【幸和製作所】新規上場株式(IPO)情報。高齢化社会へ有望企業?

幸和製作所新規上場株式(IPO)

幸和製作所が11月28日に上場決定

IPOの新情報(上場承認)が出ました。
幸和製作所です。

事業内容として福祉用具の製造・販売となっています。

上場先はジャスダックで主幹事はSMBC日興証券です。

【事業内容】 福祉用具の製造・販売
【上場市場】 ジャスダック
【主幹事】 SMBC日興証券
【幹事】 SBI証券、大和証券、野村證券、みずほ証券、岡三証券、いちよし証券、エース証券
【申込み期間(BB)】11月10日~11月16日
【上場日】 11月28日
【公募株式数】 公募150,000株 売り出し:108,200株
【OA】 38,700株
【想定価格】3,220円
【吸収金額9.56億円
【時価総額】41.3億円
【IPO資金用途】新製品開発のための研究開発費、営業部門、開発部門を中心とする人員拡大等による人件費の増加に充当する予定
11月10日BBが開始されます。


幸和製作所のビジネスモデルについて

幸和製作所は福祉関連の商品を多数つくっています。

これから超高齢化社会を迎えるわけですからある意味時流にあった商売とも言えるかもしれません。

具体的には歩行車、シルバーカー、歩行補助カート、杖、手すり、入浴用品、食事用品、衛生健康用品、床周り用品、排泄用品など福祉関連に関わる大半の製品を作っていますね。

業績は売上げの伸びはちょっと止まっている感じ、直近の利益は急に上がっていますが上場前の上げは一時的なのか、今後も続く上げなのかをしっかり分析することが必要となります。

同業他社との比較など具体的なことと合わせた財務状況の分析を後日してみたいと思います。

幸和製作所の当選のための攻略法

IPOを当選したいなら主幹事から申し込むのは定石ですね。

今回の場合には、主幹事のSMBC日興証券で申し込むのは必須でしょう。

今回は幹事はそれなりにありますのでたくさんの証券会社から応募するのが定石ですね。

野村、大和、みずほなど大手も幹事に多く加わってますね。

これら大手は会員も多いのでなかなか当たりませんが抽選は厳密ぽいのでとりあえず応募しておきたいところです。

また、IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. イデコの確定申告方法
    忘れずやっておこう。個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の確定申告 前回の年末調整編に続いて今…
  2. ビットコイン
    チャットするだけで仮想通貨(ビットコイン)を無料で手に入れる 仮想通貨を無料で手に入れる方法はたく…
  3. ビットコインの税金
    曖昧だったビットコインなどの仮想通貨の税金 今まで仮想通貨の税金関連はかなりあいまいで…
  4. スパークス
    SBI証券(iDeCo)スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンドを追加 ただで…
  5. マネックス証券のイデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争は一段落? つみたてNISAの受付が始まり、そちらに…
  6. 海外ETF
    海外ETFとは 海外ETFとは海外の証券取引所に上場している投資信託のことです。普通の…
  7. iFree新興国株式インデックスの実質コスト
    iFree新興国株式インデックスの実質コストが判明 積立投資信託でここ数ヶ月くらい「iFree新興…
  8. 初心者におすすめ投資本
    投資の勉強をしよう!! 個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)やつみたてNISAなど…
ページ上部へ戻る