私ならこれを選ぶりそな銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)おすすめ配分。運用商品を比較してみた

りそな銀行イデコはなかなかよい

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にも力をいれているりそな銀行

りそな銀行は銀行の中ではみずほ銀行とならんで個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に結構力をいれているようです。
今回はそんなりそな銀行で個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始める場合、どの運用商品をどのように選ぶのかを考えて見たいと思います。
もちろん投資は自己責任なのでどこに投資するのはご自身でよく考えてくださいね。
私の選んだ運用商品で損がでたとしても保証はいたしかねます。

りそな銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運用商品

まずはりそな銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)運用商品を見てみましょう。

その中でも中心となるインデックスファンドからです。

インデックスファンドは結構充実しています。

国内株式、国内債券、海外株式、海外債権、新興国株式、新興国債権、海外リートの7カテゴリー,9種類を揃えています。

インデックスファンドの運用商品は結構揃えている感じですね。

唯一残念なのが国内REITのインデックスファンドががないことです。

また、信託報酬も安いものを揃えており、インデックスファンドについては他社と比較しても遜色ありません。

SBI証券あたりと比べると新興国株式の信託報酬は少し高めかな。

楽天証券と比べると同じくらいとなっています。

カテゴリー 商品名 信託報酬
国内株式 りそなDC信託のチカラ日本の株式インデックスファンド 0.18%
国内株式 トピックス・インデックス・オープン(確定拠出年金向け) 0.57%
国内債権 りそなDC信託のチカラ日本の債券インデックスファンド 0.15%
国内債権 ダイワ投信倶楽部日本債券インデックス 0.45%
先進国株式 DCダイワ外国株式インデックス 0.25%
先進国債権 DCダイワ外国債券インデックス 0.23%
新興国株式 野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け) 0.56%
新興国債権 DCダイワ新興国債券インデックスファンド 0.52%
海外REIT 野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け) 0.53%

つぎにバランス型やアクティブ型です。

まず、バランスファンドはダイワ・ライフ・バランスシリーズが信託報酬が安くオススメできます。

また、ターゲットイヤーのりそなDC信託のチカラターゲットイヤーシリーズも信託報酬が安いですね。

バランス型も予想以上に充実している印象です。

あとのバランス型、アクティブ型はちょっと信託報酬が高めですね。

国内REITはアクティブで用意されています。

また、選択肢の数の面では充実していますね。

これがインデックスファンドだったら文句ありませんでした・・・

バランス型 ダイワ・ライフ・バランス30 0.18%
バランス型 ダイワ・ライフ・バランス50 0.2%
バランス型 ダイワ・ライフ・バランス70 0.22%
バランス型 りそなDC信託のチカラターゲットイヤー2030年 0.42%
バランス型 りそなDC信託のチカラターゲットイヤー2040年 0.42%
バランス型 りそなDC信託のチカラターゲットイヤー2050年 0.42%
バランス型 PRUグッドライフ2020(年金) 0.78%
バランス型 PRUグッドライフ2030(年金) 0.78%
バランス型 PRUグッドライフ2040(年金) 0.78%
バランス型 PRUグッドライフ2050(年金) 0.78%
バランス型 DCダイナミック・アロケーション・ファンド(DC 攻守のチカラ) 1.00%
バランス型 DCダイワ・ワールドアセット(六つの羽 /6分散コース) 1.05%
国内株式アクティブ りそなDC信託のチカラ 国内株式+(プラス) 0.90%
国内株式アクティブ シュローダー年金運用ファンド日本株式 1.48%
国内株式アクティブ DC・ダイワ・バリュー株・オープン(愛称:DC 底力) 1.52%
国内株式アクティブ ラッセル・インベストメント日本株式ファンド(DC向け) 1.55%
海外株式アクティブ ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け) 1.35%
海外株式アクティブ フィデリティ・グローバル・ファンド 1.73%
国内債券アクティブ DCダイワ物価連動国債ファンド 0.4%
国内債券アクティブ シュローダー年金運用ファンド日本債券 0.59%
先進国債券アクティブ 海外高格付け債ファンドBコース(為替ヘッジなし) 1.25%
国内REITアクティブ 野村 J-REIT ファンド(確定拠出年金向け) 0.95%



