自動車保険新規は安い

ダイレクト型(ネット型)自動車保険も乗り換えがお得?新規契約割引がえげつない件

私はここ数年、自動車保険は同じダイレクト型(通販/ネット型自動車保険)に加入し続けてきましたが、どうやら少し損をしていた可能性が高そうです。

数年前に対面式の自動車保険(三井住友海上)からダイレクト型自動車保険(ソニー損保)に移ったときには半額近くとかなり安くなりました。その際にいくつか見積もりをとったダイレクト型自動車保険の金額はどこもほぼ同じでしたので、その当時シェア一位だったソニー損保にお願いして、その後も何年も継続してソニー損保を契約し続けてきたのです。

しかし、最近はダイレクト型自動車保険も増えてきているのもあり、試しに一括見積もりをとってみてびっくりしました。同じ条件に設定してたのにかなり金額に差があるのです。。。どうやらダイレクト型自動車保険も携帯電話の新規や乗り換えMNP(ナンバーポータビリティ)優遇のように新規割りやキャンペーンがあって新規だとかなり優遇されているんですね。また、ダイレクト型自動車保険の会社自体が増えてきているので競争も激しくなってきているのでしょう。

今回は私の事例でダイレクト型自動車保険を使っていても乗り換えをしたほうが安くなるケースが多いかもしれないという件を見ていきましょう。

※加筆修正を加えました

ショートカットはこちらから

ダイレクト型(ネット型)自動車保険の間でもかなり保険料が違った・・・


現在、ダイレクト型自動車保険は参入する会社も増えたこともあり、競争が激化しています。補償やサービスが毎年のように追加されています。

最近だとドラレコ連動してるやつなんかもそうですね。

そのため、保険会社間の差は、保険料はもちろん、補償内容、サービス内容にも違いが生じてきています。

そのため、できれば更新の都度見直しを掛けたほうがよいかもしれませんね。

前述したように保険料自体も新規割りがあるケースが多いですからむしろ乗り換えたほうが得なケースがほとんどです。

私の場合のダイレクト自動車保険見積もり結果を比較をしてみた


これはあくまでも私が見積もりをとった結果ですから人や条件によって金額は変わりますので参考程度に考えてくださいね。ただし、新規契約優遇は多くの会社で実施されていますね

まずは保険条件を見ていきましょう。条件は既存契約のソニー損保から送られてきた提案条件そのままで、以下の通りです。ノンフリート等級はMAXの20等級で、事故もありません。また、車は自動ブレーキ付き、ゴールド免許という条件で見積もりをとってみました。

契約車両

車両:BMW MINIクロスオーバー F60
車両クラス:6
対人賠償クラス:4
対物賠償料率クラス:5
搭傷・人傷クラス4:4

契約条件

ノンフリート等級:20等級
事故あり係数適用期間:0年
契約距離: 5,000キロ以下
運転免許:ゴールド

基本補償設定

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害補償:3.000万円
搭乗者障害:なし
車両保険金額:380万円(免責1回目0万円 、2回目以降10万円)

次は自動車保険各社の見積もり結果

自動車保険新規は安い
最新情報をチェックしよう!