【ふるさと納税】返礼品の金券をめぐる総務省VS群馬県草津町町長

草津ふるさと納税

群馬県草津町が総務省へ直接抗議。

ふるさと納税の返礼品はこのサイトでも何度もお伝えしていますとおり総務省が規制を行った影響でグレードダウンしているところが増えています。
そんな中、総務省のよくわからない規制に立ち向かう男がいました。
群馬県草津町の黒岩信忠町長です。
なんと総務省に直接乗り込んで抗議をしたのです。
今回はその件を見てみたいと思います。

ちなみにまだ間に合う寄付先は下記に紹介してあります。

抗議の内容

農産物、海産物はおとがめなしで、なぜ金券がターゲットになるのかと総務省課長と論争を繰り広げたとのこと。
しかし、両者譲らず平行線のままおわったそうです。
産経新聞によると黒岩町長は「(金券の採用は)絶対に譲れない」として断固戦う姿勢を示しています。
黒岩町長の主張としてはこうです。
他の自治体が発行している金券と違って群馬県草津町の発行している金券は群馬県草津町でしかつかえない。
100%戻ってくる。温泉が観光の目玉である以上それをうたうのは当然だろ。
といった感じでした。
当然そうですよね。私も、これには大賛成でです。
農業の町は農産品を出せばよいとおもいます。
しかし、工業の町、観光の町はどうでしょう?
今回の総務省が規制した内容だと工業用品や今回のような金券はだめとなっています。
その地域の名産品を返礼品にしたくてもできないのです。
ふるさと納税の本来の趣旨となんか矛盾していますよね。

総務省側の意見

産経新聞によると(金券は)流通性が高いとの回答をくりかえしたそうです。
たしかに換金は他のものよりしやすいかもしれません。
しかし、肉や野菜でも換金しようとすればいくらでもできます。
なんか納得できない説明ですね。・・・

高市総務相の意見

こちらも産経新聞によるとふるさと納税』という税制の枠組みに入っていないもので、それぞれの自治体が工夫している。行き過ぎた競争を放置すれば制度の健全な継続ができなくなるくらいの危機感を持っている
とのコメントしたそうです。
正直この人が関わるとろくなことがありません。
スマートフォンの値段があがってしまったのもこの人のせいです・・・・

問題となっている金券

現在議論されている金券は下記の返礼品です。
今後この議論がどのような展開をみせるかわかりませんがほしい方は早めにもらっておいてもらったほうが吉でしょうね。

くさつ温泉感謝券

ふるさと納税は下記のキャンペーンもお得ですよ。

読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
ふるさと納税ブログランキング
人気ブログランキングへ

ブロトピ:ブログ更新通知

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 積立NISA
    来年2018年から積立NISAなる制度がはじまります。 現状のNISAは2014年からはじまっ…
  2. 仮想通貨取引所比較
    盛り上がる仮想通貨 ビットコインの分裂騒ぎがあったと思えば今度は40万円を突破するなど…
  3. ロボアドバイザー
    ロボアドバイザーに流行の兆し 最近ロボアドバイザーなる投資信託の自動運用システムが流行っています。…
  4. イデハラに悩む女子社員
    蔓延しているiDeCoハラスメント(イデハラ) 先日、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を勧…
  5. 株に勝てない
    株やFXで最終的に勝てる人の割合は1割とよく言われます。(統計データ等はないそうですが)。たしかにB…
  6. セゾン投信を真似る
    セゾン投信がiDeCoで買えるのは楽天証券だけ iDeCo(個人型確定拠出年金)は手数…
  7. SBI証券でイデコオススメ運用商品
    激戦の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 楽天証券が10万円以上の残高で手数料無料にすると発…
  8. ふるさと納税
    先日、ふるさと納税をするだけで返礼品をもらった上でAmazonギフト券を1000円分プレゼントすると…
ページ上部へ戻る