Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • 仮想通貨
  • 仮想通貨とはデジタル通貨の一種です。最近は投機材料として扱われることも多いです
仮想通貨取引所比較

ビットコインなどの仮想通貨取引所を比較してみた。おすすめ3社をご紹介

盛り上がる仮想通貨


ビットコインの分裂騒ぎがあったと思えば今度は40万円を突破するなど仮想通貨界隈がかなり盛り上がってきました。

また、使える場所も徐々に増えてきて、2017年4月には仮想通貨に関する法律もできました。

そのため、注目度もかなり上がってきたようです。

このサイトでも仮想通貨関連の記事は軒並みアクセスが多くなっています。

しかし、まだまだ仮想通貨は敷居が高いと思っている方も多いかもしれません。

そこで今回はビットコインなどの仮想通貨を取引する取引所の比較とその選び方、おすすめ3社をご紹介したいと思います。

仮想通貨を取引するためにはどうしたら良いのか?

ビットコインを始めとした仮想通貨は取引所と呼ばれる場所で取引されています。

簡単に言えばフリーマーケットのようなものでいくらで売りたい人といくらで買いたい人をマッチングさせているのです。

このあたりは株式投資と同様ですね。

株式投資における証券会社と仮想通貨の取引所の違い

株式投資の場合は東京証券取引所のような場所で取引が行われます。

そこで証券会社を通してやり取りするのです。

仮想通貨の場合はたくさんの取引所がありそこと直接やり取りするイメージです。

株式投資の場合は、手数料こそ違えど取引する場所は東京証券取引所などですからどこの証券会社で取引しても基本的には同じです。

しかし、仮想通貨の場合には取引所毎に取引が行われます。

だから取引所によって取引される金額が違う可能性もあるのです。

つまり、仮想通貨の取引所は株式投資における証券会社ではなく東京証券取引所と同様の存在と思えば近いと思います。

仮想通貨の販売所

仮想通貨の取引所とは別に仮想通貨の販売所というのもあります。

取引所は仮想通貨の所有者同士が取引する場所ですが

販売所は直接売ってくれるのです。

ただし販売所で買うほうが大抵の場合はコストは高くついてしまいます。


仮想通貨取引所を選ぶポイント

仮想通貨の取引所を選ぶ際のポイントはいくつかあります。

順番に見ていきましょう。

取引所の利用者数

まず最も大事なのは仮想通貨取引所の利用者数です。

前述したとおり、株式投資における証券会社と違い、どこの取引所で取引するかによって売買の活発度が変わってしまいます。

できるたけ利用者が多く活発に取引が行われている取引所を選ぶのが重要です。

よく株式投資であまり売買のない株だと板をみたときに

1000円 100株

980円 200株

950円 100株

のようになっているケースがあります。

これは売買が活発に起こっていない状態です。

400株買おうとしても950円で100株、980円で200株、1000円で100株となってしまうのです。

逆に売買が活発だとこんな感じで間もなく注文も多く入っています。

960円 1800株

950円 1300株

同じく400株買う場合でも950円で400株買えるのです。

売りたい場合も同様ですね。

売買がすくない(流動性が低い)銘柄だと成行で注文すればおもったよりも低い金額で約定しちゃったりします。

これと同様に仮想通貨はどこの取引所を使うのかでこのような差が生まれてしまうのです。

仮想通貨の種類

仮想通貨はビットコインが有名ですが他にもイーサリアムなどたくさんあります。

マイナーなのも含めれば1000を超えるそうです。

取引所によって扱っている仮想通貨が違いますからその点も選択のポイントになります。

手数料

頻繁に売買する場合は手数料も重要です。

利益に関係なくかかってくるのが手数料です。

株式投資も同様ですができるだけ安い方がよいに決まっています。

安心度

セキュリティ面などの安心度も重要でしょう。

ビットコインはマウントゴックス事件などもありセキュリティ面がしっかりしていないところで取引するのは怖い商品です。

なかなかセキュリティ面は外からは確認できませんのでできるだけ会社がしっかりしてるところを選びたいものです。

しっかりしている会社は自社のセキュリティ面についてかなり開示してくれています。

