【三菱地所物流リート投資法人】新規上場リート(IPO)の初値予想

三菱地所物流リート投資法人はよさげ

三菱地所物流リート投資法人が9月14日に上場


9月14日に東証リートに上場する三菱地所物流リート投資法人の初値予想をしたいと思います。
こちらはあくまでも私の予想ですので投資は自己責任でお願い致します。

三菱地所物流リート投資法人想定価格、仮条件及び公開価格


想定価格 250,000円 (同業種の株価など種々の条件を勘案して主幹事等が決める仮の価格)

仮条件 250,000円〜260,000円 (投資家に提示する値幅)

公開価格 260,000円(仮条件の中から実際に決まった金額)

想定価格と仮条件の関係

想定価格より少し上ブレした価格となっています。

強気な姿勢なのがわかります。

仮条件と公開価格の関係

仮条件の上限の公開価格となりました。

投資家の引き合いが強かったといえます

三菱地所物流リート投資法人の吸収価格及び時価総額


吸収価格515億円

時価総額は515億円

とそれなりの大きな規模のリートになります。



三菱地所物流リート投資法人経営指標


 

三菱地所物流リート投資法人は株式ではなくリートなのでちょっと聞き慣れない用語になりますが経営指標をみてみたいと思います。

まず分配利回り4.04%

NAV倍率0.98倍

NAV倍率とは不動産を時価評価した純資産価値に対する投資口価格の割安度を表す指標となっています。

株式で言うところのPBRみたいなものです。

セイムボート出資率(三菱地所グループの出資比率)が3.9%

となっています。

利回り、NAV倍率を考えると割安な水準ですね。

また、日銀のREIT買入れ対象となっています。

そのほかの要件


そのほかの要件として

  • 北朝鮮問題
  • トランプ問題
  • 加計問題

があります。

まあ、このあたりはいつ上場してもタイミング次第では関係ありますので運的なところも大きいですね。

また、今回上場がしばらくないため初値はそれなりでもマネーゲームになる可能性は秘めていますね。

初値予想


想定価格、仮条件、公開価格の関係から強い購入意思を感じること。

規模がそれなり大きいこと

利回りやNAV倍率を考えると少し割安な水準であること

これらを勘案して

初値265,000円

と予想します。

三菱地所物流リート投資法人の場合は、短期的な投資というよりも長期的な投資と考えれば初値で売らなくても・・・って思います。

また、リートは比較的初値があまり高くつかない傾向にありますしね。

長期でもってこそです。

あくまで私の予想です。信じるか信じないかはアナタ次第です。

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 仮想通貨は怪しいのか
    ビットコインを代表とする様々な仮想通貨が出ております。日本のメガバンクの1つである三菱東京UFJ銀行…
  2. ふるさと納税女子
    28年度ふるさと納税ランキング 28年度のふるさと納税ランキングが発表されました。 …
  3. イデコの確定申告方法
    忘れずやっておこう。個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の確定申告 前回の年末調整編に続いて今…
  4. マッチング拠出する女
    企業型確定拠出年金のもう一つのパターン【マッチング拠出】 昨日のブログでご紹介した選択…
  5. 腕組みの法則
    投資の世界ではいろいろな格言や法則があります。ひふみ投信の藤野さんが提唱している「スリッパの法則」な…
  6. 選択型確定拠出年金は気をつけよう
    選択制確定拠出年金制度 今回は読者様よりご質問いただいた内容を考えて見たいと思います。 企業…
  7. 下落相場のイデコ
    下げ相場が来た時、長期投資の資産はどうすればよいか しばらくダウがずっと高値を更新して…
  8. 保険の加入は期待値で考える
    生命保険・医療保険などの保険加入のポイント 生命保険や医療保険、自動車保険などに加入されている方も…
ページ上部へ戻る