1円で1年間無料で使える楽天モバイルの「Rakuten Mini」が届いたのでレビュー。

先日、本サイト「お金に生きる」でもご紹介して大きな反響のあった楽天モバイルの壮絶なキャンペーン。

楽天モバイルオリジナルの人気スマートフォン「Rakuten Mini」を一括1円で販売

さらに先着300万名対象の容量無制限プランが「1年無料」というキャンペーン。

注文が殺到するなど大きな騒ぎとなっています。

実際に私も注文して届きました。

結論から言えばまだRakuten UN-LIMITの通信エリアにも入っていない地区でも

意外と使える
のです。
今回は「Rakuten Mini」が届いたので節約という観点を中心レビューをしていきます。

Rakuten UN-LIMITを申し込むとRakuten Miniが1円キャンペーン

まずは今回の話の前提となる1円キャンペーンを復習しておきましょう。

以下の条件を満たすとRakuten Mini本体代が1円となります。

キャンペーン期間中に、「Rakuten UN-LIMIT」を以下いずれかの方法でお申し込み、Rakuten Miniをご購入
-「Rakuten UN-LIMIT」に新規お申し込み
-「Rakuten UN-LIMIT」に他社から乗り換え(MNP)でお申し込み
-「Rakuten UN-LIMIT」に楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行お申し込み

なお、「Rakuten UN-LIMIT」と「Rakuten Mini」のセットでの申込みが必須ですのでお気をつけください。

また、SIMを「eSIM」で選択しておく必要があります。

どうやらこの2点でミスってしまった人が多発したようで楽天モバイルのサービスはパンク状態で電話がつながらない状況のようです。

そうならないようにお気をつけください。(現在の申込みページはミスをしにくい作りに変えたようです)

キャンペーンの詳細についてはこちらの記事を合わせて御覧ください。

Rakuten Miniが1円キャンペーン参加方法

今回の「Rakuten Miniが一括1円」のキャンペーンはWEBもしくはショップで申し込みが可能です。

ただし、WEBで申し込むとオンライン契約で3,000ポイント還元されますので、WEB申し込みがおすすめですね。

つまり、WEBで申し込めば1円で端末が買えた上に、1年容量無制限プランが無料でさらに3,000円もらえるという超大盤振る舞いなのです。

WEBの場合は以下から申し込みページに飛べます。

リスクはないの??

あまりに1円で端末がもらえて、事務手数料もあとでポイント還元、さらに容量無制限プランが「1年無料」、オンライン契約なら3,000ポイント還元とトンデモないキャンペーンですからなにか裏があるのでは??と心配になる方も多いようです。

私のもとにも何件かご質問がありました。

結論を言えば

リスクはありません

キャリアでの契約で当たり前にあるSIMロック(他のSIMが使えない)や最低利用期間、また契約を解除するときにかかる解除料などすべてなしとなっています。

つまり、使いたいときだけ使えるのです。

ですから今回のキャンペーンで1円で端末ゲットして、1年間無料ですからその間に使い勝手や利用範囲等に問題があれば解約すれば持ち出しがなく試せるということになりますね。

ただ、私の場合にはまだRakuten UN-LIMITの通信エリアにも入っていない地区でしたので、つながらないリスクを考えてMNPでのメイン端末からの乗り換えではなく新規契約としています。

Rakuten UN-LIMITについて詳しくはこちらの記事を御覧ください。

キャンペーン参加してから使えるようになるまでの流れ

それでは私が実際にRakuten Miniが1円になるキャンペーンに参加してから使えるようになるまでの流れを見ていきましょう。

「Rakuten Mini」が届くまでの期間

まず、届くまでの期間が早かったです。

私が注文したの5月30日。

注文が殺到していたようで「Rakuten Mini」が到着するまで2週間〜3週間掛かるとの記述がありました。

しかし、実際に届いたのは6月2日。

約3日です。

予想よりもかなり早くに届きましたね。

ただし、注文が殺到しているのは確かなようで注文タイミングや色によっても届くまでの期間は変わってくると思われます。

ちなみに私は黒を選択しました。

正確には色を選択するのを忘れて初期設定の黒で注文してしまったのですが(笑)

