新規上場株式(IPO)情報【就労移行支援ウェルビー】

就労支援ウェルビーIPO

ウェルビーが10月5日に上場決定

IPOの新情報(上場承認)が出ました。
ウェルビーです。

事業内容として就労移行支援、児童発達支援、放課後等デイサービス等の障害福祉サービス事業となっています。

10月5日はMS&Consulting大阪油化工業と合わせて3つ同時の上場になりますね。

このあたりがどう影響するのかも考えて置く必要があるでしょう。

主幹事はみずほ証券で東証マザーズ上場です。

【事業内容】 就労移行支援、児童発達支援、放課後等デイサービス等の障害福祉サービス事業
【上場市場】 東証マザーズ
【主幹事】 みずほ証券
【幹事】 SBI証券、マネックス証券、大和証券、SMBCフレンド証券、岩井コスモ証券、エース証券
【申込み期間(BB)】 9月19日~9月25日
【上場日】 10月5日
【公募株式数】 公募250,000株 売り出し:1,660,000株
【OA】 286,500株
【想定価格】2,580円
【吸収金額56.6億円
【時価総額】228億円
【IPO資金用途】362,320千円を事業所開設資金に、89,680千円をシステム投資資金に、残額を広告宣伝費に充当する予定
9月19日BBが開始されます。


ウェルビーのビジネスモデル、財務状況について

ウェルビー全国各地に就労移行支援施設を持っています。

就労移行施設とは障害がある方の就労をサポートする障害福祉サービスです。

職業訓練、職場探し、職場への定着支援などなどをおこなっています。

ウェルビーの財務状況について

財務状況から見ると売上げはすごい勢いで増えていますね。

ウェルビーのようなタイプは店舗?を増やせばそれだけ売上げが増える仕組みといえますからどんどん出店をしているといえるでしょう。

ただし、あまり急な出店ペースだと人材が追いつかないケースが多いためそのあたりがちょっと心配ですね。

サンマルクの社長は30%以上の成長は人材が追いつかないからダメだといっておりました。

利益も直近はすごい伸びています。

このあたりは中身を精査して見る必要があるでしょうね。

そのため自己資本利益率88.5%とすごいことになってますね。

ウェルビーの価格について

利益が急に伸びていることがあるので株価の評価はむずかしいですがそれなりだとお思います。

問題は売上げ、利益とも急に伸びているためそれが今後も続くのかどうかです。

そのあたりの評価次第で印象が変わりそうですね。

またVC等はいませんがロックアップも90or1.5倍となっております。

ほぼ個人の方の持ち分ぽいのでそのあたりがどううごくかでしょうね。

ウェルビーの当選のための攻略法

IPOを当選したいなら主幹事から申し込むのは定石ですね。

今回の場合には、主幹事のみずほ証券で申し込むのは必須でしょう。

また、今回は幹事が多くいます。

たくさんから申し込めばそれだけ当選確率が上がりますのでおすすめします。

特に今回は岩井コスモ証券あたりが穴場かな?って思います。

また、IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. イデコの運用管理機関を乗り換え
    運用管理機関によって手数料も運用商品もぜんぜん違う 個人型確定拠出年金(iDeCO/イ…
  2. 為替ヘッジの有無による影響
    円高が進行することでのイデコへの影響は? ここ数日急激に為替が円高に振れてますね〜 …
  3. 信託報酬は実質コストをみよう
    信託報酬はほんとうのコストではない?? 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)やつみ…
  4. ideco積立
    確定拠出年金は8割の人が定期預金を選択している 1月に公務員やサラリーマンでも加入でき…
  5. つみたてNISA商品発表
    つみたてNISA対象商品が発表 先日つみたてNISA対象商品が発表されました。 かなり厳しい…
  6. 積立NISA
    来年2018年から積立NISAなる制度がはじまります。 現状のNISAは2014年からはじまっ…
  7. 積立NISA
    来年から始まる積立NISAとiDeCoどちらを優先? 前回、個人型確定拠出年金(iDe…
  8. 選択型確定拠出年金は気をつけよう
    選択制確定拠出年金制度 今回は読者様よりご質問いただいた内容を考えて見たいと思います。 企業…
ページ上部へ戻る