Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • IPO
  • IPOとは、Initial Public Offeringの略語で新規上場株式のことを言います。当選すればローリスクで大きな利益を得ることができることから人気が高まっています
  • HOME
  • ブログ
  • IPO
  • 【エーアイ】新規上場株式(IPO)情報。またまたSBI証券主幹事
エーアイのIPO

【エーアイ】新規上場株式(IPO)情報。またまたSBI証券主幹事

またまたIPOの新情報(上場承認)が出ました。

最近はメルカリからいい流れなのか上場承認ラッシュです。

逆に資金の分散が心配ですが(笑)

今度は6月27日に東証マザーズ上場に上場するエーアイです。

今回はエーアイについて見ていきましょう。

エーアイが6月27日に上場決定


主幹事はSBI証券です。

事業内容は音声合成エンジン及び音声合成に関連するソリューションの提供となっています。

【事業内容】音声合成エンジン及び音声合成に関連するソリューションの提供
【主幹事】 SBI証券
【幹事】 SMBC日興証券、エース証券、アイザワ証券、むさし証券、エイチ・エス証券、水戸証券、東洋証券、岩井コスモ証券、東海東京証券、みずほ証券、極東証券
【仮条件】6月7日
【申込み期間(BB)】6月11日~6月15日
【上場日】 6月27日
【公募株式数】 公募187,000株 売り出し380,000株
【OA】85,000株
【想定価格】800円
【吸収価格】5.21億円
【時価総額】38.7億円
【資金用途】既存の音声合成エンジンの改善、次世代音声合成技術の開発及び多言語向け音声合成エンジン等の研究開発費。今後の事業規模拡大のための優秀な人材の確保等を目的とした採用費及び人件費等。

6月11日BBが開始されます。


エーアイのビジネスについて

エーアイは平成15年に開業した音声合成システムにかかわるソリューションのご提供をしている会社です。

取引先を見るとNTTドコモ、ヤフー、ソフトバンク、NHK、デンソー、ホンダなどなどかなり大手が並んでいますね。

具体的には電話の自動応答システム、カーナビ。交通案内、ゲーム機、などに使われているようです。

最近ではAIを使ったスマートスピーカーなどもそうですね。

AIという名前ですが提供しているのは音声関連に特化しているので人工知能のAIとは違うようです。

勘違いしてAI関連と思って買う人もいそうですが(笑)

個人的にはWEBページがちょっとごちゃごちゃしてて見にくいのが気になりました・・・

エーアイの業績について

エーアイの売上げは大きく伸びてはいません。

公開されている5年のデータでは2014年3月期が最高売上げで2015年で14%のマイナス、2016年、2017年と戻している感じになっていますね。

利益も2014年がピークになっていまして、2015年に大きくマイナス(56.2%のマイナス)となり、2016年、2017年と少し戻している感じです。

お世辞にも業績は良いとは言えない感じです。

今後の展開も含めて財務分析をしてみないとわかりませんが・・・

エーアイの株主について

エーアイの株主はベンチャーキャピュタルはみあたりません。

個人や会社が中心です。大きな株主にはロックアップ90日がついています。

100000株以下の方にはロックアップをつけていないようです。

行使可能なストックオプションは155000株発行されていますね。

規模の小さな上場ですからちょっと気になる所。

エーアイの当選のための攻略法

IPOを当選したいなら主幹事から申し込むのは定石ですね。

メルカリと比較するとかなり株数が違いますのでなかなか当選確率は低そうです。

そのためまずは主幹事のSBI証券で申し込むのは必須でしょう。

また、他の幹事も大手を中心にIPOに力をいれているところが多いですので全部申し込むのは当然でしょう。

IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

IPOの抽選にハズレたらセカンダリに無理に挑戦するよりもこんな方法もあります。


最後まで読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。