SBI証券が国内株式手数料を大幅値下げ(無料化)楽天証券も対抗!!

SBI証券対楽天証券

SBI証券が株式手数料大幅値下げ

SBI証券がまたまた値下げの発表です。

SBI証券はほんとうに攻めますね。

今回はこの値下げについて見てみたいと思います。

株式手数料値下げの内容

適用日:2017年9月4日約定分から

対象顧客:インターネットコースのお客様

対象プラン:アクティブプラン(1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まるプラン)

現物・信用取引ともに1日の約定代金合計額が〜10万円ならば手数料が0円となりました。

1日の約定代金が10万円ですからかなり小さな取引しかできませんが・・・

0円はうれしいですね。

松井証券はもともと10万円まで0円でしたからそれに合わせてきた感じです。

10万円超えからはSBI証券の方がもともとやすかったので変更はなしです。

なんと楽天証券も対抗措置

SBI証券の発表後すぐに楽天証券も対抗してきました。

一時期のドコモやauに対抗するソフトバンクみたいですごいですね。

楽天証券の対抗措置内容

一日定額コースの手数料を値下げ

10万円まで0円
20万円まで191円(206円)/日
30万円まで286円(308円)/日

これはSBI証券と全く同じ金額で完全に対応してきましたね。

2017年9月1日約定分からとSBI証券より少し早いのも対抗の現れかもしれません。

先日もiDeCoの手数料をSBI証券が無条件無料にしたと思ったら楽天証券も即座に対応してきました。

このようなライバル関係があることで切磋琢磨してくれることは使う側からしたらありがたいことです。

読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. ロボアドバイザー
    ロボアドバイザーに流行の兆し 最近ロボアドバイザーなる投資信託の自動運用システムが流行っています。…
  2. 投資と投機、ギャンブルの違い
    投資と投機の違いを理解しよう 株式投資と仮想通貨売買。 どちらもあまり関わりのな…
  3. 企業型確定拠出年金の放置は大損
    退職、転職後に企業型確定拠出年金を放置しているのが40万人以上 確定拠出年金はこのサイトでも何度も…
  4. 大暴落
    先日大暴騰していると書いた仮想通貨ビットコインが今度は大暴落です。 最近仮想通貨の事ばかり書い…
  5. SGホールディングス(佐川急便)TOPIX組み入れ
    本年最大の上場のSGホールディングス。TOPIX組み入れはいつ? 12月13日に本年最…
  6. お釣り投資トラノコ
    評判のお釣り投資アプリ【トラノコ】 今年の6月からはじまった【トラノコ】というおつり投資アプリの評…
  7. テクニカル分析
    株式投資の銘柄選びの方法としてよくファンダメンタルズとテクニカル分析が挙げられます。今回はこのどちら…
  8. りそな銀行イデコはなかなかよい
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にも力をいれているりそな銀行 りそな銀行は銀行の中ではみず…
ページ上部へ戻る