• IPO
  • IPOとは新規上場株式のこと
  • HOME
  • ブログ
  • IPO
  • 新規東証マザーズ上場情報(IPO)【トランザス】(6696)
いちよし証券主幹事IPO

新規東証マザーズ上場情報(IPO)【トランザス】(6696)

トランザス新規上場(IPO)決定


IPOの新情報(上場承認)が出ました。「トランザス」です。

主幹事はいちよし証券で東証マザーズ上場です。

【事業内容】 iot端末や機器装置の製造販売及びシステム・サービスの提供並びに業務システム等の受託開発
【上場市場】 東証マザーズ
【主幹事】 いちよし証券
【幹事】 SBI証券、マネックス証券、みずほ証券、水戸証券、エース証券、極東証券
【申込み期間(BB)】 7月24日~7月28日
【上場日】 8月9日
【公募株式数】 公募380,000株 売り出し:360,0000株
【OA】 100,000株
【想定価格】1,300円
【吸収金額】10.9億円
【時価総額】38.8億円
【IPO資金用途】運転資金としてソフトウェアの開発のための開発委託費及び人件費、販売用ウェアラブルデバイスの購入のための資金、レンタル用ウェアラブルデバイスの購入のための資金に充当する予定

7月24日BBが開始されます。

トランザスのビジネスモデル、財務状況について


ざっと財務情報を見て見ましたが

特に不自然な所はないかんじですね。

売上、利益ともかなり急にのびているのは気になるところではあります。

ビジネスモデルや詳しい財務分析はまた今度して分析してみたいと思います。

 

トランザスの株価について


人気となりやすいIot企業で東証マザーズですから期待できそうです。
ただし、ロックアップがかかっていない株主も多いこと、ロックアップの解除条件が株価1.5倍となっている株主も多いことからちょっと注意が必要かもしれません。

トランザスの当選のための攻略法


IPOを当選したいなら主幹事から申し込むのは定石ですね。

今回の場合には、主幹事のいちよし証券で申し込むのは必須でしょう。

わたしもいちよし証券は電話注文が面倒で口座をつくっていませんが間に合うようなら開設しようかな・・・

また、今回は中堅どころが名を連ねています。

そのあたりが穴場かもしれませんね。

IPOはたくさんの証券会社から申し込めば申し込むほど当選確率が当然にあがります。

そのためできるだけたくさんの証券会社から申し込むことで少しでも確率を上げることができます。

また、今回だとマネックス証券、水戸証券、エース証券の中堅証券会社の口座をもっている方は穴場かもしれませんよ。

また、SBI証券はIPOポイント獲得のため毎回参加は鉄則ですね。

読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。