【エル・ティー・エス】新規上場株式(IPO)情報。働き方改革、ロボ、AI、Iot関連!!

エル・ティー・エス上場情報

エル・ティー・エスが12月14日に上場決定

またまたIPOの新情報(上場承認)が出ました。

エル・ティー・エスです。

12月中頃はギュウギュウ詰ですね(笑)

事業内容としてRPA・AI・ビジネスプロセス可視化等を活用し、企業変革と働き方改革を推進するプロフェッショナルサービスの提供及び企業のIT人材不足を解消するマッチングプラットフォーム「アサインナビ」の提供となっています。

上場先は東証マザーズです。

【事業内容】 RPA・AI・ビジネスプロセス可視化等を活用し、企業変革と働き方改革を推進するプロフェッショナルサービスの提供及び企業のIT人材不足を解消するマッチングプラットフォーム「アサインナビ」の提供
【上場市場】 東証マザーズ
【主幹事】 大和証券
【幹事】 SBI証券、マネックス証券、SMBC日興証券、岩井コスモ証券、いちよし証券、藍澤証券、エース証券
【申込み期間(BB)】11月29日~12月6日
【上場日】 12月14日
【公募株式数】 公募500,000株 売り出し150,000株
【OA】 97,500株
【想定価格】630円
【吸収金額】4.7億円
【時価総額】22.6億円
【IPO資金用途】当社グループにてプラットフォーム事業を行っている当社の100%子会社である株式会社アサインナビへの投融資資金。事業拡大及び人員増加に伴う本社オフィス移転時の内装費。金融機関からの借入金及び社債償還のための返済資金。

11月29日BBが開始されます。


エル・ティー・エスのビジネスモデルについて

エル・ティー・エスはコンサルティング等を行っている企業です。

主にはビジネス・プロセスの可視化というのがテーマのようで企業変革と働き方改革も推進しています。

その中の一部にデジタル活用ということでIotやAI、業務ロボの活用などもあります。

また、同社が提供しているアサインナビはIT企業とIT案件のマッチングサイトのようです。

ITは人不足が深刻ですからこちらも時流にあっているといえばそうでしょうね。

働き方改革、AI,ロボ、IoTとこれらの業務が入ると注目される分野がてんこ盛りしています(笑)

それらの要素があるだけで高騰する傾向にありますのでIPO的にはおもしろい企業ではないでしょうか。

詳しいビジネスモデル、競合他社との違い、財務分析などはまた後日見ていきたいと思います。

エル・ティー・エスの当選のための攻略法

IPOを当選したいなら主幹事から申し込むのは定石ですね。

今回の場合には、主幹事の大和証券で申し込むのは必須でしょう。

また、他の幹事もIPOに力をいれているところが多いですので全部申し込むのは当然でしょう。

特に今回の上場ラッシュで岩井コスモ証券あたりが幹事になっている件数がやけに多いですね。

穴場かもしれません。

IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. NISAマイナンバー
    NISAでマイナンバーを登録していないと・・・ 日経新聞に注目の記事がありました。 …
  2. アセンテック
    4月25日に新規上場しますアセンテックの財務分析を行ってみたいと思います。 アセンテックは私も…
  3. 仮想通貨を無料で手に入れる
    ビットコイン(仮想通貨)はまだまだ敷居が高い このサイトでも何度かとりあげていますがビ…
  4. 投資初心者にはイデコやつみたてNISAが最適
    日本人は投資が嫌い? 日本ではつみたてNISAが来年から始まりますし、 個人型確定拠出年金(…
  5. COMSAでICO
    日本でICOができるCOMSA ビットコインが分割イベントが終わっての安堵感から急上昇…
  6. 海外ETF
    海外ETFとは 海外ETFとは海外の証券取引所に上場している投資信託のことです。普通の…
  7. ふるさと納税
    ふるさと納税が4月以降変わってしまうようです。 4月からふるさと納税の返礼品がグレードダウン?駆け…
  8. 残念な三菱東京UFJ銀行のイデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にはそれほど・・・ 三菱東京UFJ銀行は日本最大の銀行です…
ページ上部へ戻る