• IPO
  • IPOとは新規上場株式のこと
トレードワークス株価予想

【トレードワークス】新規上場株式(IPO)初値予想。ジャスダック11月29日上場

トレードワークスが11月29日に上場


11月28日にジャスダックに上場するトレードワークスの初値予想をしたいと思います。

トレードワークスが上場する11月28日は他に上場企業はありませんが

前日に3社(クックビズポエック、幸和製作所)が上場します。

トレードワークスは証券システム開発事業とこれらに付帯するFX(外国為替証拠金取引)システム事業及びセキュリティ診断事業を行っている会社です。

証券会社や東証へシステムを導入しております。

株主に証券会社、役員に元証券会社の人もいて関係性の深さを感じます。

予想はあくまでも私の独断での予想ですので投資は自己責任でお願い致します。

トレードワークスの想定価格、仮条件及び公開価格

想定価格 2,000円 (同業種の株価など種々の条件を勘案して主幹事等が決める仮の価格)

仮条件 2,000円〜2,200円 (投資家に提示する値幅)

公開価格 2,200円(仮条件の中から実際に決まった金額)

想定価格と仮条件の関係

想定価格よりやや上振した価格となっています。

ここから強気な姿勢を感じますね。

仮条件と公開価格の関係

仮条件の上限で決まりました。

投資家の引き合いが強かったといえます。

トレードワークスの吸収価格及び時価総額

吸収価格5.31億円

時価総額は22.4億円


トレードワークスの経営指標

経営指標をみると売上、収益ともいい感じにのびています。

特に直近の伸びはかなり大きくなっています。

また、安全性も特に問題になることはないでしょう。

株価はPER,PBRを見るとかなり割安感があります。

直近の売上げの伸びから考えてお得な設定な株価ですね。

トレードワークスの財務分析は下記ページをご覧ください。

既存株主状況

既存株主にベンチャーキャピュタルはありません。

株主には証券会社の名前が多くあります。

今後の関係性を考えればあまり売ることはしないでしょうから安定株主といえるかもしれません。

ロックアップも180日となっているところが多くなっています。

日産証券や1000株の株主、持ち株会にはロックアップがなく、60000株をもあった個人株主は90日or1.5倍となっていますが。

ストックオプションも行使期間がまだ先ですから問題ありません。

需給面で大きな問題になることはなさそうで株価的には面白い状況になりそうです。

そのほかの要件

そのほかの要件として

  • 北朝鮮問題
  • 加計問題

があります。

まあ、このあたりはいつ上場してもタイミング次第では関係ありますので運的なところも大きいですね。

衆議院の選挙も絡んできますしね。

トレードワークスの初値予想

想定価格、仮条件、公開価格の関係はそれなりであること

時価総額、吸収価格は小規模であること

前日に3社上場があり資産が分散する可能性もあること

業種的にはそれほど注目が高くないことが証券会社のシステムということで投資家に馴染みが深いこと。

業績の伸びは大きく、特に直近で伸びていること

安全性はまあまあこと

需給面はかなり良さげであること

これらを勘案してかなり高い値段が付きそうな気配がしています

初値6,600円

と予想します。

これはあくまで私の予想です。信じるか信じないかはアナタ次第です。

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。