期間固定Tポイント利用方法

期間固定Tポイント(PayPayボーナス/PayPayボーナス ミニ)をどう使うか。お得な使い方をご紹介

ヤフーショッピングを利用しているとキャンペーンなどでポイントがどんどん溜まっていきます。

普通のポイントなら嬉しい話なのですが少し悩みが生じてしまうことがあります。

それは「期間固定Tポイント」の存在です。

今回はこの「期間固定Tポイント」のお得な使い方を考えていきます。

なお、ヤフーショッピングなどヤフーサービスで付与されていた期間固定Tポイントは2019年8月から「PayPayボーナス」または「PayPayボーナス ミニ」変わります。

Tポイントと期間固定Tポイントの違い

それではまず、期間固定Tポイントとはどういうものなのかについてみていきましょう。

期間固定Tポイントとは名前の通り、その期間に使わないと消えてしまうポイントのことを指します。

また、使い方も少し普通のTポイントと比較して制限があるのです。

まずしっかり押さえておかないといけないことが通常のTポイントと期間固定Tポイントでは扱いが全く違うということです。

違いを確認していきましょう。


利用可能期間の違い

まずは利用可能期間が大きく異なります。

Tポイント:最終利用から1年間有効
期間固定ポイント:ポイント毎に利用期間が定められている

Tポイントの場合は最終利用から1年間有効となっています。そのため定期的にヤフーショッピングなどでTポイントを利用されている方ならば期間が大きな問題となることはありません。

しかし、期間固定Tポイントは付与されたタイミングやイベント毎に利用期間が異なります。

そのためその期間を厳守しないと無効となってしまうのです。

中には利用期間が数日という非常に短いものも存在します。ですから定期的に利用期間をチェックしておかないと損をしてしまうか可能性があるのです。

利用期間の確認方法

期間固定Tポイントの利用期間はTポイントのマイページで確認がとれます。

期間固定Tポイントは利用期間毎に有効期限が表記されていますのでそれまでに利用が必要となります。

利用範囲が限られている

Tポイントは全提携先で利用出来るのに対して期間固定Tポイントは利用範囲は決まった提携先のみでの利用となります。

例えば下記のSBIネオモバイル証券では毎月200ポイントの期間固定Tポイントが付与されます。

その期間固定Tポイントが使えるのはSBIネオモバイル証券のみとなります。

関連記事

日本初のTポイントで株が買えるサービスが先日始まりました。ネット証券NO1のSBI証券が「Tポイント」を運営するCCCマーケティング(カルチャア・コンビニエンス・クラブ)と合弁して興した会社「SBIネオモバイル証券」によるものです。[…]

SBIネオモバイル概要

このようにどこで使えるのかは期間固定Tポイントによって異なってくるのです。

どこで使えるのかもTポイントのマイページで確認がとれます。

期間限定TポイントとPayPayボーナス、PayPayボーナス ミニの違い

期間固定Tポイントは2019年8月から「PayPayボーナス」または「PayPayボーナス ミニ」変わります。

少し扱いが変わってきますのでそちらも確認しておきましょう。

利用可能期間の違い

まずは利用可能期間が大きく異なります。

期間固定ポイント:ポイント毎に利用期間が定められている
PayPayボーナス:残高に加算された日から2年間
PayPayボーナス ミニ:付与日から60日限定

少し期間固定ポイントより扱いやすい仕組みにはなっていますね。

PayPayボーナスとPayPayボーナス ミニでは利用可能期間がかなり違いますので注意は必要かもしれません。

利用範囲

期間固定Tポイントは利用範囲は決まった提携先のみでの利用となります。

対して「PayPayボーナス」または「PayPayボーナス ミニ」はPayPay加盟店なら利用が可能となっています。

PayPay加盟店はローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップなど大手コンビニやビックカメラ、ヤマダ電機、ジョーシンといった大手家電量販店、松屋やワタミなどの大手飲食店、街の中小飲食店などかなりは幅広くなってきています。

ですから期間固定Tポイントよりも使い勝手はよくなりそうですね。

ただし、「PayPayボーナス」または「PayPayボーナス ミニ」は通常のPayPay残高と違いPayPayの送金機能やわりかん機能で利用できないという制限がありますのでご注意ください。

