【ジーニー】新規上場株式(IPO)財務分析

ジーニーが12月18日上場


12月18日に東証マザーズに新規上場するジーニーの財務分析をしてみたいと思います。

ジーニー上場する週はジーニー歯愛メディカルすららネット森六ホールディングスオプトランプレミアグループミダック合計8社上場します。

その前の週もSGホールディングスやカチタス、アルヒなど大きいところを含めて10社新規上場とかなり集中しています。

そのため資金が分散する可能性がありますね。

なお、財務分析は目論見書で掲載されている直近2年によります。

関連記事

ジーニーが12月18日に上場決定またまたIPOの新情報(上場承認)が出ました。ジーニーです。12月18日は4社同時に発表されました。12月中頃はどんどんギュウギュウ詰が加速しています。(笑)佐川など大型も[…]

IMG

ジーニーのビジネスモデル

ジーニーの事業内容はインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP」を主軸としたアドテクノロジー事業となっています。

それでは詳しく見ていきましょう。

ジーニーの経営理念

ジーニーの経営理念にあたるコーポレート・アイデンティティをみていきましょう。

コーポレート・アイデンティティ

アドテクノロジーで世界を変える。

ジーニーのミッションは、日本が誇る優れた技術力を背景に、独自開発したテクノロジーで、広告業界やユーザーの情報環境を変革していくことです。
現在、IT業界の技術やサービスは、多くが米国発です。しかし、日本やアジアの国々の企業や人々にとって、それらは必ずしも良いものではありません。
ジーニーでは、顧客の収益最大化を追求し、日本発のテクノロジーで世界を変えていきます。

世界を変えていく意志

世界を変えていくためには、1人ひとりが魔人の魂を胸に個々の才能やマインドを常に引き上げ、変わり続けていかなければなりません。
変わり続ける強い個の力が団結すれば、あらゆる困難をも乗り越え、世界を席巻し得る魔法を現実のものとできるのです。
ジーニーは、世界を変えていく業界のリーディングカンパニーとして、わたしたち自身も変化・成長していきます。

ミッション

アドテクノロジーで世界を変える

ビジョン

最先端の広告テクノロジーで顧客の収益を最大化する

ジーニーのビジネスの内容

ジーニーはWebサイトやスマートフォンアプリ上に、閲覧者に合った広告を瞬時に表示させる技術(アドテクノロジー)を使って、インターネットメディアや広告主の広告収益や効果を最大化させるシステムを提供しています。

ジーニービジネスモデル

出所;ジーニー目論見書より

ジーニーお金の流れ

出所;ジーニー目論見書より



ジーニーの収益性


売上高総利益率

次に粗利の部分にあたる売上高総利益率からみていきましょう。

売上高総利益率をみることでその企業の商品力をみることができます。

28年度15.65%

29年度14.99%

と少し下げています。

こういう業界の企業にしてはあまり高くはない感じですね。

売上高営業利益率

次に本業の儲けを表す売上高営業利益率です。

28年度1.76%

29年度2.19%

こちらは少し上げています。

こちらからも同業種と比べるとあまり高くない感じです。

まだ創業それほどたっていない企業ですから研究費等にかかる部分もあるのでしょうがもう少し利益がほしいところです。

売上高経常利益率

次に利息や営業外収益を含めた売上高経常利益率をみていきます。

28年度1.44%

29年度1.65%

こちらは少し上げています。

営業利益率との差が大きいのは為替差損、貸倒引当金繰入の影響が大きくなっています。

売上伸び率

売上げの伸びはこんな感じです。

28年度+142.05%(単独)

29年度+59.18%(連結)

と急激に伸びています。

これだけ急に伸びていると逆に心配になってしまうレベルですね。

収益性まとめ

売上の伸びはすごいですが、利益が少なめ。

ジーニーの安全性


流動比率

次に短期的な支払能力をみる流動比率です。

28年125.45%

29年140.25%

とこちらも少し良くなっています。

流動比率の目安は100%ですから全く問題ありません。

ただし、ちょっと気になるのが流動資産の中の現金預金の割合があまり高くなく売掛金の割合がかなり多いことが気になります。

不良債権がなければよいのですが・・・

自己資本比率

総資産に占める自己資本の比率である自己資本比率はどうでしょう?

28年37.2%

29年38.4%

と少し上げています。

もともとかなり高い水準ですし自己資本はなんら問題ないでしょう。

キャッシュフロー

キャッシュフローは28年度、29年度とも

営業活動がプラス

投資活動がマイナス

財務活動がプラス

フリーキャッシュフローは28年度、29年度ともマイナスです。

ちょっと気になる点ですね。

簡単に表せば本業で儲けたお金を投資活動に回した。

しかし、少し足りなくてどっかからお金を調達してきたって状況です。

すごい資金繰りが良い状況ってわけでもなさそうです。

キャッシュフロー計算書の簡単な見方はこちらからどうぞ。

関連記事

このサイトではIPOの銘柄について毎回財務分析を行なっています。キャッシュ・フロー計算書は最強の決算書類読者様からキャッシュ・フロー計算書の見方についてご質問をいただきましたので今回はキャッシュフロー決算書の読み方を解説したいと思い[…]

キャッシュ・フロー計算書の読み方

安全性まとめ

資金面では気になる点はあります。

ジーニーの株価


PER、PBR

PER、PBRをみるとかなり割高。

というか利益がでていないので当然といえば当然ですが・・・

売上がすごい伸びていて利益があまり出ていない現状。

今後をどう見るのかで判断が大きくかわりそうな銘柄ですね。

既存株主

既存株主にはベンチャーキャピュタルの出資が多くあります。

ロックアップは90日の株主と90日 or1.5倍の株主がいます。

ベンチャーキャピュタルは90日 or1.5倍やロックアップがかかっていないところがありうる気満々な感じが溢れ出ています。

ストックオプションも結構多くあります。

このあたりを加味すると上場後は注意が必要かもしれませんね。

セカンダリの挑戦はちょっと勇気がいるかも

まとめ


今回はジーニーの財務を中心に分析してみました。

株価的にはかなり割高水準ですが

売上の伸びはかなり高いです。

しかし利益が出ていない状況。

そのあたりをどう判断するかでしょうね。

次回は初値予想をしてみたいと思います。

また、IPOをこれから始める方は下記ページを読んでいただくことをおすすめします。

関連記事

IPO(新規公開株)の購入はかなりリスクが低くリターンが大きい投資法です。そのため人気が高くなかなか当選しにくいです。当選確率をあげるためおすすめしたいのはたくさんの証券会社の口座をつくっておくことです。当然たくさん[…]

IPO証券会社一覧
読んで頂きありがとうございます、

 

ジーニー財務分析
最新情報をチェックしよう!