• IPO
  • IPOとは新規上場株式のこと
  • HOME
  • ブログ
  • IPO
  • 【コーア商事ホールディングス】新規上場株式(IPO)情報。超高齢化社会がターゲット
コーア商事ホールディングスIPO

【コーア商事ホールディングス】新規上場株式(IPO)情報。超高齢化社会がターゲット

IPOの新情報(上場承認)が出ました。

メルカリの上場で火がついたのか立て続けにIPO情報がでてきますね。

今度は6月21日に東証2部上場に上場するコーア商事ホールディングスです。

今回はコーア商事ホールディングスについて見ていきます。

コーア商事ホールディングスが6月21日に上場決定


主幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券です。

事業内容はジェネリック医薬品原薬の仕入販売、製剤(医療用医薬品・一般用医薬品)の製造販売及び仕入販売、製剤に係る製造受託となっています。

【事業内容】ジェネリック医薬品原薬の仕入販売、製剤(医療用医薬品・一般用医薬品)の製造販売及び仕入販売、製剤に係る製造受託
【主幹事】 三菱UFJモルガン・スタンレー銀行
【幹事】 SBI証券、みずほ証券、いちよし証券
【仮条件】6月1日
【申込み期間(BB)】6月5日~6月11日
【上場日】 6月21日
【公募株式数】 公募180,000株 売り出し189,600株
【OA】55,400株
【想定価格】2,590円
【吸収価格】11.7億円
【時価総額】85.5億円
【資金用途】医薬品製造販売事業を営む当社子会社の新規生産設備の購入設備資金、残額を当該設備資金借入の返済資金として充当する予定

6月5日BBが開始されます。


コーア商事ホールディングスのビジネスについて

コーア商事ホールディングスはホールディングスというだけあって持ち株会社です。

子会社としてはジェネリック医薬品原薬の輸入・販売を行うコーア商事株式会社、注射剤を主とした医薬品の製造販売、医薬品の受託製造をおこなうコーアイセイ株式会社、医薬品の包装受託およびジェネリック医薬品の製造販売を行うコーアバイオテックベイ株式会社、ビタミン剤を主としたOTC(一般用)医薬品製造販売を行うコーア製薬株式会社がいます。

医薬品関連が事業ドメインですね。

事業ターゲットは超高齢化社会ということでそれに付随したビジネスを広く行っていく方針のようです。

コーア商事ホールディングスの業績について

コーア商事ホールディングスは売上げの伸びは止まっている感がありますね。

利益も直近の2017年6月期だと経常利益が前年比13.4%のマイナスととなっています。

成長性というところでは余り期待できないかもしれませんね。

ちょっとこの辺はちゃんと見てみないとわかりませんの財務分析でそのあたりを確認しておきたいと思います。

コーア商事ホールディングスの株主について

コーア商事ホールディングスの株主は殆どが個人です。

ベンチャーキャピュタルなども見当たりません。

ロックアップは基本180日となっていますが、一部株主はロックアップが掛かっていませんね。

ストック・オプション等もありませんので初値はその株主たちの動向(少数ですが)と株をゲット人たちの動向に左右されそうです。

コーア商事ホールディングスの当選のための攻略法

IPOを当選したいなら主幹事から申し込むのは定石ですね。

メルカリと比較するとかなり株数が違いますのでなかなか当選確率は低そうです。

そのためまずは主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券で申し込むのは必須でしょう。

また、他の幹事も大手を中心にIPOに力をいれているところが多いですので全部申し込むのは当然でしょう。

IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

IPOの抽選にハズレたらセカンダリに無理に挑戦するよりもこんな方法もあります。


最後まで読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