新規株式上場(IPO)情報【PKSHA Technology】(3993)

PKSHA Technology

PKSHA Technologyが9月22日に上場決定


IPOの新情報(上場承認)が出ました。「PKSHA Technology」です。

事業内容としてはパークシャ(PKSHA)テクノロジーは 貴社と顧客との関係を新しくするアルゴリズムソリューションを展開しています。 特に、自然言語処理、機械学習/深層学習技術を用いたアルゴリズムソリューションを 各種ハードウエア端末(スマートフォン、医療機器、各種IoT機器)向けに開発・ご提供しております。 アルゴリズムを軸にしたデジタル技術で貴社ビジネスのインテリジェント化に貢献すべく、事業展開して参りますとなっています。となっています。
どうやらいま流行りのAIですね〜

主幹事はSMBC日興証券で東証マザーズ上場です。

【事業内容】 機械学習技術等を利用したアルゴリズムの開発及びライセンス提供
【上場市場】 東証マザーズ
【主幹事】 SMBC日興証券
【幹事】 SBI証券、マネックス証券、大和証券、みずほ証券。三菱UFJモルガン・スタンレー証券、岡三証券、岩井コスモ証券、いちよし証券、極東証券
【申込み期間(BB)】 9月6日~9月12日
【上場日】 9月22日
【公募株式数】 公募2,570,400株 売り出し:0株
【OA】 288,500株
【想定価格】1,690円
【吸収金額】49.9億円
【時価総額】224億円
【IPO資金用途】アルゴリズムモジュール及びアルゴリズムソフトウエアの技術開発、アルゴリズムの精度向上、機能拡充等を目的とした研究開発投資及びソフトウエアの開発投資に係る資金として 2.今後の事業規模拡大のための優秀な人材の確保等を目的とした採用教育費並びにエンジニア及び外部エンジニアの人件費等として 3.顧客企業数等の増加に伴う通信トラフィック増加やアルゴリズムモジュール及びアルゴリズムソフトウエアの技術開発、アルゴリズムの精度向上、機能拡充に対応するため、外部サーバ費用及び内部サーバ費用等として 4.当社サービスの知名度及び認知度向上のための広告宣伝費として
9月6日BBが開始されます。

PKSHA Technologyのビジネスモデル、財務状況について


そもそも会社名が不思議なかんじですね。パークシャと読むようです。

ウォーレンバフェットの会社バークシャーともまた違いますしね・・・

WEBページを見る限りAIを中心とした企業ということはわかるのですが正直わかりにくかったです。

また、製品ページがNOTFOUNDだったりとかしてちょっと心配になってしまう点もありました。

ただアジア太平洋地域テクノロジー FAST500で18位を受賞したようですので技術は高そうな感じですね。

また、ドコモと組むなど評価もされてはいるようです。

技術はあるけどそれ以外がこれから・・・って会社なのかもしれません。

ここはしっかりビジネスモデルを分析してみる必要がありそうです。

また後日分析してみたいと思います。

PKSHA Technologyの価格について


東証マザーズ、AI系、と上がる要素は多い会社です。

初値はそれなりに行きそうな感じはあります。

それなりに大型なのがどうでるかでしょうか?

その分当選確率も高そうですね。

PKSHA Technologyの当選のための攻略法


IPOを当選したいなら主幹事から申し込むのは定石ですね。

今回の場合には、主幹事のSMBC日興証券で申し込むのは必須でしょう。

また、今回は幹事も大手から中堅までたくさんあります。

たくさんから申し込むことで当選確率は当然あがります。

特に今回はマネックス証券、岩井コスモ証券あたりが穴場かな?って思います。

ちなみにいちよし証券はまだ口座開設できていません。

結構かかりますね〜

また、IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 大暴落
    先日大暴騰していると書いた仮想通貨ビットコインが今度は大暴落です。 最近仮想通貨の事ばかり書い…
  2. 海外ETF
    海外ETFとは 海外ETFとは海外の証券取引所に上場している投資信託のことです。普通の…
  3. 8資産バランスを再現
    iFree8資産バランスをiDeCo(イデコ)で買えるのはSBI証券だけ SBI証券「…
  4. ゆうちょ銀行イデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に力をいれはじめたゆうちょ銀行 最近、新たな運用商品を追加…
  5. 大和証券イデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にも力をいれている大和証券 大和証券は証券大手であり、個人…
  6. アセットアロケーション
    アセットアロケーションをどうするかで投資結果の9割が決まると現代ポートフォリオ理論では言われています…
  7. 地雷投資信託を避ける
    地雷が紛れる個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運用商品(投資信託) 今までシリ…
  8. iDeCoおすすめ金融機関
    iDeCo(個人型確定拠出年金)はどこがいいのかを選べない。 iDeCo(個人型確定拠…
ページ上部へ戻る