Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • IPO
  • IPOとは、Initial Public Offeringの略語で新規上場株式のことを言います。当選すればローリスクで大きな利益を得ることができることから人気が高まっています
カチタス上場

【カチタス】新規上場株式(IPO)情報。12月12日上場

カチタスが12月12日に上場決定

IPOの新情報(上場承認)が出ました。
カチタスです。

事業内容として戸建の空き家を中心に買取り、リフォームにより再生して販売する中古住宅再生事業となっています。

上場先は東証(未定)です。

【事業内容】 戸建の空き家を中心に買取り、リフォームにより再生して販売する中古住宅再生事業
【上場市場】 東証(上場先は未定)
【主幹事】 大和証券
【幹事】 SBI証券、マネックス証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガンスタンレー証券、岡三証券、岩井コスモ証券、水戸証券、エース証券
【申込み期間(BB)】11月27日~12月1日
【上場日】 12月12日
【公募株式数】 公募0株 売り出し21,056,300株
【OA】 1,969,000株
【想定価格】1,640円
【吸収金額】377億円
【時価総額】644億円
【IPO資金用途】全数売出

11月27日BBが開始されます。


カチタスのビジネスモデルについて

カチタスは家に価値足すの意味で住宅を買取、販売する企業です。

価値を足すというだけあって買い取った家をリフォームなどを施すことで価値をあげて利益をあげています。

ブックオフなどの中古屋さんや質屋さん関連とはそのあたりのビジネスの内容が違う感じですね。

ニトリと業務提携をしているようです。

気になるのがSGホールディングス(佐川急便)と全く一緒ですが全数売出であるという点です。

売出しは投資家から嫌われやすいのでそのあたりがどう判断されるかでしょうね。

ロックアップは180日が多くなっていますが一部外れています。

そのあたりがどう動くかでしょうね。

業績は波はあるものの一応右肩上がりですね。

カチタスの財務分析はこちらをご覧ください

カチタスの当選のための攻略法

IPOを当選したいなら主幹事から申し込むのは定石ですね。

今回の場合には、主幹事の大和証券で申し込むのは必須でしょう。

また、他の幹事もIPOに力をいれているところが多いですので全部申し込むのは当然でしょう。

特に今回の上場ラッシュで岩井コスモ証券あたりが幹事になっている件数がやけに多いですね。

穴場かもしれません。

IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。