【アイリックコーポレーション】新規上場株式(IPO)情報。日本初の来店型保険ショップの「保険クリニック」をFC展開

IPO NO IMAGE

9月のIPOの新情報(上場承認)がまたまたでました。

9月はそれなりに多そうですね。

9月25日東証マザーズ(サービス業)上場のアイリックコーポレーションです。

今回はアイリックコーポレーションについて見ていきましょう。

アイリックコーポレーションが9月25日に上場決定


主幹事は野村證券です。

事業内容は保険販売を主に手がけています。

【事業内容】個人及び法人向けの保険販売を行う保険販売事業、保険代理店やその他の保険販売会社に対して保険に関するソリューションを提供するソリューション事業及びシステム開発等を行っているシステム事業
【主幹事】野村證券
【幹事】 SBI証券、マネックス証券、いちよし証券、水戸証券、むさし証券、アイザワ証券、エース証券
【仮条件】9月3日
【申込み期間(BB)】9月5日~9月11日
【上場日】 9月25日
【公募株式数】 公募620,000株 売り出し100,000株
【OA】108,000株
【想定価格】1,410円
【吸収価格】11.6億円
【時価総額】57.4億円
【資金用途】
既存システムの機能強化及び新たなシステムの研究・開発等に係る資金、直営店の新規店舗の出店に係る資金、事業拡大のための運転資金として充当予定
9月5日BBが開始されます。


アイリックコーポレーションのビジネスについて

アイリックコーポレーションは1995年に設立された東証マザーズ上場企業の中では社歴が長い会社になります。

事業内容としては保険に関することをを広く手がけている感じですね。

アイリックコーポレーションの企業理念

アイリックコーポレーションの企業理念は以下のとおりです。

私たち株式会社アイリックコーポレーションは、顧客、保険会社、代理店の【三者利益の共存】を目指しています。
私たちは、お客様本位を心がけ、最良のコンサルティングサービスを通し、お客様の真の信頼を獲得することが、保険会社の利益を確保し、当社並びに代理店へ利益をもたらす【三者利益の共存】の実現を可能にするものであると考えます。
私たちは【三者利益の共存】を実現するために、全社員が同じ志を持って企業文化の確立に努めるとともに、保険の総合コンサルティング企業の第一人者であることに誇りを持ち、チャレンジ精神を忘れることなく、自分自身の仕事に責任を持って業務に邁進していきます。

アイリックコーポレーションのサービス内容

サービス内容としては以下を手がけています。

保険販売事業
ソリューション事業
システム事業

詳しく見ていきましょう。

保険販売事業

保険販売事業では日本初の来店型保険ショップの「保険クリニック」を行っています。日本の約90%の世帯が加入している保険を視覚的にわかりやすくご説明するために、保険分析・検索システム『保険IQシステム』を独自に開発し、活用する事でご加入中の保険の保障内容を把握したり、複数の保険会社の保険商品からお客様一人ひとりのご希望にぴったりの保険選びをサポートしています。

また、法人や経営者向けのトータルリスクマネジメント(訪問)なども手がけています。

ソリューション事業

ソリューション事業では金融機関、保険代理店、企業代理店等に保険申込ナビゲーションシステム『AS-BOX』、生命保険の現状把握分析・検索提案システム『ASシステム』の販売を行っています。

また、『保険クリニック』の運営で培ったノウハウを教育研修サービスで提供をしています。

また、保険クリニックのFC(フランチャイズ)展開も行っているようです。

システム事業

保険分析・検索システム『保険IQシステム』をはじめ、保険の販売支援を行うためのシステム開発などをグループ会社インフォディオとともに行っています。

アイリックコーポレーションの業績

アイリックコーポレーションの連結売上は2016年6月期2,434,083千円、2017年6月期2,848,698千円と推移しています。急激な伸びではありませんが堅実に伸びている感じが好感を持てます。

経常利益も同様に2016年6月期111,285千円、2017年6月期213,200千円と倍増しています。2014年までは大きなマイナスがでていましたのでこの辺りをどう見るかというのはありそう。

アイリックコーポレーションの株主、ロックアップ

次にアイリックコーポレーションの株主をみていきましょう。株主は保険会社が名を連ねてますね。ロックアップも90日もしくは180日ついていますので当初の売りは気にしなくて良さそうです。

ストックオプションは200,000株ほどあります。

アイリックコーポレーションの当選のための攻略法

メルカリなどと比較するとかなり株数が違いますのでなかなか当選確率は低そうです。そのためまずは主幹事の野村證券で申し込むのは必須でしょう。

また、他の証券会社もIPOの力を入れているところが多いですから複数申し込んでおきたいところ。

IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

関連記事

IPO(新規公開株)の購入はかなりリスクが低くリターンが大きい投資法です。 そのため人気が高くなかなか当選しにくいです。 当選確率をあげるためおすすめしたいのはたくさんの証券会社の口座をつくっておくことです。 当然たくさん[…]

IPO証券会社一覧

IPOの抽選にハズレたらセカンダリに無理に挑戦するよりもこんな方法もあります。

関連記事

IPO株が初値を上回るのは50%とハイリスクハイリターン 今日のモーニングサテライトでも特集していましたが今年はIPO(新規上場株式)の当たり年と言われているそうです。 全部で90社が新規上場しました。 そのうち9[…]

IPOも投資信託で
最後まで読んで頂きありがとうございます、

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「いいね」、「フォロー」してくれると嬉しいです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!