キャッシュレス決済のポイント還元に備える

10月から政府主導で始まるキャッシュレス決済のポイント還元に備えよう。還元率順に並べてみた

10月からの消費税増税による消費の落ち込みを防ぐことや、東京オリンピックに向けてキャッシュレス決済比率を増やすために政府主導で「キャッシュレス・消費者還元事業」なる制度が実施されます。

「キャッシュレス・消費者還元事業」とは簡単に言えば登録された中小企業でクレジットカード・電子マネー・QR決済といったキャッシュレス決済で支払いすると消費者に最大5%国が還元をする制度です。

キャッシュレス・消費者還元事業について詳しくはこちらの記事を御覧ください。

関連記事

お金に生きるでも何度かキャッスレス決済の記事を書いていますが、ようやくキャッシュレス決済を使うと国から5%が還元される「キャッシュレス消費者還元事業の概要」がでました。今回はキャッシュレス消費者還元事業の概要について分かりやすく解説[…]

キャッシュレス決済還元事業とは

この政府主導の動きに応じるように10月以降も各社が大きなキャンペーンを実施して自社のシェアを広げようと頑張っていますね。

ただし、キャッシュレス決済の種類によっては導入に時間が掛かるものもありますので、10月からこの恩恵を受けるためにはそろそろ準備が必要となってきます。

そこで今回は10月からのキャッシュレス決済は結局どこを使うのが得なのかを考えてみましょう。

10月以降お得なキャッシュレス決済:還元率順

今回の「キャッシュレス・消費者還元事業」では対象の中小・小規模事業者でのキャッシュレス決済に対して下記のポイント還元が受けられます。

一般の中小・小規模事業者:消費者還元5%
フランチャイズ等:消費者還元2%

そこに上乗せする形で各社がキャンペーンを実施します。

そのキャンペーンの内容からどこを使うのが得なのかを考えてみましょう。

還元率の高い順に見ていきましょう。


三井住友カード:新規入会の方にお得なWキャンペーン

まずは新規入会の方限定ですが、三井住友カードのキャンペーンです。

以下の条件をすべて満たした本会員の方が還元の対象となります。

キャンペーン期間中に、新規にクレジットカードにご入会
カードご入会月の2ヵ月後末までに、Vpassアプリへログイン
カードご入会月の2ヵ月後末までに、クレジットカードまたはiDでお買物利用

キャンペーン期間

2019年9月2日〜2019年12月27日のカード申し込み分

キャンペーンは上記の期間となります。

「キャッシュレス・消費者還元事業」は2019年10月1日〜2020年6月30日ですからこちらも半分くらいは重複していますね。

キャシュバック金額

ご利用合計金額の20%(最大12,000円)

上記の還元率は三井住友カードからの還元です。

政府からの5%を含めれば25%の還元となります。さらに後述の抽選でお買い物が全額タダになりますので期待還元率はもう少し高いことになりますね。

カード1枚あたりのキャッシュバック上限額は12,000円です。

つまり60,000円の利用でキャッシュバック上限に達するということになります。

こちらも1枚のカードのキャッシュバックの上限は12,000円までとなります。(VISAとマスターなど)

つまり、複数のカードを使い分ければキャッシュバックの上限を増やすことも可能ですね。

なお、こちらのキャンペーンは家族会員は合算して計算されます。

抽選で10万本のお買い物が全額タダに

また、抽選で10万本のお買い物が全額タダ(上限10万円)になるキャンペーンも同時に行われています。

条件は以下の両方に該当した場合です。

Vpassアプリにログインされた方
対象カードでお買物利用された方

期間は以下のとおりです。

2019年9月2日〜2019年12月29日
抽選ですが10万本とかなり大きい当選人数ですから期待したいところですね。

三井住友カードのキャンペーンについて詳しくはこちらの記事を御覧ください。

JCBカード:スマホ決済で全員に20%キャッシュバック

次はクレジットカードのJCBカードです。

JCBカードで下記の条件を満たした支払いに対して最大20%の還元が実施されます。

(1)Apple Pay、または Google Pay(TM) をスマートフォンに設定
(2)キャンペーン参加登録
(3)Apple Payまたは Google Pay を使う

キャンペーン期間

2019年8月16日(金)〜2019年12月15日(日)

キャンペーンは上記の期間となります。

「キャッシュレス・消費者還元事業」は2019年10月1日〜2020年6月30日ですから半分くらいは重複していますね。

キャシュバック金額

ご利用合計金額の20%(最大10,000円)

上記の還元率はJCBからの還元です。

政府からの5%を含めれば25%の還元となります。

かなり大きいですね。

カード1枚あたりのキャッシュバック上限額は10,000円です。

つまり50,000円の利用でキャッシュバック上限に達するということになります。

1枚のカードを複数デバイスに設定された場合でもキャッシュバックの上限は10,000円までとなります。

つまり、複数のカードを使い分ければキャッシュバックの上限を増やすことも可能ですね。

また、家族カードも別カウントとなります。

JCBカードのキャンペーンについて詳しくはこちらの記事を御覧ください。

関連記事

10月から実施される政府主導のキャッシュレス消費者還元事業を前に各社の覇権を巡っての争いが激しさを増しています。ソフトバンクやヤフーのPayPay、LINEのLINEPay、ドコモのd払い、メルカリのメルペイなど各社が当たり前のよう[…]

