余った楽天スーパーポイントの使いみちは投資信託という手も

楽天スーパーポイントで投資信託

楽天スーパーポイントで投資信託が買える!!


少し前のブログにも速報を書きましたが楽天証券が8月26日(土)から楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるようにします。

これは業界初だそうですが面白い試みですし、楽天スーパーポイントという資源をもっている楽天証券にしかできなさそうで差別化要因にもなりそうです。

今回はこの楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるようになった件を詳しくみていきたいと思います。

楽天スーパーポイントで投資信託買付サービスの概要

まずは制度の内容を詳しく見ていきましょう。

2017年8月26日(土・予定)より投資信託の買付代金の一部又は全てにポイント(楽天証券ポイント及び楽天スーパーポイント)の利用が可能となります。※楽天スーパーポイントを楽天証券ポイントに交換の上、当社が買い取って投資信託の買付約定代金に充当します。 楽天証券より

全て楽天スーパーポイントで使えるのはありがたいですね。

楽天スーパーポイントを楽天証券ポイントに交換して当社が買い取って・・・ってのはグループ会社とはいえ会社が別だからなのでしょうか。

楽天スーパーポイント利用可能上限

一応上限は有るようです。

1注文/30,000ポイント

1ヶ月/100,000ポイント

となっています。


楽天スーパーポイント利用単位

1ポイント1円から利用可能です。

なお、投資信託買付け単位は各銘柄の最小単位と同じとのこと。

楽天証券は100円から使えるようになってますからほとんどの投資信託は100円以上1円単位ということになります。

対象サービス

通常買付の金額指定のみとのこと。

積み立て買付け、口数指定買付け、ジュニアNISA口座での買付けは対象外だそうです。

金額指定しかダメなのはシステム上の問題なのかな?よくわかりませんが・・・

対象銘柄

当社取扱の投資信託 ※MRF・当初募集期間中の銘柄等一部銘柄は除く

とのこと。

例外はあるようですが基本的にほとんどの投資信託取扱銘柄でいけるようです。

対象ポイント

気になったのは使えるポイントです。

楽天証券ポイント

楽天スーパーポイント

が使えますが、一部例外があります。

期間限定ポイント
他ポイントから交換したポイント

が使えないようです。

個人的には期間限定ポイントが1番使いみちに困りますのでこれを使えるようにしてほしかったな・・・

楽天市場はうまいのか極力期間限定ポイントよりも他のポイントを使わせるようにメニューなども工夫していますし難しいのでしょうが・・・。

消費者のことを考えるなら実現してほしいところです。

今後に期待ですね。

私の場合・・・

私も楽天カードを使っていますのでかなり楽天スーパーポイントが貯まります。

しかし、あまり楽天市場でモノを買わないためポイントがどんどん増えていってました。

(ネット通販はアマゾン派)

今回の投資信託が買えるようになったことでようやく楽天スーパーポイントの使いみちができたな。。ってうれしくなりましたね。

また、楽天証券はほとんどIPOもありませんし、抽選倍率もすごいのでほとんど使ってませんでした。

だいぶ前にはメインで使ってた関係もあり、ずっと取り続けている優待銘柄が少しあるくらいです。

今回の件で多少つかうようになるかもしれません。

楽天証券側からしてもそういうのも狙っているのかもしれませんね。

楽天スーパーポイントで投資信託なにを買えばよいか?

それでは楽天スーパーポイントでどんな投資信託を買えばよいでしょうか?

これは考え方次第です。

例えば楽天スーパーポイントはあぶく銭と考えればちょっとギャンブル的に普段買わないような投資信託を買えばよいでしょうし。

普通に投資と考えるならインデックスファンドをおすすめします。

私がオススメする楽天スーパーポイントで買える投資信託

楽天スーパーポイントでで買える私がオススメする投資信託を紹介しておきましょう。

先進国株式なら

たわらノーロード 先進国株式:0.243%

新興国株式なら

EXE‐i 新興国株式ファンド:0.2484%

全世界に1本で投資したいなら

井住友・DC全海外株式インデックスファンド:0.27%

世界経済インデックスファンド:0.54%

アメリカに投資したいなら

iFree NYダウ・インデックス:0.243%

日本に投資したいなら

eMAXISSlim国内株式インデックス:0.1944%

難しいことを考えずおまかせしたいなら

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド: 0.71%

ひふみプラス: 1.0584%

どこが上がるかわからないし8資産すべて平等に投資したいなら

eMAXISSlimバランス(8資産均等型):0.2376%

この他にも8月31日から追加される(たぶん楽天証券でも取り扱われる)iFree S&P500インデックス(信託報酬0.225%)も面白いです。

アメリカに投資するなら個人的にはダウの方が好きですが、ダウは構成している銘柄が30と少ないのでS&P500の方が良いという方も多いです。(S&P500は500銘柄)

今までS&P500に投資する信託報酬が安いインデックスファンドがなかったので楽しみですね。

まとめ

今回は楽天スーパーポイントで投資信託が買えるようになった話を見てきました。

余らせた楽天スーパーポイントの使いみちとして無駄な買い物よりも将来の投資としての投資信託はいかがでしょうか?

読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 分散投資は相関関係を意識する
    ポートフォリオ理論による分散投資 長期投資をされる方は分散投資をしてリスクを減らすこと…
  2. ふるさと納税返礼品お得なの
    ふるさと納税の返礼品グレードダウンする市町村が続出 このサイトでも何度かお伝えしたとおり、ふるさと…
  3. 仮想通貨マルチ商法
    仮想通貨のマルチ商法が増加中 先日もブログでビットコインがすごい急騰しているというお話…
  4. IPO証券会社一覧
    IPOはリスクが低くリターンが大きいが当選しずらい IPO(新規公開株)の購入はかなり…
  5. ふるさと納税
    少し前のブログにも書きましたが先月に総務省からふるさと納税の返礼品を寄付額の3分の1程度に抑えるよう…
  6. 8月株主優待おすすめ
    2017年8月おすすめ株主優待5選 ふるさと納税、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)、NIS…
  7. ideco積み立て額
    iDeCo(個人型確定拠出年金)っていくら積み立てれば良いのか? これはiDeCoを始…
  8. 積立NISA
    来年から始まる積立NISAとiDeCoどちらを優先? 前回、個人型確定拠出年金(iDe…
ページ上部へ戻る