• IPO
  • IPOとは新規上場株式のこと
ロードスターキャピタル初値予想

【ロードスターキャピタル】新規上場株式(IPO)初値予想

ロードスターキャピタルが9月28日に上場


9月28日に東証マザーズに上場するロードスターキャピタルの初値予想をしたいと思います。

ロードスターキャピタルは中規模オフィスビル等への不動産自己投資、不動産賃貸、不動産特化型クラウドファンディングサービス等を行っている会社です。

予想はあくまでも私の独断での予想ですので投資は自己責任でお願い致します。

ロードスターキャピタル想定価格、仮条件及び公開価格

想定価格 1,820円 (同業種の株価など種々の条件を勘案して主幹事等が決める仮の価格)

仮条件 1,640円〜1,820円 (投資家に提示する値幅)

公開価格 1,820円円(仮条件の中から実際に決まった金額)

想定価格と仮条件の関係

想定価格よりやや下振れした価格になっています。

ちょっと弱気な姿勢を感じますね。

仮条件と公開価格の関係

仮条件の上限の公開価格となりました。

投資家の引き合いが強かったといえます

ロードスターキャピタルの吸収価格及び時価総額

吸収価格23.2億円

時価総額は90.7億円

と中規模な銘柄となります。



ロードスターキャピタル経営指標

経営指標は下記で分析しております。

売上げは大きく伸びていて、収益性も落ちているものの悪い水準ではありません。

安全性もそれなりに高いです。

また、PERなどはそれなりに割安です。

今後の成長をどうみるのかで判断が分かれそうな銘柄ですね。

既存株主状況

既存株主で筆頭株主は中国のIT投資会社です。

今回売出した後もかなりの株を保有するので売り出しを継続する可能性がそれなりに高そう。

ロックアップは1.5倍で解除されますので1.5倍が1つの目安となりそうですね。

そのほかの要件

そのほかの要件として

  • 北朝鮮問題
  • トランプ問題
  • 加計問題

があります。

まあ、このあたりはいつ上場してもタイミング次第では関係ありますので運的なところも大きいですね。

ロードスターキャピタルの初値予想

想定価格、仮条件、公開価格の関係から少々弱気な一面が見えること

時価総額、吸収価格が中規模であること、

あがりやすい東証マザーズ。

業種的にも注目されやすそうなセクターであること

業績の伸びはそれなりであること。

これらを勘案して

初値2,700円

と予想します。

ちょうど1.5倍です(笑)

1.5倍はかなり意識されそうな気もしています。

これはあくまで私の予想です。信じるか信じないかはアナタ次第です。

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。