8月からはだいぶ使い勝手がよくなりそうですね。

おすすめの期間固定Tポイントの利用方法

今までみてきたように期間固定Tポイントは通常のTポイントとは扱いが少し異なります。

そこで私のおすすめの利用法をご紹介しましょう。

ただし、前述のように利用サイトや店舗限定の期間固定Tポイントはそちらでしか使えませんのでご注意ください。

※期間固定Tポイントの付与が「PayPayボーナス」または「PayPayボーナス ミニ」に変わってからも今回ご紹介する下記のサービスはヤフー提供ですから問題なく使えると思われます。


Yahoo!公金支払いで利用する

まずはYahoo!公金支払いで利用する方法です。

ヤフーには「Yahoo!公金支払い」という税金等を支払う事ができるサイトがあります。

自動車税の支払い、ふるさと納税、自動車税、固定資産税、住民税、水道料金、NHK受信料など様々な公金の支払ができます。(支払える税金等はお住まいの自治体によります。)

その「Yahoo!公金支払い」で期間固定Tポイントで利用が可能なのです。

こういったどうしても払う必要があるものに使えるのはかなりありがたいですね。

ヤフーショッピングでの利用

なにか必要なものがあるならばヤフーショッピングでの利用が一番カンタンですね。

普段、定期的に買っているものなどを利用すれば無駄使いにはなりませんしね。

また、当然にヤフートラベルやヤフオクなどにも利用可能ですから利用予定がある方は忘れずに期間限定ポイントを消化しましょう。

LOHACO(ロハコ)での利用

もう一つおすすめなのがLOHACO(ロハコ)です。

LOHACO(ロハコ)はアスクルとヤフーが提携して設立したネット通販です。

こちらでも期間固定Tポイントが利用できますのでおすすめですね。

LOHACO(ロハコ)では生鮮食品や食品など日常品がすぐ届くという利便性が高いサイトとなっています。

普段、定期的に買っているものなどを利用すれば無駄使いにはなりません

Yahoo!totoでの利用

特に欲しいもの、必要なものがない場合におすすめなのがYahoo!totoでの利用です。

Yahoo!totoではBIGなどのサッカーくじが購入できます。

一番安いmini totoならば1口100円から購入ができますのでほんとうに余って使いみちがない期間固定Tポイントを消化するのには便利になっています。

サッカーくじは宝くじみたいなもんですから期待値を考えればあまりおすすめはしませんが、ほっておけばなくなってしまう期間固定Tポイントを消化する目的ならありな選択肢ですね。

他にもヤフー関連サービスでは多くの利用可能

なお、期間固定Tポイント名がヤフージャパンとなっているものはヤフー関連サービスで幅広く利用が可能です。

Yahoo!ショッピング
LOHACO(ロハコ)
GyaOストア
Yahoo!公金支払い
Yahoo!かんたん決済
Yahoo!トラベル
Yahoo!占い
Yahoo!ゲーム
Yahoo!ネット募金

まとめ

今回は「期間固定Tポイント(PayPayボーナス)をどう使うか。お得な使い方をご紹介」と題して期間固定Tポイントのお得な使い方をご紹介しました。

せっかくもらったポイントですから失効せず有効に使いたいものですね。

ぜひ今回の方法をお試しください。

付与されるのが期間固定Tポイントから「PayPayボーナス」または「PayPayボーナス ミニ」に変わればPayPay加盟店で使えるようになりますからさらに使い勝手は増しそうですね。

また、楽天スーパーポイントの期間限定をうまく使う方法は以下の記事を御覧ください。

関連記事

楽天経済圏に入り楽天を普段から利用しているとどんどん楽天スーパーポイントが貯まっていきます。普通のポイントなら嬉しい話なのですが少し悩みが生じてしまうことがあります。それは「期間限定ポイント」の存在です。今回はこの楽[…]

楽天期間限定ポイント利用方法

通常のTポイントは下記のSBI証券やSBIネオモバイル証券を利用して投資信託や株を買うのもおすすめですよ。

関連記事

日本最大のポイントサービスである「Tポイント」。ネット証券NO1のSBI証券が「Tポイント」を運営するCCCマーケティング(カルチャア・コンビニエンス・クラブ)と合弁して興した会社「SBIネオモバイル証券」が日本初のTポイントで株が[…]

SBI証券がTポイントで投資可能に

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

期間固定Tポイント利用方法
最新情報をチェックしよう!