Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • つみたてNISA
  • つみたてNISAは少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です
つみたてNISAに決めました

SBI証券でつみたてNISAを申し込みました

現行NISAかつみたてNISAか

現行のNISAにするのかつみたてNISAにするのか本当に悩みましたが来年はつみたてNISAにすることにしました。

今回はこの件を見ていきたいと思います。

つみたてNISAを選んだ理由

とても悩みましたが最終的にはつみたてNISAを選択しました。

私が選択した理由を見ていきましょう。

現状のNISAの使い方

まず、いま現状のNISAの使い方です。

まず、海外ETFを定期的になっています。

もう一つが一部投資信託を買っています。

最後はIPOが当たって時に株式を買っています。

これで今年はほぼ満額を使い切れています。

私の現行NISAの使い方は下記をご欄ください

来年想定されること

来年想定されることとしてはIPOが当たらないだろうってことがあります。

NISAはSBI証券を使っていますがSBI証券のIPOポイントは使ってしまっており当選が見込みにくいです。

普通の株の売買に使ってもいいのでしょうがNISAの特徴として利益は非課税ですが

マイナスとなったとき他の利益と相殺できません。

そのため確実に利益がでるような銘柄しか買いにくいという点があります。

現在、海外ETFで買っているのは月に3万円程度ですからちょうどつみたてNISAと一緒でしたし

海外ETFはひかれますがつみたてNISAにすることにしました。


つみたてNISAにしたポイント

つまり、来年はIPOが当たることは想定しにくい

株は利益が確実でないのでNISAで買わない。

そのため120万円の枠があまるだろう・・・

現状は海外ETFを買っているが楽天バンガードシリーズが登場するなど今後投資信託もそれなりの環境になりそう。

これらを勘案すると20年という長い期間非課税のつみたてNISAの方が正解な気がしてきました。

それで申し込むことにしたのです。

SBI証券にしたポイント

SBI証券にしたポイントは下記のように商品数が圧倒的に多いことがまずあります。

もう一つが下記のように様々な掛け方ができることが大きいです。

現在買っている投資信託も毎日購入に変更しましたがかなりいいです。

時間的分散もできることになりますしね。

これ個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)も対応してくれないかな・・・

申し込みして結構すぐに書類が送らてきました。

サインして送り返すだけの簡単な申込みでしたね。

(今年のNISAもSBI証券だからでしょうが)

つみたてNISAで購入する商品は

つみたてNISAで購入する商品はまだ決めてはいませんが下記のどれかの商品にしたいと思います。

有力は
野村つみたて外国株投信
楽天・全世界株式インデックスファンド
かな。

アメリカ株は個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)でダウ結構買ってますしね。

もう少し悩みたいと思いますが・・・

まとめ

今回は来年はつみたてNISAを使うことに決めたお話でした。

つみたてNISAと現行NISAの詳しい比較は下記を御覧ください。

SBI証券のお申込みは下記からどうぞ。

私の記事が参考になった方はポチッとな

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。