【すららネット】新規上場株式(IPO)情報。オンライン教材すらら

すららネット新規上場

すららネットが12月18日に上場決定

またまたIPOの新情報(上場承認)が出ました。

すららネットです。

12月18日は4社同時に発表されました。

12月中頃はどんどんギュウギュウ詰が加速しています。(笑)

佐川など大型も多いので資金分散しそうですね。

もうちょっと分散できないものなのでしょうか・・・

とくに13日、14日、18日はやばいですね・・・

これだけ集中しちゃうとこちらも資金の配分を考えないといけなくなりますね(笑)

事業内容としてオンライン学習教材「すらら」サービスの提供となっています。

上場先は東証マザーズです。

【事業内容】 オンライン学習教材「すらら」サービスの提供
【上場市場】 東証マザーズ
【主幹事】 みずほ証券
【幹事】 SBI証券、マネックス証券、大和証券、SMBC日興証券、岩井コスモ証券
【申込み期間(BB)】11月30日~12月6日
【上場日】 12月18日
【公募株式数】 公募110,000株 売り出し115,000株
【OA】 33,700株
【想定価格】2,040円
【吸収金額】5.27億円
【時価総額】24.5億円
【IPO資金用途】オンライン学習教材「すらら」サービスに係るコンテンツやシステムの新規開発・機能強化のための設備投資資金、並びに事業拡大のための運転資金(人材採用費及び人件費並びに広告宣伝費)に充当する予定

12月1日BBが開始されます。


すららネットのビジネスモデルについて

すららネットはインターネット教材のすららがメイン商材として提供しています。

企業理念は教育に変革を、子どもたちに生きる力を。です。

すららとは、インターネットを通じてゲーム感覚で学ぶことができる、対話型のデジタル教材です

他の教材との違いは下記の5つがあります。

キャラクターとの対話式
オーダーメイドの問題と診断
実際の試験問題でなんどもシュミレーション
親がリアルタイムで見守れる仕組み
ゲームのように楽しくライバルがいるから続く

詳しいビジネスモデル、競合他社との違い、財務分析などはまた後日見ていきたいと思います。

すららネットの当選のための攻略法

IPOを当選したいなら主幹事から申し込むのは定石ですね。

今回の場合には、主幹事のみずほ証券で申し込むのは必須でしょう。

また、他の幹事もIPOに力をいれているところが多いですので全部申し込むのは当然でしょう。

IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. ふるさと納税
    ふるさと納税が4月以降変わってしまうようです。 4月からふるさと納税の返礼品がグレードダウン?駆け…
  2. 羽黒法とは
    下記の記事にも書きましたが個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)などの中長期投資を行う場合でもある…
  3. イオン銀行イデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争が小休止? つみたてNISAの受付が始まり、そちらに…
  4. ロボアドバイザー
    ロボアドバイザーに流行の兆し 最近ロボアドバイザーなる投資信託の自動運用システムが流行っています。…
  5. セゾン投信を真似る
    セゾン投信がiDeCoで買えるのは楽天証券だけ iDeCo(個人型確定拠出年金)は手数…
  6. ビットコインキャッシュ大幅高
    今度はビットコインキャッシュが2日で2倍へ 仮想通貨といえばビットコインが有名ですがそ…
  7. 振込手数料節約
    振込手数を節約する方法 IPOなどで複数の証券会社を使っている場合に証券会社から証券会…
  8. スリッパの法則
    ひふみ投信は投資信託人気ナンバーワン 今現在一番人気といってもよい投資信託はレオスのひふみ投信(ひ…
ページ上部へ戻る