JCB20%還元キャンペーン

d払い:20%還元キャンペーン

次はd払いのキャンペーンです。

こちらは上記でもご紹介した三井住友VISAカードのキャンペーンとも併用が可能なっています。

その場合には40%以上の還元となります。

恐ろしいですね(笑)

キャンペーンの対象条件は以下となります。

エントリー期間中にキャンペーンにエントリー
d払い(街・ネットのお店)でお買い物

キャンペーン期間

エントリー期間:2019年9月9日(月)10:00~2019年10月14日(月・祝)23:59
キャンペーン期間:2019年9月14日(土)0:00~2019年10月14日(月・祝)23:59

キャンペーンは上記の期間となります。

「キャッシュレス・消費者還元事業」は2019年10月1日〜2020年6月30日ですから半月しか被っていませんが、d払いは今までも定期的にキャンペーンを更新していますのでそれ以降のキャンペーンも後日発表される可能性があります。

キャシュバック金額

1回決済あたり1,000ポイント(20%還元)
キャンペーン期間中合計3,000ポイント

上記2つのキャンペーンと比較して上限は低いですが、支払いを三井住友カードに設定しておけばそちらのキャンペーンと併用が可能です。

うまくやればd払い20%、三井住友カード20%、キャッシュレス・消費者還元事業5%合計で最大45%もの還元を受けられます。

※他社のクレジットカードは対象外となりますので使えるのは2019年11月10日までとなります。

d払い
<対象外となるお買い物>
d払いのお支払い方法がdカード以外のクレジットカードでのお支払いの場合、還元対象外となります。
出所:dポイント スーパー還元プログラム「2019年11月10日より内容が変更となります。」より

PayPay:まちかどペイペイ

PayPayは還元率は比較してさほど高くありませんが、様々なキャンペーンを計画されています。

まずはまちかどペイペイです。

キャンペーンの対象条件は以下となります。

まちかどペイペイ対象店舗での買い物

キャンペーン期間

2019年10月1日0:00~2019年11月30日23:59

キャンペーンは上記の期間となります。

このキャンペーン「まちかどペイペイ第一弾」という名前ですからこれ以降も別のルールでキャンペーンが継続されると思われます。

キャシュバック金額

消費者還元事業5%+まちかどペイペイ5%=合計10%還元
上限:消費者還元補助:25,000円相当/回・月 まちかどペイペイ:1,000円相当/回・25,000円相当/月

キャッシュレス・消費者還元事業5%と合計で最大10%もの還元の還元が受けられます。

他と比較するとそこまで高くありませんが、PayPayは導入店舗も多く利用しやすいのが嬉しいですね。

PayPay:PayPay感謝デー

次は1日限定ですがPayPay感謝デーなるキャンペーンが実施されます。

キャンペーン期間

2019年10月5日(土)0:00~23:59

こちらは一日限定のキャンペーンです。

キャシュバック金額

消費者還元事業5%+ペイペイ感謝デー15%=合計20%還元
上限:消費者還元補助:25,000円相当/回・月 ペイペイ感謝デー:1,000円相当/回・25,000円相当/月

キャッシュレス・消費者還元事業5%合計で最大20%もの還元が受けられます。

ただし、こちらのキャンペーンはPayPay残高とヤフーカードのみが対象です。

その他のクレジットカードをPayPayに紐づけて支払った場合には対象外のキャンペーンとなりますのでご注意ください。

PayPay:ヒートテック1枚買うともう一枚無料

次はユニクロのヒートテックという一商品限定ですが面白いキャンペーンです。

キャンペーン期間

2019年10月4日〜2019年10月22日

キャシュバック金額

990円(税抜)のヒートテックインナー2枚(KIDSは790円(税抜)のヒートテックインナー2枚)をレジに持参して専用クーポンを使うと、1枚分が無料になります

ヒートテックを買うともう一枚もらえるというキャンペーンです。一人一枚限定ですが実質50%還元ってことです。

次はユニクロのヒートテックという一商品限定ですが面白いキャンペーンです。

PayPay:毎週100円相当戻ってくるキャンペーン

次もCoke ONの自動販売機限定とターゲットは限定されたキャンペーンです。

キャンペーン期間

2019年10月7日〜2019年11月3日

キャシュバック金額

Coke ONアプリのPayPay残高払で100円以上のコカ・コーラ社製品を買うと毎週100円相当戻ってくる

100円以上のジュースを買うともう100円もらえるというキャンペーンです。1週間に付き1回限りですが100円のジュースを購入する場合には実質50%還元ってことですね。

