PO(公募増資・売出)で【IPOチャレンジポイントプレゼントキャンペーン】始まる

SBI証券のIPOチャレンジポイントはお宝だ

SBI証券でIPOチャレンジポイントプレゼントキャンペーン

ちょっとややっこしいですがSBI証券がPO(公募増資・売出)のブックビルディングに申し込み「当選(補欠当選)」し購入した方もしくは補欠当選し購入の意思確認をしたが繰り上げとならなかった方にIPOチャレンジポイントプレゼントするキャンペーンがはじまりました。
今回はこの件を見てみたいと思います。

IPOチャレンジポイントキャンペーン概要

対象期間

2017/7/20(木)~2017/10/31(火)
※上記の期間内に公募増資・売出(PO)の購入意思表示期限が終了する銘柄が対象となります。

対象者・条件・特典

インターネットコース、ダイレクトコース、IFAコースのお客さまで、期間中にログイン後の当社WEBサイトより公募増資・売出(PO)ブックビルディングに申し込み、「当選(補欠当選)購入した方」「補欠当選し、購入意思確認をしたが繰上当選にならなかった方」を対象にIPOチャレンジポイントをプレゼントいたします。
※購入辞退された方、対面コースのお客さまは対象外となります。
※IPOチャレンジポイントの付与上限は、1銘柄につき、一人のお客さまで11ポイントが上限になります。

POチャレンジ

出所:SBI証券IPOチャレンジポイントキャンペーンページ

ポイント付与日

各銘柄の意思表示期間終了日の翌営業日から原則5営業日以内にIPOチャレンジポイントを付与いたします。

IPOチャレンジポイントとは

SBI証券のIPOチャレンジポイントは、IPOの抽選に応募して外れた場合に付与されるポイントです。
このポイントをIPO応募時に使用すると当選確率が上がる制度でなかなか当選しないお宝銘柄だと300ポイント近く必要なときもあります。
つまりこれを貯めようと思うと300回はずれないと貯めれないわけです(笑)
SBI証券のIPOは年間70回程度ですから4年とちょっと挑戦し続けないとたまらないのです。
それでも挑戦し続ければいつかIPOがもらえるということでSBI証券の強みといってもよい制度かもしれませんね。
それが今回他の方法で手に入るキャンペーンなのです。


PO(公募増資・売出)とは

PO(公募増資・売出)とは、既上場企業が新たに発行する株式(公募株式)や既に発行された株式(売出株式)を投資家に取得させることをいいます。
IPO(新規公開株)は、未上場企業が直接金融市場からの資金調達や知名度・信用力の向上を目的として証券取引所に新規上場するために一般投資家に株式を取得してもらう行為であるのに対して、PO(公募・売出)」は既に上場していて証券取引所での株式取引が行われている企業が追加の資金調達や大株主の保有株売却などを目的として一般投資家に株式を取得してもらう行為であり、IPO(新規公開株」と「PO(公募・売出)」の違いを簡単にいえば、実施する企業が「未上場」か「既上場」かの違いといえますね。
PO(公募増資・売出)の場合、予め割引率が提示されてブックビルディングの結果によって割引率が決まります。
その割引率分が相場より安く買えるのです。

PO(公募増資・売り出し)申込みの流れ

PO(公募増資・売り出し)申込みの流れは基本的にIPOと同様にこんな感じでです。

・目論見書を確認する。
・ブックビルディング(需要申告)に参加する。
・購入権利の有無を確認する。
・訂正目論見書を確認し、購入申し込みを行う。
・抽選結果・配分株数を確認する。

PO(公募増資・売り出し)とIPO(新規公開株)との相違点

POとIPOの扱いが少し違う点がありますのでご注意ください。
POの場合は、割引率(ディスカウント率)をブックビルディング時に提示します。
今の株価のナンパ−セント引きなら購入したいかということです。
購入権利の有無は、決定された公募・売出価格の割引率と、ブックビルディング参加時に提示した割引率を比べて判定されます。
つまり、割引率を低めに提示した人ほど買える確率が高いわけです。
もう一つがスケジュールが繰り上げられる事が有る点でしょう。
そのあたりは覚えておかないといけませんね。

PO(公募増資・売り出し)は儲かるのか

PO(公募増資・売り出し)はIPO(新規公開株)ほどは儲かる仕組みではありません。
割引率自体そこまでではありませんしね。
しかし、数%程度は儲かる可能性もあります。

IPOチャレンジポイントキャンペーンのポイント

今回のポイントは挑戦すればIPOチャレンジポイントが付与されるわけではありません。

当選もしくは補欠で購入。もしくは補欠で繰り上げならずの必要があります。

POもIPOほどではありませんが当選がなかなかしずらいケースもあります。

SBI証券ではできるだけたくさんの資金で挑戦すると朝鮮確率があがることを覚えておきましょう

まとめ

SBI証券のIPOチャレンジポイントはかなり価値の高いポイントです。

お宝IPOを当てればそれだけでも百万円近く儲けが出る可能性すらあります。

それだけ集めるのが大変なのですが今回のようなキャンペーンを利用することで効率よく集めることができます。

また、IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

SBI証券の≪お申込はこちら≫

読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブロトピ:今日のブログ更新

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. セゾン投信を真似る
    セゾン投信がiDeCoで買えるのは楽天証券だけ iDeCo(個人型確定拠出年金)は手数…
  2. ideco対ふるさと納税
    お得な制度として有名になってきたふるさと納税、今年から公務員などにも解禁され、こちらもお得な確定拠出…
  3. イオン銀行イデコ
    すごい反響!イオン銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 先日イオン銀行が個人型確定拠出年…
  4. NISAマイナンバー
    NISAでマイナンバーを登録していないと・・・ 日経新聞に注目の記事がありました。 …
  5. イデコ激しい戦い
    イオン銀行の参入で三つ巴に 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ金融機関…
  6. トンチン年金
    長生きに備える保険「トンチン年金」 あまり聞き慣れないかもしれませんが「トンチン年金」(トンチン保…
  7. 選択型確定拠出年金は気をつけよう
    選択制確定拠出年金制度 今回は読者様よりご質問いただいた内容を考えて見たいと思います。 企業…
  8. 大雨被害
    大雨で甚大な被害を受けた市町村へふるさと納税 テレビのニュース等でごらんになったかたも多いと思いま…
ページ上部へ戻る