また、財務面が安全なのか(破産しないのか)も確認しておく必要があります。

サービス

その他電話サポートやポイント制をとっている、アフィリエイトやっている、レバレッジがどれくらい掛けれるのかなどそれぞれ特徴があります。

それら特徴も選択のポイントとなるでしょう。

おすすめ仮想通貨取引所3選、その比較

それでは具体的に仮想通貨取引所のオススメをみていきたいと思います。

取引所の利用者数は公開されていませんのでわかりません。

ただ、今回ご紹介した3社はどこも売買が活発に行われていますので利用者数の問題はないかと思います。

coincheck(コインチェック)

まずは私も使っているcoincheck(コインチェック)です。

ここは最も簡単に仮想通貨を取引できることをウリにしています。

実際に私もここで口座を開設しましたがかなり簡単です。

また、取扱をしている仮想通貨が多いのも特徴です。

現在取扱している仮想通貨は下記のとおり13種類です。

取扱仮想通貨

ビットコイン
Ehereum
Ehereum Classic
LISK
Factom
Monero
Amgur
Ripple
Zcach
NME
Litecoin
DASH
Bitocoin Cash

次に手数料です、手数料は下記のとおりとなっています。

手数料

売買手数料 0.15%〜
出金手数料 400円〜756円
信用時0.04%/日

個人的にあまりレバレッジを掛けないほうが良いとは思いますが一応掲載しておきます。

レバレッジ

5倍

>>coincheck公式ページ

Zaif(ザイフ)

次はZaifです。

先日仮想通貨のIPOにあたるICOの日本語サイトCOMSAを発表したテックビューロが運営会社です。
COMSAについては下記記事を御覧ください。


他との違いとして面白い点としてはZaifのコイン積み立てができることです。

投資信託の定期積み立てみたいな仕組みで毎月定額で仮想通貨を購入することができます。

高額は怖いけど・・・って方もお小遣い程度毎月積み立てて行けばドルコスト平均法にもなりますし購入しやすいですね。

取扱い仮想通貨は下記のとおりです。

取扱仮想通貨

ビットコイン
NEM
MONACOIN
Conuterparty
Bitcrystals
Storjcoin X
Bitocoin Cash

次に手数料です、手数料は下記のとおりとなっています。

手数料

売買手数料 Taker手数料-0,01%、Maker手数料-0,01%
出金手数料 50万円未満350円、50万円以上756円
信用時0.039%/日

個人的にあまりレバレッジを掛けないほうが良いとは思いますが一応掲載しておきます。

レバレッジ

7.77倍

>>Zaif公式ページ

bitFlyer(ビットフライヤー)

次はビットフライヤ−です。
ビットコイン、イーサリアムの取引所としては国内最王手です。
リクルート、SBIインベストメント、三菱UFJキャピタル、三井住友海上キャピタル、GMOなど大手が多数出資していますので会社としての安心感は他よりも高そうです。
取扱い仮想通貨は下記のとおりです。

取扱仮想通貨

ビットコイン
Ehereum
Ehereum Classic
ライトコイン
Bitocoin Cash

次に手数料です、手数料は下記のとおりとなっています。

手数料

売買手数料 0.15%〜0.01%
出金手数料 216円〜756円
信用時0.04%/日

個人的にあまりレバレッジを掛けないほうが良いとは思いますが一応掲載しておきます。

レバレッジ

15倍

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

まとめ

今回は仮想通貨の取引所を選ぶ際のポイント及びおすすめ取引所をご紹介しました。

私も使ってみないとわからないとかなりの数の口座をひらきました。

その中でおすすめ3社をご紹介しました。

今回ご紹介した以外にもたくさんの取引所があります。

まずは口座を作ってみて使ってみて自分に合った取引所を判断するのも良いでしょう。

読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ブロトピ:今日のブログ更新

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。