• IPO
  • IPOとは新規上場株式のこと
歯愛メディカル初値予想

【歯愛メディカル】新規上場株式(IPO)初値予想。謎の売買があり

歯愛メディカルが12月18日に上場


12月18日にジャスダックに上場する歯愛メディカルの初値予想をしたいと思います。

歯愛メディカルが上場する同じ週はジーニー歯愛メディカルすららネットナレッジスイートみらいワークス森六ホールディングスオプトランプレミアグループミダックと10社が同時上場となっています。

先週のSGホールディングスほど大きな企業はありませんが、森六ホールディングスやオプトランは東証1部上場となっていますのでそれなりの規模です。

また、先週上場でまだ値がついていない企業もあり資金が分散してしまう可能性もあります。

今回はそんな状況下の歯愛メディカルの初値予想をしていきます。

予想はあくまでも私の独断での予想ですので投資は自己責任でお願い致しますね。

歯愛メディカルは医療関係者向け通信販売事業等を行っている会社です。

歯愛メディカルの想定価格、仮条件及び公開価格

想定価格 3,210円 (同業種の株価など種々の条件を勘案して主幹事等が決める仮の価格)

仮条件 3,210円〜3,300円 (投資家に提示する値幅)

公開価格 3,300円(仮条件の中から実際に決まった金額)

想定価格と仮条件の関係

想定価格を少し上振にした金額となっています。

ここから強気な姿勢を感じますね。

仮条件と公開価格の関係

仮条件の上限で決まりました。

投資家の引き合いが強かったといえます。

気になる売買・・・

しかし、ちょっと気になるのが12月15日に2050円で売買されていることです。

これは歯愛メディカルがプロマーケットに上場しているからでそちらでの売買だと思われます。

しかし、下記のようなIRがでているように株主にはロックアップがかかっております。

本当に謎です。

どちらにしてもこの謎な売買は大きな影響がありそうです・・・。

当社株主によるロックアップ遵守状況についてのお知らせ

歯愛メディカルの吸収価格及び時価総額

時価総額も吸収金額はそれなりです。

吸収価35.3億円

時価総額は321億円


歯愛メディカルの経営指標

経営指標をみると売上の伸びは順調です。

また、利益も2013年には大きく落としていますがそれからは順調に推移しています。

安全性ではちょっと資金面で気になる点がいくつか・・・

株価的に妥当な設定ですね。

割安感はありません。

プロマーケットに上場していた影響なのか・・・

歯愛メディカルの財務分析は下記をご覧ください。

既存株主状況

歯愛メディカルの既存株主に社長とエア・ウォーター株式会社だけとなっています。

ストックオプションもありません。

しかもロックアップが180日となっていますので影響は株主からのなさそうです。

それなら前述した売買はどういうことなのか・・・

そのほかの要件

そのほかの要件として

  • 北朝鮮問題
  • モリカケ問題
  • トランプ問題

があります。

まあ、このあたりはいつ上場してもタイミング次第では関係ありますので運的なところも大きいですね。

歯愛メディカルの初値予想

想定価格、仮条件、公開価格の関係からそれなりに強気であること

時価総額、吸収価格は小〜中規模であること

同じ週に10社が上場する過密日程であること

業種的にはあまり注目されなさそうな銘柄であること

業績は売上げはそれなりに伸びており、利益も伸びていること

安全性はちょっと気になる点があること

需給面はロックアップがあり問題なさそうですが15日の謎な売買がきになるころ

これらを勘案して初値はあまり上げなさそうな予感。

初値3,000円

と予想します。

これはあくまで私の予想です。信じるか信じないかはアナタ次第です。

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。