを追加 ただで…
  6. 保険の加入は期待値で考える
    生命保険・医療保険などの保険加入のポイント 生命保険や医療保険、自動車保険などに加入されている方も…
  7. ビットコイン
    チャットするだけで仮想通貨(ビットコイン)を無料で手に入れる 仮想通貨を無料で手に入れる方法はたく…
  8. 8月株主優待おすすめ
    2017年8月おすすめ株主優待5選 ふるさと納税、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)、NIS…
ページ上部へ戻る