• iDeCo
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは、自分で作る年金制度のこと
投資家とマネックス証券の赤糸

マネックス証券個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」参入!

マネックス証券個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」参入

本日の日経新聞にマネックス証券が個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」に参入するという記事がでておりました。

 マネックス証券は個人型確定拠出年金(DC)「iDeCo(イデコ)」に参入する。9月下旬にも、個人投資家を対象に口座開設の受け付けを始める。ネット証券の参入はSBI証券、楽天証券に次いで3社目となる。イデコの加入者数が急増していることを受け、運営管理機関として個人マネーの取り込みにつなげる狙い。 日経新聞

SBI証券と楽天証券の手数料戦争は限界値まできております(双方無条件の手数料無料)

その状態で後発として参入してどのように勝負するのか気になるところではあります。

参入する証券会社が増えればそれだけ競争が生まれサービスがよくなる可能性があります。

そこに期待したいですね。

今後は商品やサービス、ポイントなどでしか差別化できないでしょうかならね。

マネックスはマネックスVIEWβ(資産推移)やマネックスVISONβ(資産設計)などちょっと進んだサービスがあります。

これらを上手く個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」も取り入れることができれば面白いでしょうね。

もちろん手数料や商品面でSBI証券や楽天証券と対等である必要はあるでしょうが・・・

マネックス証券はライブドア事件の時のヘマ(というか悪手)があり投資家から敬遠されているところがあります。

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」で新しい投資家を育てる事業も大切でしょうね。




追記:マネックス証券の特徴がでていましたので載せておきます。

マネックスのiDeCo ~5つの特長~

ロボ・アドバイザーで簡単スタート

ロボ・アドバイザーがお客様の資産形成に適う運用商品を提案するiDeCo専用アドバイスツールの提供を予定していますので、資産運用初心者の方にもスムーズに年金運用を開始していただけます。

お申込み手続きが簡単

ウェブサイトからの資料ご請求時にご入力いただいた情報を印字した申込書類をお届けしますので、その後の書類記入の手間が減り、簡単にお申込みいただけます。

いつでもどこでも年金資産をチェック

PCやタブレットおよびスマートフォンなど様々なツールから時間や場所を選ばずに年金資産の運用状況をご確認いただけます。

ウェブサイトでいつでも運用商品の配分比率変更や入れ替えが可能

拠出する掛金で購入する運用商品ごとの配分比率の変更やこれまで積立てた運用商品の入れ替え(スイッチング)を、ウェブサイトでいつでもお手続きいただけます。

豊富な商品ラインアップ

多様なアセットクラス・運用手法をカバーする豊富な商品ラインアップから運用商品をお選びいただけます。

マネックス証券プレスリリースより

マネックス証券は9月下旬からということで現状、個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」に

今加入するならSBI証券か楽天証券の2択で決まり。

ちなみに私はSBI証券を使っています。

双方の詳しい内容は下記サイトを御覧ください。
SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」

楽天証券 確定拠出年金

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいでしょう。



読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。