新規上場(IPO)情報【三菱地所物流リート投資法人】

新規上場(IPO)情報【三菱地所物流リート投資法人】

三菱地所物流リート投資法人上場決定


IPOの新情報(上場承認)が出ました。「三菱地所物流リート投資法人」です。

三菱地所が設立母体となって物流施設を主な投資対象とするリートです。

EDINETの資料によると上場当初は8物件、取得価格は合計708億円とのこと。

主幹事はSMBC日興証券で東証リート上場です。

【事業内容】 物流系(ロジスティクス系)のリートです。
【上場市場】 東証リート
【主幹事】 SMBC日興証券
【幹事】 野村證券、大和証券、みずほ証券、三菱UFJスタンレー証券 
【申込み期間(BB)】 8月31日~9月5日
【上場日】 9月14日
【公募株式数】 公募198,000株 売り出し:0株
【OA】 8,000株
【想定価格】250,000円
【吸収金額】515億円
【時価総額】515億円
【IPO資金用途】該当物件購入資金

8月31日BBが開始されます。

三菱地所物流リート投資法人のビジネスモデル、財務状況について


物流系に特化したリートのようです。

日本のリート系はあまり今後の見通しはよくなさそうです。

しかし、ヤマトがパンク寸前なように物流系は時流にのっていておもしろそうですね。

特に現在インターネット通販がすごい勢いで伸びています。

そのため物流施設の需要もかなり伸びている模様。

これだけ外部環境がいいリートの上場は久々な気もします。

また、詳しい財務分析をしてみたいと思います。

個人的には財務状況さえよければ買いですね。

ちなみに長期発行体格付(JSR)ではAAーの各付けを取得しています。

三菱地所物流リート投資法人の価格について


あまり、リートなどは初値がよろしくない事が多いです。

しかし、これはちょっとおもしろいですね。

また、リートは初値がイマイチでもその後あがっているケースも多くあります。

短期的ではなくて長期的な目で見ると面白いのではないでしょうか?

三菱地所物流リート投資法人の当選のための攻略法


IPOを当選したいなら主幹事から申し込むのは定石ですね。

今回の場合には、主幹事のSMBC日興証券で申し込むのは必須でしょう。

また、今回は大手証券会社ばかり名を連ねています。

たくさんの証券会社から応募することで当選確率もそれだけあがります。

たくさんの証券会社から応募するのをおすすめします。

また、IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 年金受給額
    個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)にいくら掛けるか問題 個人型確定拠出年金(iD…
  2. 8資産バランスを再現
    iFree8資産バランスをiDeCo(イデコ)で買えるのはSBI証券だけ SBI証券「…
  3. ふるさと納税返礼品お得なの
    ふるさと納税の返礼品グレードダウンする市町村が続出 このサイトでも何度かお伝えしたとおり、ふるさと…
  4. ふるさと納税疑問
    総務省の通知以降ふるさと納税の返礼品をグレードダウンする市町村続出 このサイトでも何度…
  5. 個人年金保険とイデコ比較
    個人年金保険という方法もある 将来の老後に備える制度としてこのページでも何度も紹介している「個人型…
  6. 分散投資は相関関係を意識する
    ポートフォリオ理論による分散投資 長期投資をされる方は分散投資をしてリスクを減らすこと…
  7. 100円投資信託
    100円投資信託の使い方 SBI証券、楽天証券、松井証券、岡三オンライン証券、マネック…
  8. 株価晴れる
    確定拠出年金(iDeCo)とは、毎月決まった金額を積み立てることで老後の生活に備えるための公的な制度…
ページ上部へ戻る