届いてからの設定

届いてからの設定はそれほど難しくありません。

開封から20分程度ですべて終わったと思います。

大まかな流れとしては以下のとおりです。

●Rakuten MiniをWi-Fiに接続
●付属のQRコードを使って楽天回線の開通手続き
●Rakuten Linkの設定
簡単なマニュアルがついており、そのとおりにやるだけですので戸惑うことは少ないと思われます。

Rakuten Linkの設定をしなくても利用はできますが、オンライン契約の3,000ポイント、事務手数料3,300円のポイント還元の条件が開通日の翌月末までに「Rakuten Link」の初回アクティベーション(利用登録後SMS認証が完了)を実施することとなっていますので忘れずにやっておきましょう。

ちなみに購入前はRakuten UN-LIMITエリア内しかできないと思っていた「Rakuten Link」の初回アクティベーションですがエリア外でも問題なくできました。SMSも届きましたね。

※付属のQRコードは後述するiPhoneの副回線化する裏技をするときなどに使えますので捨てずに取っておくのがおすすめ

実際に利用してみての感想

それでは私が実際にRakuten Mini及びRakuten UN-LIMITを使った感想を見ていきます。

「Rakuten Mini」の使用感

まず「Rakuten Mini」をはじめてみた感想はこれです。

小さい!!軽い!!

もともと小さいというのは聞いていましたが想像以上でした。

メインで使っているiPhoneXSと比較すると3分の2ないくらいでしょうかね。

楽天MINIサイズ
iPhoneXSとRakuten Mini比較

重さもかなり軽いです。

テザリングなどもできますし、軽くて持ち運びに便利ですからサブ機としてはかなり優秀ですね。

ただし、デメリットもいくつかありました。

バッテリーの減り

まずはバッテリーです。

小さいということはそれだけバッテリーも小さいんでしょうね。

iPhoneと比較してもかなり減りが早いです。

ただし、私が「Rakuten Mini」の想定している使い方は2台持ちのサブ機です。

「Rakuten Mini」を実際に触ることは少ないですからこれくらいのバッテリーサイズでもそれほど問題にはならないと思われます。

「Rakuten Mini」をメイン端末として利用するとなるとモバイルバッテリー等を用意しておくなどの対策が必要かもしれませんね。

画面がサイズと解像度

また、メインのiPhoneと比較すると画面の粗さが目立ちましたね。

また、「Rakuten Mini」は小さいですから、当然画面も小さいです。

どうしてもiPhoneの大画面に慣れていると厳しいですね。

あまりスマホをいじらない人には良いのでしょうが、たくさん使う方にはちょっと厳しい画面サイズかもしれませんね。

慣れもあるでしょうが。

Rakuten UN-LIMITの使用感

次に回線の感想です。

Rakuten UN-LIMITのエリア内、外両方ためしてみました。

どちらも大きな問題はありませんでしたね。

エリア外でも特に遅いと感じることはありませんでした。

もともと旧楽天モバイル使っているのもあると思いますけどね(笑)

あとはランチタイムなどネットが混雑する時間帯にどうなるかでしょうね。

まだまだ狭いですがRakuten UN-LIMITの通信エリアなら完全使い放題。エリア外もauのネットワークでデータの利用上限は5GB(超過した場合は速度1Mbpsまででデータ使い放題)が1年間無料、その後も2,980円という価格を考えると充分でしょう。

