逆イールドカーブとは

【逆イールド】過去の発生を検証してみた。NYダウ大幅下落でトランプ大統領も言及

2019年8月14日の米国株式市場はNYダウが今年最大の下げ幅を記録しました。

そこで注目されるのが「逆イールド」です。

米国のトランプ大統領もツイートで逆イールドに言及していますね。

スプレッドはあまりにも大きく、何も分かっていないパウエル議長とFRBに他国は感謝している。ドイツなど多くの国はゲームに興じている!クレージーな逆イールドカーブ!われわれは簡単に大きな報酬と利益を手に入れるはずなのに、FRBが我々の妨げとなっている。われわれは勝つ!
出典:トランプ ツイッター

今回は逆イールドとはなにかについて見ていきます。

また、過去に逆イールドが発生した際の株価動向なども見ていきましょう。

逆イールドとは

今回大きく、NYダウが下げた大きな理由が逆イールド・カーブ発生に伴う、景気後退懸念だと言われています。

それでは逆イールドとはなにかについて見ていきましょう。

逆イールドとは簡単に言えば短期金利が長期金利を上回った状態のことを指します。

つまり

短期金利>長期金利

の状態のことですね。

ちなみにイールドとはイールドカーブ(利回り曲線)のことです。

ですからトランプ大統領のように逆イールドカーブと言うこともあります。


景気後退のシグナル?

通常、債券を買う際に期間が長ければ長いほど資金の固定されることになりますから、リスクが伴います。そのため金利を高くしないと資金調達できません。

ですから理屈で言えば短期金利よりも長期金利の方が高くて当たり前なのです。

しかし、景気後退が予想される状態だと短期金利よりも市場の影響を受けやすいと言われる長期金利が低下する傾向にあります。

それが短期金利よりも下回ってしまった状態なんですね。

ちょっと異常な状態といえるかもしれません。

つまり、市場関係者が景気後退があると考えている状態である、逆イールドが発生すると一般的に景気後退のシグナルと捉えられているのです。

3月から逆イールドは発生していた

今回話題にあがったのは10年債利回りと2年債利回りで逆イールド現象が起こったことです。

これは2007年以来12年ぶりとのこと。

しかし、実は3ヶ月物利回りと10年物利回りでは今年の3月から逆イールドに突入してたんですよね。

そしてその状態が続いています。。

逆イールドが発生するとどうなる

逆イールドが発生すると一般的に1年から2年で景気後退期に入るケースが多いと言われています。

しかし、逆イールドが発生したからと必ず景気後退するわけではありません

ただ、多くの市場関係者がそう考えているということで株などのリスク資産を処分することが多く下がりやすくなるのです。

過去の逆イールド発生時はどうだったのか?

逆イールドはそれほど頻繁におこる現象ではありません。

それでは過去に起こった逆イールドは本当に景気後退のシグナルとして機能したのでしょうか?

過去に逆イールドになった後の株価で検証してみましょう。


1989年の逆イールド発生時

まずは1989年の逆イールド発生時です。

そこから2年のNYダウ(12月最終営業日)をみてみましょう。

1989年12月:2,753.20
1990年12月:2,633.66
1991年12月:3,168.83

1990年は前年より120ドル近く下げましたね。

しかし、翌年は535ドルも上げると一気に挽回しました。

確かに1990は多少の影響はあったのかもしれませんがそれほど大きな影響はなかったように思われます。

2000年の逆イールド発生時

次はそこから約10年後の2000年の逆イールド発生時です。

そこから2年のNYダウ(12月最終営業日)をみてみましょう。

2000年12月:10,787.99
2001年12月:10,021.57
2002年12月:8341.64

2001年は前年より766ドル近く下げましたね。

さらに翌年には1,679.93ドル下げています。

これはITバブルの崩壊によるものです。

ちょうど逆イールドが発生して2年後に大きく下がる減少となっています。

定説は2000年については当たっていると言えるでしょう。

2007年の逆イールド発生時

次はそこから約7年後の2007年の逆イールド発生時です。

そこから2年のNYダウ(12月最終営業日)をみてみましょう。

2007年12月:13,365.87
2008年12月:8,776.39
2009年12月:10,428.05
2008年には前年より4,589ドル近く下げましたね。
これはリーマンショックによるものです。
リーマンショックは2008年9月に発生(リーマン・ブラザーズが破綻)していますからちょうどドンぴしゃですね。

翌年は盛り返して1,6521ドル近くの上げとなっています。

こちらも逆イールドが発生して1年後に大きく下がる減少となっています。

こちらも定説どうりとなっています。

米国の経済の強さがわかる

今回、逆イールドカーブのデータを分析していてつくづく感じたことがあります。

それは米国経済の強さです。

米国ってITバブルの崩壊、リーマンショックとこのような大きな下げを記録しても最終的には最高値を更新しているんですよ。

恐ろしい国ですね。

例えば今みてきた番最初のデータである1989年12月はNYダウが2,753.20ドルでした。

それが2019年では27,000ドル代までいきましたからね。

30年で10倍です。

長期的に見ればそれほど気にする必要もないのかもしれません。

米国株に投資をするならこの記事を御覧ください。

関連記事

日本でもSBI証券、マネックス証券、楽天証券による米国株式最低手数料の値下げ合戦が繰り広げられるなどアメリカへ投資する環境がかなり整ってきました。そのため、日本でもアメリカの会社の株やアメリカの証券取引所に上場するETFに投資する人[…]

アメリカ株へ投資するならこの証券会社

まとめ

今回は「NYダウ大幅下落でトランプ大統領も言及【逆イールド】。過去の発生を検証してみた」と題して逆イールドについてみてきました。

過去3回中2回は大きな下げとなっています。

今回もどうなるのかはわかりませんが、ちょっと警戒しておく必要があるかもしれませんね。

また、今回の逆イールドと同じように暴落の可能性をチェックする指標はいくつかあります。

バフェット指数やシラーPERです。

逆イールドと同じくこちらもチェックしておきたいですね。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

関連記事

株式相場は昨年末にリーマンショック級というほどではありませんでしたがそれなりの規模の暴落がありました。今後の相場がどうなるのかは予想は難しいですが、押さえておかなければいけない事実があります。それは大きな括りでみると10年単[…]

バフェット指数

また、偶然だとは思いますが、こんな話もありますからね・・・

関連記事

投資の世界には様々なアノマリーがあります。「投資のアノマリー」とは理論や理屈では説明できない経験的に観測できるマーケットの規則性のことを指します。このサイトでもいろいろ紹介させてもらいました。社長がドヤ顔で腕組みして[…]

タピオカと株価の関係

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

逆イールドカーブとは
最新情報をチェックしよう!