SBI証券が国内株式手数料を大幅値下げ(無料化)楽天証券も対抗!!

SBI証券対楽天証券

SBI証券が株式手数料大幅値下げ

SBI証券がまたまた値下げの発表です。

SBI証券はほんとうに攻めますね。

今回はこの値下げについて見てみたいと思います。

株式手数料値下げの内容

適用日:2017年9月4日約定分から

対象顧客:インターネットコースのお客様

対象プラン:アクティブプラン(1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まるプラン)

現物・信用取引ともに1日の約定代金合計額が〜10万円ならば手数料が0円となりました。

1日の約定代金が10万円ですからかなり小さな取引しかできませんが・・・

0円はうれしいですね。

松井証券はもともと10万円まで0円でしたからそれに合わせてきた感じです。

10万円超えからはSBI証券の方がもともとやすかったので変更はなしです。

なんと楽天証券も対抗措置

SBI証券の発表後すぐに楽天証券も対抗してきました。

一時期のドコモやauに対抗するソフトバンクみたいですごいですね。

楽天証券の対抗措置内容

一日定額コースの手数料を値下げ

10万円まで0円
20万円まで191円(206円)/日
30万円まで286円(308円)/日

これはSBI証券と全く同じ金額で完全に対応してきましたね。

2017年9月1日約定分からとSBI証券より少し早いのも対抗の現れかもしれません。

先日もiDeCoの手数料をSBI証券が無条件無料にしたと思ったら楽天証券も即座に対応してきました。

このようなライバル関係があることで切磋琢磨してくれることは使う側からしたらありがたいことです。

読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 確定拠出年金運用商品ランキング
    個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)で人気の運用商品は? 先日読者様から質問メールが有りました…
  2. idecoは買い
    前回の私のNISA戦略に続いて今回は私のiDeCo(個人型拠出年金)戦略をお話したいと思います。 …
  3. セゾン投信を真似る
    セゾン投信がiDeCoで買えるのは楽天証券だけ iDeCo(個人型確定拠出年金)は手数…
  4. 20代でイデコに入る
    年代ごとに違う個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ iDeCoはこのペー…
  5. ふるさと納税
    先日、ふるさと納税をするだけで返礼品をもらった上でAmazonギフト券を1000円分プレゼントすると…
  6. ゆうちょ銀行イデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に力をいれはじめたゆうちょ銀行 最近、新たな運用商品を追加…
  7. 自営業者フリーランスの老後対策
    自営業者・フリーランスは自分で老後対策が必要 自営業者(個人事業主)やフリーランスは自…
  8. ideco積み立て額
    iDeCo(個人型確定拠出年金)っていくら積み立てれば良いのか? これはiDeCoを始…
ページ上部へ戻る