私ならこれを選ぶ運用商品。リスク高めを許容できる人

iDeCoにかぎらずリスクを高めればそれだけリターンの金額もあがると予想されます。
つまり、ハイリスクハイリターンを考える方です。

リスクを取る場合私ならこういう運用商品を選択します。

りそな銀行イデコアセットアロケーション

国内株式:10% りそなDC信託のチカラ日本の株式インデックスファンド
先進国株式:60% DCダイワ外国株式インデックス
新興国株式:30% 野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)

 

りそな銀行は信託報酬の安い運用商品が多いため、このパターンを選ぶと他と遜色ない運用商品となります。

これは世界経済インデックスファンドのアセットアロケーションとほぼ同じ比率となっています。

もう少し新興国株式の比率を下げて先進国株式や国内株式を増やすのもお好みに応じてよいかもしれませんね。

私ならこれを選ぶ運用商品。リスク低めにしか許容できない人

次にリスクをあまり取りたくない場合は私ならこうします。

多少比率は違いますがセゾンのバンガードグローバルバランスを意識した構成となっています。

半分がリスク資産、半分が債権を中心としたリスク低めの資産としています。

お好みでREITを入れたりしても面白いかもしれませんね。

りそな銀行イデコリスク低めアセットアロケーション

国内株式:10% りそなDC信託のチカラ日本の株式インデックスファンド
先進国株式:30% DCダイワ外国株式インデックス
新興国株式:10% 野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)
国内債券:10% りそなDC信託のチカラ日本の債券インデックスファンド
先進国債権:30% DCダイワ外国債券インデックス
新興国債権:10% DCダイワ新興国債券インデックスファンド

また、バランス型を使う方法もあります。

りそな銀行ではバランス型も信託報酬が安いのがあります。

ダイワ・ライフ・バランスシリーズやりそなDC信託のチカラターゲットイヤーシリーズですね。

この2つのシリーズならば信託報酬が安めでオススメできます。

ダイワ・ライフ・バランスシリーズの30,50,70はどう違うかというと株式の比率です。

30は株式が3割、50は株式5割、70は株式7割となっています。

りそなDC信託のチカラターゲットイヤーシリーズの年号はそのくらいの年に60歳になるってことです。

例えば2030なら2030の満期に向けて運用していくということです。

若い頃はリスク高め、60歳が近くなるとリスクを低めにする運用となります。

まとめ

今回は私がりそな銀行でiDeCoをはじめるならこの運用商品を選択するという記事でした。

りそな銀行は今見てきたように運用商品に関しては他の証券会社や銀行とくらべても結構よい方です。

現在2年間は運営管理機関手数料が無条件で0円となっていますが、この期限さえなくせば後述する3つの金融機関に十二分に対抗できます。

今後に期待したいところですね。

iDeCoの場合は長期投資となります。

運用に関係なく信託報酬、手数料は掛かってきますので少しでも信託報酬、手数料がやすいところを選択するのがセオリーとなります。

現状ならば下記の3つの証券会社、銀行の中から選択するのがよいかと思います。
それぞれ特徴がありますので比較検討してみるのをおすすめします。

SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金

また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。




私がSBI証券、イオン銀行、楽天証券、ニッセイ、みずほ銀行、ゆうちょ銀行でiDeCoをはじめるならこの運用商品を選ぶはこちらからどうぞ






読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 年金受給額
    個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)にいくら掛けるか問題 個人型確定拠出年金(iD…
  2. 確定拠出年金の伸び
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の7月までの加入者推移 個人型確定拠出年金(iDeCo/イ…
  3. 投資戦略
    私のNISA戦略についてお話をしてみたいと思います。下記のブログにも書きましたがほとんどの人が株やF…
  4. ふるさと納税グルメポイント
    冷蔵庫、冷凍庫を圧迫するふるさと納税の返礼品 ふるさと納税は市町村に寄附をするとそのかわりに住民税…
  5. マッチング拠出する女
    企業型確定拠出年金のもう一つのパターン【マッチング拠出】 昨日のブログでご紹介した選択…
  6. ideco読んでおきたい本
    iDeCo(個人型確定拠出年金)は何度かブログで紹介しておりますが大変お得な制度です。 しかし、全…
  7. アセンテック
    4月25日に新規上場しますアセンテックの財務分析を行ってみたいと思います。 アセンテックは私も…
  8. 100円投資信託
    100円投資信託の使い方 SBI証券、楽天証券、松井証券、岡三オンライン証券、マネック…
ページ上部へ戻る