家計簿アプリ「マネーフォワード」は本当に便利。iDeCoもNISAも連携できちゃいます。

家計簿ソフト

家計簿アプリ「マネーフォワード」は便利


マネーフォワード」なる家計簿アプリを使い始めて1年近くが経ちました。

これが本当に便利なのでご紹介します。

今まで私は家計簿なんてほとんどつけたことがありませんでした。

何度か試したのですがその度に挫折しておりました・・・。

しかし、マネーフォワードはほぼ全自動なのでこんなズボラな私でもお金の管理ができるようになったのです。

また、これをきっかけにお金に対する意識が高まり色々なものの削減ができるようになりました。

家計簿なんてつけれないって方にこそ試してほしいサービスですね。

最近は株式市場でもフィンテックって言葉が流行っていますがその走りと言っても良いでしょう。

 

マネーフォワードとは


マネーフォワードとは簡単に言えば家計簿を自動作成するためのアプリ(クラウドシステム?)です。

こんな感じでどこにいくら出て言ったのかグラフ化できます。

マネーフォワード

出所:マネーフォワードWEBページ

銀行口座からクレジットカード、証券口座などの残高、入出金明細から楽天ポイントやアマゾンポイント、スイカなど必要だろうものほぼ連携させることができます。

それに基づいて家計簿はそれに基づいてほぼ全自動でつけれます。

たまに手直しすれば(変わった取引発生とか)そのまま使えてしまうのです。

提携されている機関ならマネーフォワードに連携させれますので自分が全財産でどれだけ持っているのかも一目瞭然でわかります。

2,600以上と連携できるところがありますのでよほど変わった金融機関等でなければ連携してると思います。

マネーフォワード

出所:マネーフォワードWEBページ

すごいのは厚生年金や国民年金なんかも連携できてしまうのです(笑)

こんなに払ってたんか・・・と感慨深くなりますね・・・・

連携がすごい

まず連携できる種類がすごいこと。

私はIPOのために証券口座大量に持っていますがそれらを管理するのは結構大変です。

しかし、マネーフォワードなら全部連携できますので一目でどこに残高がいくらあるのかわかります。

IPOの移動も楽になりました(笑)

また、SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」のSBIベネフィットシステムズも連携できますのでiDeCo口座の金額も家計簿(資産残高)に反映することができます。

SBI証券は証券口座とiDeCo口座が別ですのでこれは地味に便利ですね。

もちろん、楽天証券 確定拠出年金などが加入するJIS&Tも連携できます。

年金関連だけでも下記の連携できる機関がああります。

ちなみにねんきんネットで厚生年金や国民年金が見られます。

iDeCo連携

出所:マネーフォワードWEBページ



漏れがない

銀行口座などと連携して家計簿をつけることになりますので基本的に漏れがありません。

現金などで決済した場合には、ちゃんと入力することもできますし、その部分は現金で出て言ったとしてその項目とすることもできます。厳密にやろうとすればレシートをパシャりすれば自動で入力することもできますので入力の手間も最小限です。

私は現金は極力使わないので現金入力はせずに管理していますが会社の経理と違ってルールはありませんのでこのくらい大雑把でも問題ないのです。

レシート

出所:マネーフォワードWEBページ

推移や過去比較も簡単

過去との比較も簡単です。

どこの部分が増えたのか

減ったのかを一目で確認できます。

有料版なら他の人との比較もできるそうです。

私は有料版ですがその機能は使ったことありませんが・・・

過去比較

出所:マネーフォワードWEBページ

また携帯電話代の推移もこのように簡単に確認できます。

携帯電話

出所:マネーフォワードWEBページ

何より簡単

マネーフォワードの一番のメリットは簡単ってことでしょう。

連携さえしてしまえばほぼ自動ですので負担がほとんどありません。

 

マネーフォワードの問題点


マネーフォワードが全てが完璧という訳ではありません。

ちょっと気にしておいた方が良い項目も紹介しておきましょう。

無料版だと制限があり

私はこの無料版の制限がクリアできないので有料版にしています。

マネーフォワードの無料版は連携できる金融機関が11までです。

無料版の場合、これを超えて連携はできませんので証券会社と銀行をたくさん契約している私みたいな人は素直に有料版にしておきましょう。

マネーフォワードは連携してなんぼです。

連携しなければほとんど意味をなさないので・・・

また、マネーフォワード無料版だと1年しかデータが残っていません。

過去のを見る場合には有料版である必要があります。

ただ、口座が少なく過去を見ない方なら無料版で十分だと思います。

セキュリティの不安

銀行や証券のIDやパスワードを登録するのでちょっと不安な方も多いと思います。

最近銀行法などの改正案が可決され「電子決済等代行業者」には登録義務がつきました。

もちろんこのマネーフォワードも対象になるでしょうから法的にも安心感は高まった感じです。

また、第三者評価でも問題ないようですので個人的には信用しています。

マネーフォワードでは、セキュリティを第一にシステムを構築・運用しております。
セキュリティの安全性を担保する為、自社内の高度な管理体制の構築はもとより、
外部のセキュリティ診断会社からの第三者評価を受けて、サービスを提供しております。
安心してマネーフォワードをご利用ください。

まとめ


私は家計簿アプリはマネーフォワードしか使っていませんので他との比較はできませんが、

この家計簿アプリ「マネーフォワード」は本当に便利です。

特に私みたいに家計簿をつけようとして断念した人にこそオススメしたいですね。

また、IPO等やっているため証券口座を多く持っていて資金移動や管理が大変だなって感じてらしゃる方にもぜひオススメしたいです。

私はかなり楽に管理できるようになりました。

まだ試したことない方はぜひお試しください。

 

iPhoneアプリはこちら

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿 – Money Forward, Inc.

アンドロイドアプリはこちら

家計簿マネーフォワード~銀行・クレカ対応が人気の無料アプリ

読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. セルインメイ
    株式の有名な格言にセル・イン・メイ SELL IN MAY(株は5月に売れ)というのがあります。この…
  2. idecoは買い
    前回の私のNISA戦略に続いて今回は私のiDeCo(個人型拠出年金)戦略をお話したいと思います。 …
  3. さわかみファンドつみたてNISA
    さわかみファンドがつみたてNISA導入見送り 来年から鳴り物入りではじまるつみたてNISA。 …
  4. COMSAでICO
    日本でICOができるCOMSA ビットコインが分割イベントが終わっての安堵感から急上昇…
  5. 100円投資信託
    100円投資信託の使い方 SBI証券、楽天証券、松井証券、岡三オンライン証券、マネック…
  6. IPO検証
    本年度に新規上場(IPO)した株についてその後の株価を検証してみたいと思います。 本年度(4月…
  7. 投資信託計算
    先日も書きましたが2018年5月にDC法が改正されます。そこから確定拠出年金の商品数が35本が上限と…
  8. イデコの現状
    iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況29年3月末現在 個人型確定拠出年金(iD…
ページ上部へ戻る