SBI証券でつみたてNISAを申し込みました

つみたてNISAに決めました

現行NISAかつみたてNISAか

現行のNISAにするのかつみたてNISAにするのか本当に悩みましたが来年はつみたてNISAにすることにしました。

今回はこの件を見ていきたいと思います。

つみたてNISAを選んだ理由

とても悩みましたが最終的にはつみたてNISAを選択しました。

私が選択した理由を見ていきましょう。

現状のNISAの使い方

まず、いま現状のNISAの使い方です。

まず、海外ETFを定期的になっています。

もう一つが一部投資信託を買っています。

最後はIPOが当たって時に株式を買っています。

これで今年はほぼ満額を使い切れています。

私の現行NISAの使い方は下記をご欄ください

来年想定されること

来年想定されることとしてはIPOが当たらないだろうってことがあります。

NISAはSBI証券を使っていますがSBI証券のIPOポイントは使ってしまっており当選が見込みにくいです。

普通の株の売買に使ってもいいのでしょうがNISAの特徴として利益は非課税ですが

マイナスとなったとき他の利益と相殺できません。

そのため確実に利益がでるような銘柄しか買いにくいという点があります。

現在、海外ETFで買っているのは月に3万円程度ですからちょうどつみたてNISAと一緒でしたし

海外ETFはひかれますがつみたてNISAにすることにしました。


つみたてNISAにしたポイント

つまり、来年はIPOが当たることは想定しにくい

株は利益が確実でないのでNISAで買わない。

そのため120万円の枠があまるだろう・・・

現状は海外ETFを買っているが楽天バンガードシリーズが登場するなど今後投資信託もそれなりの環境になりそう。

これらを勘案すると20年という長い期間非課税のつみたてNISAの方が正解な気がしてきました。

それで申し込むことにしたのです。

SBI証券にしたポイント

SBI証券にしたポイントは下記のように商品数が圧倒的に多いことがまずあります。

もう一つが下記のように様々な掛け方ができることが大きいです。

現在買っている投資信託も毎日購入に変更しましたがかなりいいです。

時間的分散もできることになりますしね。

これ個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)も対応してくれないかな・・・

申し込みして結構すぐに書類が送らてきました。

サインして送り返すだけの簡単な申込みでしたね。

(今年のNISAもSBI証券だからでしょうが)

つみたてNISAで購入する商品は

つみたてNISAで購入する商品はまだ決めてはいませんが下記のどれかの商品にしたいと思います。

有力は
野村つみたて外国株投信
楽天・全世界株式インデックスファンド
かな。

アメリカ株は個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)でダウ結構買ってますしね。

もう少し悩みたいと思いますが・・・

まとめ

今回は来年はつみたてNISAを使うことに決めたお話でした。

つみたてNISAと現行NISAの詳しい比較は下記を御覧ください。

SBI証券のお申込みは下記からどうぞ。

私の記事が参考になった方はポチッとな

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. マッチング拠出する女
    企業型確定拠出年金のもう一つのパターン【マッチング拠出】 昨日のブログでご紹介した選択…
  2. テクニカル分析
    IPO投資は素人でもかなりの確率で勝てる勝負です。 IPO投資とは新規に上場する株を抽選やブッ…
  3. アセンテック
    4月25日に新規上場しますアセンテックの財務分析を行ってみたいと思います。 アセンテックは私も…
  4. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
    楽天よりおもしろいインデックスファンドが発表されました 楽天投信信託顧問が2017年9…
  5. ふるさと納税グルメポイント
    冷蔵庫、冷凍庫を圧迫するふるさと納税の返礼品 ふるさと納税は市町村に寄附をするとそのかわりに住民税…
  6. 自営業者、フリーランス必見。iDeCoの隠されたメリット 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)…
  7. 家計簿ソフト
    家計簿アプリ「マネーフォワード」は便利 「マネーフォワード」なる家計簿アプリを使い始め…
  8. ラチェット効果
    お金を増やす方法は2つある お金を増やすための方法は大きくわけて2つあります。 それは収入を…
ページ上部へ戻る