新規上場(IPO)情報エスユーエス(6554)

新規上場情報

エースユーエスが9月13日に上場決定


IPOの新情報(上場承認)が出ました。「エースユーエス」です。

事業内容としてはIT分野・機械分野・電気/電子分野・化学/バイオ分野における技術者派遣・請負業務、ERP分野におけるコンサルティング・システム開発・導入支援等となっています。俗に言うシステムインテグラーの会社ですね。

主幹事は野村証券で東証マザーズ上場です。

【事業内容】 IT分野・機械分野・電気/電子分野・化学/バイオ分野における技術者派遣・請負業務、ERP分野におけるコンサルティング・システム開発・導入支援等
【上場市場】 東証マザーズ
【主幹事】 野村証券
【幹事】 SBI証券、マネックス証券、岩井コスモ証券、いちよし証券 、エース証券、極東証券、西村証券
【申込み期間(BB)】 8月28日~9月1日
【上場日】 9月13日
【公募株式数】 公募323,000株 売り出し:31,000株
【OA】 53,100株
【想定価格】2,220円
【吸収金額】9.37億円
【時価総額】46.4億円
【IPO資金用途】運転資金として、事業拡大に資する人材を採用するための広告宣伝費及び技術社員教育のための教育研修費。設備資金として事業規模の拡大のための新規拠点の新設。本社及び支店で使用するシステムの開発費。借入金の返済
8月28日BBが開始されます。

エースユーエスのビジネスモデル、財務状況について


目新しさはないSIの会社です。ここ直近で急に業績が伸びていますが、会社自体は結構古く1999年開業です。
AIを売りにしていますがこれがどれほどもものかということでしょうね。
技術者派遣企業の課題は技術が人に紐づいてしまい会社に蓄積されていないことなどもあります。
この辺りをどうとるかでしょうか。
しっかり財務分析が必要な気もしています。
また後日分析してみたいと思います。

エースユーエスの価格について


比較的小型、東証マザーズ、IT系、AIと上がる要素は多い会社です。
初値はそれなりに行きそうな感じはあります。

エースユーエスの当選のための攻略法


IPOを当選したいなら主幹事から申し込むのは定石ですね。

今回の場合には、主幹事の野村証券で申し込むのは必須でしょう。

また、今回はネット証券会社など中堅どころが多く幹事となっています。

たくさんの証券会社から応募することで当選確率もそれだけあがります。

たくさんの証券会社から応募するのをおすすめします。今回だと岩井コスモ証券「ネット取引」あたりは穴場でいいかもしれませんね。

また、IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. マネックス証券イデコ
    イデコはマネックス証券で決まり? 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)がすごい勢いで加入者を伸…
  2. アセットアロケーション
    アセットアロケーションをどうするかで投資結果の9割が決まると現代ポートフォリオ理論では言われています…
  3. つみたてNISAはじまる
    つみたてNISAの概要が各社出揃う 来年2018年からはじまるつみたてNISAの概要が…
  4. トンチン年金
    長生きに備える保険「トンチン年金」 あまり聞き慣れないかもしれませんが「トンチン年金」(トンチン保…
  5. つみたてNISAおすすめ
    つみたてNISA商品が判明。たくさんありすぎて・・・ つみたてNISAの取扱商品が各社…
  6. ideco管理手数料比較
    iDeCo(個人型確定拠出年金)運営管理機関手数料が無料になる金融機関 先日、SBI証…
  7. 自営業者フリーランスの老後対策
    自営業者・フリーランスは自分で老後対策が必要 自営業者(個人事業主)やフリーランスは自…
  8. イデコ激しい戦い
    イオン銀行の参入で三つ巴に 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ金融機関…
ページ上部へ戻る