SBI証券が国内株式手数料を大幅値下げ(無料化)楽天証券も対抗!!

SBI証券対楽天証券

SBI証券が株式手数料大幅値下げ

SBI証券がまたまた値下げの発表です。

SBI証券はほんとうに攻めますね。

今回はこの値下げについて見てみたいと思います。

株式手数料値下げの内容

適用日:2017年9月4日約定分から

対象顧客:インターネットコースのお客様

対象プラン:アクティブプラン(1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まるプラン)

現物・信用取引ともに1日の約定代金合計額が〜10万円ならば手数料が0円となりました。

1日の約定代金が10万円ですからかなり小さな取引しかできませんが・・・

0円はうれしいですね。

松井証券はもともと10万円まで0円でしたからそれに合わせてきた感じです。

10万円超えからはSBI証券の方がもともとやすかったので変更はなしです。

なんと楽天証券も対抗措置

SBI証券の発表後すぐに楽天証券も対抗してきました。

一時期のドコモやauに対抗するソフトバンクみたいですごいですね。

楽天証券の対抗措置内容

一日定額コースの手数料を値下げ

10万円まで0円
20万円まで191円(206円)/日
30万円まで286円(308円)/日

これはSBI証券と全く同じ金額で完全に対応してきましたね。

2017年9月1日約定分からとSBI証券より少し早いのも対抗の現れかもしれません。

先日もiDeCoの手数料をSBI証券が無条件無料にしたと思ったら楽天証券も即座に対応してきました。

このようなライバル関係があることで切磋琢磨してくれることは使う側からしたらありがたいことです。

読んで頂きありがとうございます、

参考になった方はぜひポチッとな。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 株価晴れる
    確定拠出年金(iDeCo)とは、毎月決まった金額を積み立てることで老後の生活に備えるための公的な制度…
  2. 残念な三菱東京UFJ銀行のイデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にはそれほど・・・ 三菱東京UFJ銀行は日本最大の銀行です…
  3. イデハラに悩む女子社員
    蔓延しているiDeCoハラスメント(イデハラ) 先日、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を勧…
  4. 確定拠出年金の伸び
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の7月までの加入者推移 個人型確定拠出年金(iDeCo/イ…
  5. iDeCO加入しないほうが良い場合
    iDeCo(個人型確定拠出年金)はかなりお得な制度ですので加入者がすごい勢いで伸びています。また、い…
  6. イデコの現状
    iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度の概況29年3月末現在 個人型確定拠出年金(iD…
  7. 旅工房の分析
    4月18日に新規上場します旅工房の財務分析を行ってみたいと思います。 旅行業では最近てるみくら…
  8. つなぎ売り
    最近では月曜から夜更かしで話題の桐谷さんが登場したこともありかなり一般的になった株主優待。桐谷さんは…
ページ上部へ戻る