【楽天証券】楽天スーパーポイントで投資信託が買えるようになる

楽天ポイントで投資信託

8月26日より楽天スーパーポイントで投資信託が買える

楽天証券が楽天スーパーポイントや楽天証券ポイントで投資信託を買えるようになります。

ポイントで投資信託が買えるのは業界初とのこと。

これは個人的にかなりうれしいです。

楽天証券は優待目的の塩漬け株が少しだけおいてあるだけでほとんどつかっていませんがこのために使うかもしれませんね・・・


サービスの概要

・投資信託の買付代金の一部または全てにポイントの利用が可能に
(楽天スーパーポイント、楽天証券ポイント)
・上限は30,000ポイント1注文、100,000ポイント1ヶ月
・1ポイント1円から利用可能(投資信託買付単位は各銘柄の最小買付け単位に準ずる(100円以上1円単位〜)
・対象ポイント:楽天ポイント、楽天証券ポイント(期間限定ポイント、他ポイントから交換した楽天ポイント除く)
・買付対象は、MRFや新規設定のものを除く約2400本
・積立買付、口数指定買付、ジュニアNISA口座での買付には充当できません。

となっています。

期間限定ポイントの使いみちがなくて無理やり買ってたりしましたがそれが使えないのはかなり残念です・・・・

ジュニアNISA口座はダメってことは普通のNISA口座なら大丈夫ってことなんでしょうね。

これはちょっと羨ましいかもしれません。

SBI証券でNISA作ってますので使えませんが・・・

他との差別化要因となりえる

楽天スーパーポイントはTポイントやポンタポイントと並んで普及しているポイントの1つです。

これで投資信託を買えるのは他の証券会社と差別化する良いポイントになるかもしれませんね。

SBI証券などはSBIポイントなるものがありますが、それほど使いみちがありませんしたまりにくいです。

ヤフーポイントやTポイントなどとの連携がしてほしいところですね。

SBI証券は昔はソフトバンクグループでしたが今はまったく違いますので難しそうではありますが・・・

楽天証券は楽天グループなのでできるこですから大きな差別化要因となりそうです。

今後はiDeCO口座作ったら楽天ポイントプレゼントとか始める可能性もアリそうです。

投資する人を増やす効果も

今回の制度で主婦など普段投資に関わってこなかった方も投資信託を買う可能性があがります。

そうなれば株やiDeCoなど投資の世界へのきっかけとなってくれる可能性もあるでしょう。

来年から始まるつみたてNISAへの布石ともいえるかもしれませんね。

これが投資人口の増加や投資マインドの熟成のきっかけになることを祈っています。

100円投資信託の使い方の考察は下記を御覧ください、

読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
楽天ポイント

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. セルインメイ
    株式の有名な格言にセル・イン・メイ SELL IN MAY(株は5月に売れ)というのがあります。この…
  2. 積立NISA
    来年2018年から積立NISAなる制度がはじまります。 現状のNISAは2014年からはじまっ…
  3. スパークス
    SBI証券(iDeCo)スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンドを追加 ただで…
  4. SBI証券でイデコオススメ運用商品
    激戦の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 楽天証券が10万円以上の残高で手数料無料にすると発…
  5. 投資信託計算
    先日も書きましたが2018年5月にDC法が改正されます。そこから確定拠出年金の商品数が35本が上限と…
  6. 仮想通貨マルチ商法
    仮想通貨のマルチ商法が増加中 先日もブログでビットコインがすごい急騰しているというお話…
  7. 楽天証券イデコ
    激戦の様相の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 先日イオン銀行が個人型確定拠出年金(iDeC…
  8. イデコの運用管理機関を乗り換え
    運用管理機関によって手数料も運用商品もぜんぜん違う 個人型確定拠出年金(iDeCO/イ…
ページ上部へ戻る