こどもみらい住宅支援事業の予算消化状況のカウントダウン開始。いつ終わるのかを予想してみた

条件を満たした人が住宅の新築やリフォームなどをすると最大で100万円給付される「こどもみらい住宅支援事業」。

大変好評な補助金となっています。

締め切り日まではまだ余裕はありますが、予算の消化で終了となるため、ハラハラな人も多いでしょう。

しかも予算の消化がかなり進んできており、こどもみらい住宅支援事業のWEBページではカウントダウン(予算に対する補助金申請額の割合)の公開を始めております。

今回はこどもみらい住宅支援事業はいつ終わるのかを予想してみたいと思います。

こどもみらい住宅支援事業とは

まずは前提となるこどもみらい住宅支援事業について見ておきましょう。

なお、新たに「こどもエコすまいる支援事業」も始まっていますが、こどもみらい住宅支援事業の後釜って感じですね。

「こどもエコすまいる支援事業」は2022年11月8日以降に契約した方が対象となります。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。こどもみらい住宅支援事業とかなり似ていますが、多少条件等が変わっています。

こどもみらい住宅支援事業の目的

こどもみらい住宅支援事業の目的は以下のとおり。

こどもみらい住宅⽀援事業は、⼦育て⽀援及び2050年カーボンニュートラルの実現の観点から、⼦育て世帯や若者夫婦世帯による⾼い省エネ性能を有する新築住宅の取得や住宅の省エネ改修等に対して補助することにより、⼦育て世帯や若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図る事業です。

出典:こどもみらい住宅支援事業 より

簡単に言えば⼦育て世帯や若者夫婦世帯が省エネ住宅を買ったり、リフォームしたら補助しますよってことですね。

対象者条件

世帯条件は以下の通り。

  • 子育て世帯:18歳未満の子を有する世帯
  • 若者夫婦世帯:夫婦のいずれかが39歳以下の世帯

子育て世帯か若者夫婦が対象ってことですね。

所得等の制限はありません。

なお、申請時点の年齢で判断するとのこと。

住宅条件

住宅条件は以下の3つのどれかの条件を満たす住宅が対象となります。

ZEH:強化外皮基準かつ再エネを除く一次エネルギー消費量▲20%に 適合するもの

高い省エネ:認定長期優良住宅、認定低炭素住宅、性能向上計画認定住宅

省エネ:断熱等級4かつ一次エネ等級4を満たす住宅

とくにZEHは2022年10月からフラット35でもZEH住宅は金利引下げになっているなど優遇されていますね。

補助額

こどもみらい住宅支援事業の補助額は以下のとおりです。

  • 住宅の新築:ZEH住宅100万円/戸高い省エネ性能を有する住宅80万円/戸省エネ基準に適合する住宅60万円/戸
  • 住宅のリフォーム:実施する補助対象工事および発注者の属性等に応じて5万円から60万円

ZEH住宅なら100万円/戸とかなり大きい補助となっています。

もらえるかもらえないかでかなりの差がですね。

対象期間

対象期間は以下の通り。

契約期間:2021年11月26日 ~ 遅くとも2023年3月31日
(省エネ性能を有する住宅の新築は2022年6月30日までに工事請負契約又は不動産売買契約を締結が必要)

交付申請期間:2022年3月28日 ~ 遅くとも2023年3月31日

完了報告期限:戸建住宅 2023年10月31日

要するに2023年3月末までに契約と交付申請を終えている必要があるということです。(予算消化までに

なお、交付申請をするには一定以上(根切り工事又は基礎杭打ち工事の着手)まで工事が進んでいる必要があるとのこと。

また、完了報告期限(戸建てなら2023年10月31日)までに完了報告の提出ができない場合は交付済の補助金について返還が必要があるそう。

ですから住宅メーカー等によっては今からお願いしても上記期間に間に合わないケースもありますのでご注意ください。

ちなみに私が商談したあるハウスメーカーでは、9月の時点で今契約しても最速で2023年7月末からしか工事がスタートできないと言われてしまいました。

そのハウスメーカーで買う場合にはこどもみらい住宅支援事業は使えないということになりますね。

さらに9月に契約していれば2022年11月8日以降の契約でないので「こどもエコすまい支援事業」も使えないという・・・



こどもみらい住宅支援事業はいつまで予算があるのか?

