【西本Wismettacホールディングス】新規上場株式初値予想

ウォーキングデット

西本Wismettacホールディングスが9月29日に上場


9月29日に東証に上場する西本Wismettacホールディングス(の初値予想をしたいと思います。

9月29日は他にもマネーフォワードやテックポイントインクが上場します。

また、日本郵政の関連もあり資金が分散する可能性もあります。

西本Wismettacホールディングスは海外における日本食、アジア食品・食材の輸入及び卸売、日本における青果物全般等の輸入卸売販売を行う会社です。

予想はあくまでも私の独断での予想ですので投資は自己責任でお願い致します。

西本Wismettacホールディングス想定価格、仮条件及び公開価格

想定価格 5,250円 (同業種の株価など種々の条件を勘案して主幹事等が決める仮の価格)

仮条件 4,500円〜5,250円 (投資家に提示する値幅)

公開価格 4,750円(仮条件の中から実際に決まった金額)

想定価格と仮条件の関係

想定価格よりや下振した価格となっています。

ここから弱気な姿勢を感じますね。

仮条件と公開価格の関係

仮条件の下寄りの真ん中くらいできまりました。

投資家の引き合いが弱かったといえます

西本Wismettacホールディングスの吸収価格及び時価総額

吸収価格223億円

時価総額は753億円

吸収価格が220億円を超える大きめの上場となります。



西本Wismettacホールディングス経営指標

経営指標は下記で分析しております。

売上げの伸びは止まっています。収益性もそれほど高くありません。

安全性はそれなりに高めです。

また、PERなどもそれほど割安感がないのが実情。

今後の成長は期待できませんのでなかなか厳しいものがあります・・・

既存株主状況

売出しが半分です。

規模的にいうとかなりの売出しとなります。

ロックアップは90日。

ストック・オプションなどもありません。

そのため大きな売出しが上場時には想定しなくてもよいdしょう。

そのほかの要件

そのほかの要件として

  • 北朝鮮問題
  • トランプ問題
  • 加計問題

があります。

まあ、このあたりはいつ上場してもタイミング次第では関係ありますので運的なところも大きいですね。

西本Wismettacホールディングスの初値予想

想定価格、仮条件、公開価格の関係から強気な面が見えること

時価総額、吸収価格が中〜大規模であること、

あがりにくい東証案件。

業種的にも注目にくそうなセクターであること

業績の伸びはとまっていること

これらを勘案して

初値4,500円

と予想します。

これはあくまで私の予想です。信じるか信じないかはアナタ次第です。

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. ロボアドバイザー
    ロボアドバイザーに流行の兆し 最近ロボアドバイザーなる投資信託の自動運用システムが流行っています。…
  2. 期待値で考える投資法
    絶対勝てる方法は存在しない。しかし・・・ 株式投資にかぎらず、投資の世界で絶対勝てる方法(聖杯)は…
  3. 仮想通貨は怪しいのか
    ビットコインを代表とする様々な仮想通貨が出ております。日本のメガバンクの1つである三菱東京UFJ銀行…
  4. iDeCO加入しないほうが良い場合
    iDeCo(個人型確定拠出年金)はかなりお得な制度ですので加入者がすごい勢いで伸びています。また、い…
  5. ideco読んでおきたい本
    iDeCo(個人型確定拠出年金)は何度かブログで紹介しておりますが大変お得な制度です。 しかし、全…
  6. 積立NISAの条件
    下記のブログにも書きましたが日本の投資信託は99%はダメとは日本証券アナリスト協会 第8回国際セミナ…
  7. 大和証券イデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にも力をいれている大和証券 大和証券は証券大手であり、個人…
  8. 投資信託計算
    先日も書きましたが2018年5月にDC法が改正されます。そこから確定拠出年金の商品数が35本が上限と…
ページ上部へ戻る