【マネーフォワード】新規上場株式(IPO)初値予想。期待大?

マネーフォワード初値予想

マネーフォワードが9月29日に上場


9月29日に東証マザーズに上場するマネーフォワードの初値予想をしたいと思います。

マネーフォワードはクラウド会計ソフトや家計簿ソフトのメーカーです。

両方共結構よいサービスで私は会計ソフトも家計簿ソフトも課金しています。

予想はあくまでも私の独断での予想ですので投資は自己責任でお願い致します。

マネーフォワード想定価格、仮条件及び公開価格

想定価格 1,330円 (同業種の株価など種々の条件を勘案して主幹事等が決める仮の価格)

仮条件 1,330円〜1,550円 (投資家に提示する値幅)

公開価格 1,550円(仮条件の中から実際に決まった金額)

想定価格と仮条件の関係

想定価格よりやや上振した価格となっています。

ここから強気な姿勢を感じますね。

仮条件と公開価格の関係

仮条件の上限の公開価格となりました。

投資家の引き合いが強かったといえます

マネーフォワードの吸収価格及び時価総額

吸収価格38.9億円

時価総額は243億円

と東証マザーズの中では中〜大規模な銘柄となります。



マネーフォワード経営指標

経営指標は下記で分析しております。

売上げはかなり大きく伸びています。しかし、まだ赤字なんですよね。

しかも設立以来ずっと。

いつ黒字になるのか、またその損益分岐点売上高はいくらなのか・・・

そのあたりはポイントになりそうです。

安全性も赤字ですから微妙な点があります、

また、PERなども赤字ですのであまり見ても意味はありません。

今後の成長をどうみるのかで判断が分かれそうな銘柄ですね。

個人的には会計ソフト分野はとても有望だと思います。

一度ユーザーを掴めばよほどのことがない限り乗り換えることは少ない分野です。

毎月課金ですし、安定した利益を期待できるはずです。

ソフトの開発は初期投資の部分が大きいのであとは回収する部分が大きいと思われます。

また、会計データをつかむことになりますので様々な分野の派生したサービスを提供することもできます。

実際、弥生会計などもサービスでの利益が半分くらいですからね。(ライブドア事件の時、弥生もってましたw)

マネーフォワードはすでに請求書の発行や入金の消込、人事、給料など様々な派生関連の分野に進出しています。

そんなマネーフォワードがいまやろうとしていることでとくに面白いと思うのが貸付分野ですね。

マネーフォワードが掴んでいる会計データを使って貸出までの期間がめちゃくちゃ短いという・・・

これとかもかなりおもしろいと思うのですが。

ただし、クラウド会計のシェア争いからは目が離せません。

強力なライバルがいます。

それがfreeeです。

また、従来の会計ソフトをもつ弥生会計も力を入れ始めました。

現状のクラウド会計のシェアは調査機関によりますが、freeeが1位、2位が弥生、マネーフォワードのMFクラウドは次いで3位となっています。

こういう業界はシェアが大きいトップ企業が利益をかなりもっていくケースが多いため赤字でも販促をたくさんつかってシェアをのばすのです。

PPM(プロダクト・ポートフォリオ理論)で考えると現在、クラウド会計分野は問題児や花形の事業です。

販促費を掛けるのは定石とも言えます。

ちなみにクラウド会計分野1位のfreeeも上場観測はでていますのでそう遠くない未来に上場しそうですよ。

既存株主状況

既存株主では税理士などが大量にストック・オプションをもっています。

そのあたりがどうでるのかでしょう。

また、VCのジャフコも1.5倍でロックアップが外れますので1.5倍は1つの目処になりそうですね。

そもそも赤字企業なので株価がいくらが妥当なのかが判断しづらいところもあります。

そんな中にあって規模はかなり大きいのでどうなるのか読みにくいところではあります。

そのほかの要件

そのほかの要件として

  • 北朝鮮問題
  • トランプ問題
  • 加計問題

があります。

まあ、このあたりはいつ上場してもタイミング次第では関係ありますので運的なところも大きいですね。

衆議院の解散もあり目が離せません・・・・。

マネーフォワードの初値予想

想定価格、仮条件、公開価格の関係から強気な面が見えること

時価総額、吸収価格が中〜大規模であること、

同日にもう2社上場すること、(うち1社の西本ホールディングスは結構大きめ)

日本郵政の売出しの日程が絡んでくること、

あがりやすい東証マザーズ。

業種的にも注目されやすそうなセクターであること

業績の伸びはそれなりであるが赤字であること

これらを勘案して

初値2,000円

と予想します。

ここは短期で見るより長期で見るべき株かなって個人的に思います。

黒字転換がいつなのかがポイントでしょうね。

個人的にはユーザーですし期待したいところです。

これはあくまで私の予想です。信じるか信じないかはアナタ次第です。

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 楽天証券イデコ
    激戦の様相の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 先日イオン銀行が個人型確定拠出年金(iDeC…
  2. 為替ヘッジの有無による影響
    円高が進行することでのイデコへの影響は? ここ数日急激に為替が円高に振れてますね〜 …
  3. 毎月分配型投資信託イメージ
    先日もブログに書きましたが森信親金融庁長官が積立NISAの対象になれるような投資信託は本当に少ないと…
  4. ideco対ふるさと納税
    お得な制度として有名になってきたふるさと納税、今年から公務員などにも解禁され、こちらもお得な確定拠出…
  5. idecoは買い
    前回の私のNISA戦略に続いて今回は私のiDeCo(個人型拠出年金)戦略をお話したいと思います。 …
  6. つみたてNISAはじまる
    つみたてNISAの概要が各社出揃う 来年2018年からはじまるつみたてNISAの概要が…
  7. 年代ごとに違う個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ iDeCoはこのペー…
  8. マネックス証券個人型確定拠出年金年金イデコアセットアロケーション
    激戦の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 楽天証券が10万円以上の残高で手数料無料にすると発…
ページ上部へ戻る