ネットを見ていると多くの方が、新たに「こどもエコすまいる支援事業」がはじまって「こどもみらい住宅支援事業」が終わることを心配されていましたが「こどもみらい住宅支援事業」は予定どうり申請期間の変更等は無いとのこと。

こどもエコすまい支援事業等は、現在実施しているこどもみらい住宅支援事業とは別の事業です。

こどもみらい住宅支援事業の申請期間等に変更はありません

出典:国土交通省 こどもみらい住宅支援事業 よくあるご質問 より

「こどもエコすまい支援事業」が始まるから、「こどもみらい住宅支援事業」が終了するというわけではなく、別事業なので予算が消化もしくは期間が終了するまで同時並行されるようです。

ただし、予算の消化が思いのほか早いようなんですよ。

予算消化状況は平日毎日公表

なお、予算消化額が逼迫してきましたので、午前 0 時時点の状況を、その日の平日午前中に公表するとのこと。

下記の通り、11月18日時点で76%とかなり消化が早くなってきましたね。

こどもみらい予算消化額割合

出典:国土交通省 こどもみらい住宅支援事業

今までの予算消化推移からの予算終了の予想

今までの予算消化推移からいつくらいまで予算が持つのかを予想して見たいと思います。

まずは月次の推移を見てみましょう。

なお、「こどもみらい住宅支援事業」の予算は1,142億円(追加分含む)です。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

当月消化予算累計消化予算予算残り消化率
6月30日96億円210億円932億円18%
7月31日111億円321億円821億円28%
8月31日110億円432億円710億円37%
9月30日129億円561億円581億円49%
10月31日158億円719億円423億円63%

最新で公表されている月次の状況(10月31日)時点では消化率63%となっています。

どんどん消化スピードが上がってきているようです。

なお、予算の消化が逼迫してきたことから11月14日分(15日0時)から毎日発表されています。

以下のような推移です。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

累計消化予算(概算)予算残り(概算)消化率(概算)
11月15日0時845億円297億円74%
11月16日0時845億円297億円74%
11月17日0時856億円286億円75%
11月18日0時867億円275億円76%
11月21日0時902億円240億円79%
11月22日0時913億円223億円80%
11月24日0時947億円195億円83%
11月25日0時970億円170億円85%

なお、発表されているのは消化率はパーセント単位まで。(小数点以下は非公表)

さらに上記は消化率から逆算して求めた数字で、億円単位(切り捨て)です。

ですからそれなりにずれるとは思います。

9月までは1日あたりの予算消化は4億円程度でした。

しかし、それ以降の消化はかなり早くなっているようです。

9月30日から11月15日までの46日間の予算消化は概算で284億円。

単純計算で1日あたり6.1億円まで増えています。

11月15日以降はさらに動きが加速しているように見えます。

9月30日から11月15日の消化速度の場合

9月30日から11月15日の消化速度で考えると、11月18日時点の残り予算275億円を消化するのに45日程度です。

単純計算で2022年の年内で予算消化がほぼ終わる形ですね。

1日1%レベルで消化した場合

消化率のパーセンテージの小数点以下が公開されていませんので、微妙なところもありますが、17日〜24日の動きを見ると1日で1%〜2%程度消化していることから、さらに消化速度が上がっている可能性があります。

もし、そのレベルで予算消化が早まれば12月上旬ごろには終わってしまいますね。

もしかしたら17日〜24日の動きは予算進捗の数値を公表したことで、通常より早めに業者が手続きしているのかもしれません。

こどもエコすまいる支援事業に流れると

ただし、前述したほぼ同条件のこどもエコすまいる支援事業が2022年11月8日以降に契約した方は対象となりますので、両方使えるZEH住宅を購入する方が、そちらに流れる場合はもう少し消化が遅くなりそうです。(建売住宅なども対象となる)

そうなれば1月、2月くらいまでは残る可能性もあります。

ただし、「こどもエコすまい支援事業等の事務局開設日(12月中旬を予定)」または「本事業への登録申請日」のいずれか遅い日以降に着工する新築住宅またはリフォーム工事等について、​こどもエコすまい支援事業等の交付申請を行うことができる見込みとのことですのでそれもなかなか期待できなさそうですね。




まとめ

今回は「 こどもみらい住宅支援事業の予算消化状況のカウントダウン開始。いつ終わるのかを予想してみた」と題してこどもみらい住宅支援事業の予算消化についてみてきました。

かなり予算が逼迫してきましたね。

応募を考えている方はご注意ください。

条件をクリアしているのに予算が消化していたり、建築期間の問題で「こどもみらい住宅支援事業」は対象にならず、「こどもエコすまい支援事業」は契約期間の関係で対象外という狭間世代が生まれることは避けてほしいんですけどね・・・

「こどもみらい住宅支援事業」と「こどもエコすまいる支援事業」の予算を合算して考えるとか、もう少し臨機応変に制度設計してほしいものです。

お知らせ:You Tubeはじめました。

You Tube「お金に生きるチャンネル」をはじめました。

You Tubeでも少しでも皆様のお役に立てる動画を定期的に発信していきますのでチャンネル登録をぜひよろしくお願いいたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
こどもみらい住宅支援事業の予算消化状況のカウントダウン開始。いつ終わるのかを予想してみた
最新情報をチェックしよう!