来年からはじまる【つみたてNISA】各社キャンペーン、申込み方法などの対応のまとめ

つみたてNISAはじまる

つみたてNISAの概要が各社出揃う


来年2018年からはじまるつみたてNISAの概要が各社出揃ってきました。

そこで各社のつみたてNISAの申し込み方法やキャンペーンなどをまとめてみました。

余談ですがつみたてNISAは当初積立NISAとうたわれえていましたがひらがな表記になったんですね・・・

SBI証券

SBI証券は下記ページに書いたようにすでに申し込みが始まっています。

キャンペーンも始まっています。

つみたてNISA総額400万円プレゼント

対象期間中に、当社にNISA・つみたてNISA・ジュニアNISAの口座を開設されたお客さま
※金融機関変更、勘定変更も対象となります。

抽選で2,000名に2,000円プレゼント

商品もなかなか充実しています。

商品も充実していますし、なかなか良さげですね。

他の証券会社はまだ運用商品だしていないんですよね・・・

楽天辺りの運用商品もみてみたいものですが・

楽天証券

楽天証券も下記のページに書いたようにすでに申込みが開始されています。

楽天証券の特徴としては毎日つみたて、ポイントつみたて、まとめてつみたてができることでしょう。

とくにポイントつみたては他の証券会社にない大きな強みかもしれません。

あとは取扱商品がどうなるかでしょうね。

マネックス証券

マネックス証券は専用ページは用意されているもののまだ募集は開始していないようです。

明日からかな?

<すでに当社へマイナンバーをご提出いただいているお客様>
つみたてNISAをご利用いただくためのお手続きを2017年10月以降に行っていただく必要がございます。
お手続きに関する詳細は、後日当社ウェブサイトにてご案内いたします。

マネックス証券の申込みはこちらからどうぞ

カブドットコム証券

カブドットコム証券はどうやらつみたてNISAへの取り組みが遅れているようで現在つみたてNISAのWEBページがありません。

問い合わせた人の話だと開始に間に合わないかもしれないようです。

システム改修などでお金も時間もかかりますしね・・・


まとめ

まだ大手証券会社などは募集を開始していないようですがこれから徐々に募集が始まってくると思われます。

個人型確定拠出年金 (iDeCo/イデコ)と違ってそれほど証券会社や銀行による差は生まれにくいとは思いますが取扱商品や使い勝手などはぜひ確認したいところですね。

個人的にはSBI証券で個人型確定拠出年金 (iDeCo/イデコ)もやっていますし、つみたてNISAもSBI証券かな・・・って

思いつつありますが各社の運用商品を見て決めたいと思います。

そもそも普通のNISAのままの方がいいかな・・・って気もしていますし迷っているところでありますが。。。。

つみたてNISA関連はこちらの記事も御覧ください。





読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 松井証券つみたてNISA
    松井証券がつみたてNISA取扱商品を発表 松井証券がつみたてNISAの受付を開始。取扱商品を発表し…
  2. ふるさと納税
    先日、ふるさと納税をするだけで返礼品をもらった上でAmazonギフト券を1000円分プレゼントすると…
  3. イオン銀行イデコ
    すごい反響!イオン銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 先日イオン銀行が個人型確定拠出年…
  4. 株価晴れる
    確定拠出年金(iDeCo)とは、毎月決まった金額を積み立てることで老後の生活に備えるための公的な制度…
  5. コインチェックのキャンペーンビットコインがもらえる
    Coincheckで新キャンペーン開始 日本一簡単にビットコインが買えると評判の簡単安心!ビットコ…
  6. アセンテック
    4月25日に新規上場しますアセンテックの財務分析を行ってみたいと思います。 アセンテックは私も…
  7. 自営業者、フリーランス必見。iDeCoの隠されたメリット 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)…
  8. ふるさと納税
    少し前のブログにも書きましたが先月に総務省からふるさと納税の返礼品を寄付額の3分の1程度に抑えるよう…
ページ上部へ戻る