IPO(新規公開株)を始めるなら口座開設しておきたい証券会社一覧

IPO証券会社一覧

IPOはリスクが低くリターンが大きいが当選しずらい


IPO(新規公開株)の購入はかなりリスクが低くリターンが大きい投資法です。

そのため人気が高くなかなか当選しにくいです。

当選確率をあげるためおすすめしたいのはたくさんの証券会社の口座をつくっておくことです。

当然たくさん口座をつくればそれだけ応募件数が増えますので当選確率があがります。

宝くじでいえばたくさん買うってことです(笑)

宝くじと大きく違うところはIPOの申込みをしてもハズれればお金はかからないことです。

つまり、無料の宝くじを買うみたいなものなのです。

(もちろん当たってもマイナスとなるような地雷銘柄も年に数件はありますのでそれは避ける必要があります)

IPO用に必ず作っておきたい証券会社(主幹事が多い証券会社)


SBI証券

まず一番のおすすめは定番ですが主幹事も多くIPOポイントでいつか当たるというSBI証券です。

SBI証券のIPOの特徴はIPOポイントです。

外れるたびに1ポイントがたまります。

それを使うことで優先して当選することができます。

そのため資金の少ない方でもポイントを貯めていけばいつか当選することができるのです。

ポイントをためる意味でも早めに口座を作ってIPOの抽選に参加しておくとよいでしょう。

SBI証券の≪お申込はこちら≫

また、SBI証券はiDeCo(イデコ)を始める場合でも一番のおすすめの証券会社です。

詳しくは下記をごらんください。

SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」

 

野村證券

次は野村證券です。

これは日本最大の証券会社でそれだけ主幹事が多くあります。

基本的に金持ち向けの裁量に流れてしまいますので一般人にはなかなか当選しずらいですが

全体の10%は抽選に回りますので主幹事の場合にはあたることがあり参加しておくのが吉です。

また、IPOに当選するまでは資金が必要のないのも特徴です。

ダメ元で挑戦しやすい仕組みと言えます。

野村證券

 

大和証券

次は大和証券です。

こちらも大手ですので主幹事が多くあります。

こちらも裁量分が多いですが15%は抽選に回りますので

主幹事の場合には積極的に参加すると良いでしょう。

他の大手証券会社と比べて個人へ回る分が多いですね。

また、チャンス当選といって利用によって当選確率が変動する仕組みも用意されています。

大和証券

 

みずほ証券

次はみずほ証券です。

ここも主幹事となることが多いためぜひ作っておきたい証券会社です。

10%以上を個人の抽選に回すということです。

主幹事の場合にはぜひ参加しておきましょう。

みずほ証券

 

日興SMBC証券

次は日興SMBC証券です。

こちらも主幹事が多いため、主幹事分だけでも申し込むとよいです。

全体の10%を個人の抽選に回しています。

ハズレはなく全て「補欠」となるのが特徴的です。

日興SMBC証券




IPO用に作っておくと有利な証券会社


マネックス証券

マネックス証券も作っておくと良いでしょう。

主幹事はそれほどありませんが個人投資家にやさしく

割当株の全てを平等に抽選します。

そのため資金がない個人も当選しやすい証券会社です。

マネックス証券

 

三菱UFJモルガンスタンレー証券

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は主幹事をそれなりに取り扱いますので

作っておくと良いでしょう。

他の大手証券会社と同じく10%を抽選にまわしています

三菱UFJモルガンスタンレー証券

 

岩井コスモ証券

岩井コスモ証券は穴場的な証券会社です。

幹事となることはそれなりにあり

応募も他の証券会社と比べると少ないようです。

抽選機会を増やすという意味でも作っておくとよいでしょう。

株式取引なら岩井コスモ証券

東洋証券

東洋証券も穴場的な証券会社です。

幹事や主幹事となることは少ないですが

穴場的な証券会社ですので

狙い目では有るでしょう。

東洋証券

 

東海東京証券

こちらは中堅の証券会社です。

たまに主幹事がありますので

その主幹事狙いの意味でも作っておくとよい証券会社です。

東海東京証券

 

岡三証券

こらも中堅の穴場的な証券会社です。

こちらも主幹事や幹事となる機会がありますので

つくっておくとよいでしょう。

岡三証券

 

エイチ・エス証券

エイチ・エス証券はベンチャー企業に特化した証券会社です。

そのためIPOの取扱は積極的で主幹事経験もあります。

SBI証券と少し違いますがIPOポイントを用意してゲーム的な要素がある証券会社です。

ここは当選確率を後日公開しているものポイントが高いところでしょう。

エイチ・エス証券

 

IPO用に念のため作っておいてもよい証券会社


松井証券

松井証券はIPOの取扱はそれほどありませんが

他の証券会社と抽選タイミングが違うため

他が外れたら申し込むということも可能ですので

もっておくのもよいでしょう。

松井証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券はそれほどIPOの取扱がありませんが

GMO関連の銘柄の場合は取扱があります。

値上がりしやすい銘柄ですので

そのためだけにも作っておいても良いかもしれません。

GMOクリック証券

 

丸三証券

こちらもそれほどIPOの取扱は多くはありませんが

力の源などのかなり上昇した銘柄の取扱実績があります。

他の証券会社と比べて競争はそれほど多くないと予想されますので

穴場としてもっておくのも良いと思います。

丸三証券

 

ライブスター証券

ライブスター証券はIPOの取扱をはじめたばかりです。

そのためまだそれほど取扱実績はありませんが

競争も激しくない可能性が高いため持っておくと良いでしょう。

またWEBページを見る限りIPOに力をいれていこうという姿勢を感じます。

ライブスター証券

iDeCo(イデコ)のおすすめ証券会社は下記を御覧ください

読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. つなぎ売り
    最近では月曜から夜更かしで話題の桐谷さんが登場したこともありかなり一般的になった株主優待。桐谷さんは…
  2. ふるさと納税グルメポイント
    冷蔵庫、冷凍庫を圧迫するふるさと納税の返礼品 ふるさと納税は市町村に寄附をするとそのかわりに住民税…
  3. ベーシックインカムとは
    ベーシックインカムの議論が本格化するか? 希望の党の公約にベーシックインカムの導入が入ってネット界…
  4. 20代でイデコに入る
    年代ごとに違う個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ iDeCoはこのペー…
  5. 家計簿ソフト
    家計簿アプリ「マネーフォワード」は便利 「マネーフォワード」なる家計簿アプリを使い始め…
  6. 確定拠出年金規制
    日経新聞に下記のような記事が出ておりました。確定拠出年金の運用商品数の上限を35本に決めるとのこと。…
  7. 保険の加入は期待値で考える
    生命保険・医療保険などの保険加入のポイント 生命保険や医療保険、自動車保険などに加入されている方も…
  8. 腕組みの法則
    投資の世界ではいろいろな格言や法則があります。ひふみ投信の藤野さんが提唱している「スリッパの法則」な…
ページ上部へ戻る