【VWO】楽天・新興国株式インデックス・ファンドが新規設定

楽天・新興国株式インデックス・ファンド新規設定

楽天・新興国株式インデックス・ファンドが新規設定

楽天がまたやってくれました。VWOを購入する楽天・新興国株式インデックス・ファンドが設定されました。

下記の記事でも紹介しましたが楽天はバンガードのETFを続々と発表しています。

その第三段となります。

今回はこの件を見ていきましょう。

第一弾、第二弾はこちらをご覧ください

VWOとは

今回購入するVWOとはバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETFのことで新興国の株式に投資するファンドです。

新興国に投資するのに信託報酬が安く人気となっています。

楽天・新興国株式インデックス・ファンドとは

今回新規設定された楽天・新興国株式インデックス・ファンドは前述のバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETFを購入するファンドとなります。

ベンチマークはFTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)・インデックス(円換算)

信託報酬は新興国株式に投資をする商品としては圧倒的に安い0.25%となっています。

つみたてNISAで対象となるでしょし、全世界株式インデックス・ファンド、楽天・全米株式インデックス・ファンドと合わせて人気になりそうですね。

全世界株式インデックス・ファンド、楽天・全米株式インデックス・ファンドは楽天証券、SBI証券、マネックス証券で取り扱われていますので楽天・新興国株式インデックス・ファンドもそうなるのかな?

ただし、海外ETFが買える方はVWOを直接購入した方が信託報酬がお得です。

そちらも合わせてご検討くださいね。

海外ETFを買う方法

海外ETFはSBI証券やマネックス証券など一部証券会社で扱っております。特にSBI証券は系列の銀行を使うと為替手数料も安いためおすすめです。


海外ETFについてはこちらも御覧ください



読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. 100円投資信託
    100円投資信託の使い方 SBI証券、楽天証券、松井証券、岡三オンライン証券、マネック…
  2. iDeCoおすすめ金融機関
    iDeCo(個人型確定拠出年金)はどこがいいのかを選べない。 iDeCo(個人型確定拠…
  3. 分散投資は相関関係を意識する
    ポートフォリオ理論による分散投資 長期投資をされる方は分散投資をしてリスクを減らすこと…
  4. 源泉徴収票でイデコの節税金額がわかる
    源泉徴収票で個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の節税額を確認 今年から会社員や公…
  5. イデコ統計資料をみてびっくり
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の統計データがでました。 個人型確定拠出年金(…
  6. SBI証券でイデコオススメ運用商品
    激戦の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 楽天証券が10万円以上の残高で手数料無料にすると発…
  7. 投資信託計算
    先日も書きましたが2018年5月にDC法が改正されます。そこから確定拠出年金の商品数が35本が上限と…
  8. ideco読んでおきたい本
    iDeCo(個人型確定拠出年金)は何度かブログで紹介しておりますが大変お得な制度です。 しかし、全…
ページ上部へ戻る