ちなみに旧楽天モバイルも超過したら速度1Mbpsでしたので何度も経験していますが、大抵のことはできてしまうのでそれだけあれば問題ないんですよ。

むしろ速度1Mbpsで低料金プランがほしいくらいです。

通話は要改善

通話はRakuten UN-LIMITの通信エリアのみ「Rakuten Link」という専用アプリを使うと国内通話かけ放題となります。

ですからそのエリアに入るならばRakuten UN-LIMITをメインとして利用しても全然問題ないですね。

ただし、実際に「Rakuten Link」を利用した通話はなんかこもった感じでした。LINE通話をしているときのような・・・

もう少し要改善かな。

また、現状はエリア外での電話が有料で無料部分もありませんので自宅がRakuten UN-LIMIT圏外ではメインにできませんね。

iPhoneの副回線化する方法も

ちなみに裏技的な話もあります。

「Rakuten Mini」は楽天モバイルの端末ラインナップの中で唯一eSIM対応となっています。

今回の1円キャンペーンもeSIMで申し込むことが条件となっていますよね。

実はeSIMを使うことで楽天回線をiPhoneで副回線として利用が可能なのです。

つまり、iPhoneに2つのSIM(回線)を入れることが出来るのです。

eSIMとはスマートフォンに内蔵された本体一体型のSIMのことで物理SIMと違い機種入れ替えが容易なんですよ。

iPhoneならXR以降のiPhone XR / XS / XS Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / SE2がeSIM対応しています。

上記機種は通常のSIMとeSIMの2つが備わったタイプなんですね。

そのため通常SIMに他の電話会社のSIM、eSIMにRakuten UN-LIMITのSIMをセットすれば副回線として楽天モバイルを利用することも出来るようになります。

これなら現状の通信範囲があまり広くないというデメリットもカバーしつつ、回線エリアなら使い放題というメリットを享受する利用が可能となります。

iPhoneは楽天モバイルが正式に対応したものではありませんので自己責任ですがこの使い方もアリですね。

Rakuten Mini以外の端末も

なお、Rakuten Mini以外の端末は1円キャンペーンの対象にはなっていませんが、最大15,000円還元キャンペーンが実施されています。

15,000円還元対象端末は(Galaxy A7、Xperia Are、Galaxy S10の3機種)です。

例えば一番安価のGalaxy A7だと一括17,000円ですから15,000円の還元を受ければ実質2,000円とかなり安く購入することができますね。

Rakuten Miniは嫌だな・・・って方はこちらの選択もありでしょう。

また、最大15,000円還元キャンペーンは紹介ポイントの対象となっています。
ですからRakuten Mini以外の端末でしたら注文時に紹介IDをいれることで2000ポイントさらに獲得が可能です。
つまり、15,000円還元+2,000円還元でGalaxy A7なら「Rakuten Mini」とほぼ同様の価格とすることができます。
紹介IDがない方は私の紹介IDをご利用くださいね。
注文時に紹介IDを入力する欄に下記をいれると2,000ポイント還元されます。
紹介特典ご利用時入力楽天モバイルID:MwcKw6dd6Lzp
ただし、「Rakuten Miniが一括1円」キャンペーンは紹介ポイント使えませんのでお気をつけください。

まとめ

今回は「1円で1年間無料で使える楽天モバイルの「Rakuten Mini」が届いたのでレビュー。」と題して楽天モバイルが実施している「Rakuten Miniが一括1円」キャンペーンをご紹介しました。

1円で端末ゲットして、1年間無料ですからその間に使い勝手や利用範囲等に問題があれば解約すれば持ち出しがなく試せるということですからやらない手はありませんね。

なお、今回のキャンペーンは端末の在庫限りであること、1年間無料も先着300万名対象ですから早めに申し込むのがおすすめです。

実際に使ってみて予想以上によいキャンペーンでした。

Rakuten UN-LIMITは通信エリアが広がってくれて、iPhoneが利用できるようになればメインとして選択肢に入ってきますね。

なにより1年無料が終わっても2,980円で使い放題なのは魅力です。

楽天モバイル
4.5

楽天モバイルは節約志向の方にはぜひおすすめしたいキャリアでありプランですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

1円で1年間無料で使える 「Rakuten Mini」レビュー。
最新情報をチェックしよう!