PayPay:勝手にお得っ区キャンペーン

次もかなり限定されたキャンペーンです。

虎ノ門、西新橋の対象店舗のみが対象のキャンペーンです。

キャンペーン期間

2019年8月28日〜2019年10月31日
おそらくこのキャンペーンは定期的に場所を変更して継続する可能性が高そうですね。

キャシュバック金額

消費者還元事業5%+勝手にお得っ区キャンペーン15%=合計20%還元
上限:消費者還元補助:25,000円相当/回・月 勝手にお得っ区キャンペーン:1,000円相当/回・10,000円相当/月

キャッシュレス・消費者還元事業5%合計で最大20%もの還元の還元が受けられます。

ただし、こちらのキャンペーンはPayPay残高とヤフーカードのみが対象です。

その他のクレジットカードをPayPayに紐づけて支払った場合には対象外のキャンペーンとなりますのでご注意ください。

あくまでも私の予想ですが、PayPayについては利用者がすでに1000万人を突破するなどキャッシュレス還元事業の本命と考えています。

特に大きいと思うのが決済手数料が当面無料であるために個人店でも導入しやすい点ですね。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

関連記事

2019年10月から政府主導のキャッシュレス・消費者還元事業がスタートします。簡単に言えば登録された中小企業でクレジットカード・電子マネー・QR決済といったキャッシュレス決済で支払いすると最大5%国が還元をする制度です。キャ[…]

PayPayはキャッシュレス決済の大本命

楽天ペイ:楽天ペイアプリでのお支払いで最大5%還元

ちょっと毛色が違うのが楽天ペイです。

今回の消費者還元事業は対象となる店舗が中小事業者と制限されています。

しかし、楽天ペイではそれ以外でも5%の還元とするのです。

キャンペーン期間

2019年10月1日〜2019年12月2日
こちらのキャンペーンは第1弾とうたっていますので、それ以降に第二弾が開催されると思われます。
楽天のキャンペーンはエントリーが必要ですから忘れずにしておきたいところ。

キャシュバック金額

5%の還元
上限:3,000ポイント/期間(消費者還元事業 25,000円/回)

キャッシュレス・消費者還元事業5%合計で最大5%還元が受けられます。

楽天Payはキャッシュレス・消費者還元事業に関係ない大手企業での利用でも対象となるのがポイントですね。

更に楽天カードを決済をすれば1%還元が増えます。つまり、6%還元となります。

Suica:JRE POINTで還元

次はSuicaです。

使い勝手の良さや普及率からPayPayと並んで私が本命視しているキャッシュレス決済です。

Suicaも今回のキャッシュレス・消費者還元事業を契機にポイントが貯まるようになるのです。

キャンペーン期間

2019年10月1日〜2020年6月30日
キャッシュレス・消費者還元事業の期間丸々対象となっていますね。

キャシュバック金額

キャッシュレス消費者還元事業スイカ
キャッシュレス消費者還元事業Suica

出典:JRE POINT WEBページ

キャッシュレス・消費者還元事業5%合計で最大8%もの還元の還元が受けられます。

ただし、この還元を受けるためには事前登録が必要ですのでご注意。

詳しくはこちらを御覧ください。

関連記事

2019年10月から政府主導のキャッシュレス・消費者還元事業がスタートします。簡単に言えば登録された中小企業でクレジットカード・電子マネー・QR決済といったキャッシュレス決済で支払いすると最大5%国が還元をする制度です。キャ[…]

Suica(スイカ)のキャッシュレス決済

10月以降のキャッシュレス決済はどこがお得なのかまとめ

今回は「10月から政府主導で始まるキャッシュレス決済のポイント還元に備えよう。還元率順に並べてみた」と題して10月以降のキャッスレス決済の還元について見てきました。

まだこれからキャンペーンを発表する事業者もあると思われますので目が離せませんね。

特に三井住友カード+d払いが最強(2019年11月10日までですね。JCBカードも美味しいです。

また、PayPayの各種キャンペーンも強力です。

使い分けてうまく享受したいところですね。

なお、新規登録のキャンペーンはこちらの記事を御覧ください。

関連記事

とうとう消費税が増税されます。消費税増税による消費の落ち込みを防ぐことや、東京オリンピックに向けてキャッシュレス決済比率を増やすために政府主導で「キャッシュレス・消費者還元事業」なる制度が実施されます。「キャッシュレス・消費者還元事[…]

キャッシュレス決済新規登録キャンペーン

また、キャッシュレス還元事業の注意点はこちらの記事を御覧ください。

関連記事

消費税増税や軽減税率と合わせて「キャッシュレス・消費者還元事業(キャッシュレス・ポイント還元事業)」なる新たなる制度がスタートしました。「キャッシュレス・消費者還元事業」を簡単に言えば登録された中小企業でクレジットカード・電子マネー[…]

キャッシュレス・ポイント還元事業の落とし穴

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

キャッシュレス決済のポイント還元に備える
最新情報をチェックしよう!