希望の党公約の【ベーシックインカム】。メリット・デメリットをわかりやすく解説してみた。

ベーシックインカムとは

ベーシックインカムの議論が本格化するか?

希望の党の公約にベーシックインカムの導入が入ってネット界隈が騒然としています。

ベーシック・インカムはすでにフィンランドやオランダやカナダの一部都市で実験は行われていますがまだ本格的に導入した国はありません。

まさかの日本が先行事例となるのでしょうか?

今回はこのベーシックインカムについて見ていきたいと思います。

他の国の取り組みについては下記記事を御覧ください。

ベーシックインカムとは

ベーシックインカムとは簡単にいえば

政府が最低限生活できるくらいのお金を性別や年齢、所得、社会的身分など一切関係なく一律、無条件に配る制度です。

そんなの財源どうするの?

と考える方も多いでしょう。

しかし、これ結構本気で考えると実現できなくもないのです。


ベーシックインカムのメリット

ベーシックインカムのメリットとしては

行政の効率化
労働問題の解決

などがあります。

行政の効率化

まず、日本に無駄に多い公務員の削減に繫がります。

例えばベーシックインカムの導入で社会保険を整理すれば厚生労働省、県庁、市役所の職員がかなりの数必要なくなります。

それによりかなり行政がスリム化できるはずです。

日本の社会保険は無駄に複雑ですがベーシックインカムの導入でかなりシンプルにできるはずです。

労働問題の解消

次に労働問題の解消があります。

今現在はほとんどの方がお金のために働いています

しかし、ベーシックインカムが導入されれば最低限暮らしていけるだけのお金は働かなくても支給されるのでその必要がなくなります。

自分のやりたい仕事だけをやればよいのでストレスが大幅に減るでしょう。

また、自分のやりたい仕事を自由にできるようになりますので新たなイノベーションなんかが生まれてくる可能性もあります。

AI化で仕事がどんどんコンピュータに置き換わるとも言われています。

この流れはどうしても変えられないでしょう。

このまま現行の制度のままならばAI化により仕事がなくなり失業する人が増えてしまうのは避けられません。

そのセーフティネットしても機能しそうです。

その他

他にも少子化対策に繋がる(子供を産むことによる生活的不安が減少)ことや社会的活動の活性化(ボランティアなど)、学問の充実なども挙げられています。

また、生活保護を受けている人の方が頑張って働いているけど給料の安い人より楽な生活ができているなどバランスの悪い状態も解消できます。

それらにより社会全体の幸福度が上がるのではないかとういうのも大きなポイントですね。

ベーシックインカムのデメリット

ベーシックインカムは大きなメリットもありますがデメリットもいろいろ出てくる制度です。

財源の問題
勤労意欲の低下
生産能力衰退
貧富の差の拡大

特に上記の4つがよく挙げられています。

財源の問題

まずいの一番にあげられるのが財源をどうするか問題です。

まず考えられるのが現行の広義の社会保険制度をそのまま置き換える方法です。

例えば2016年の社会保険は118.3兆円です。

いろいろなしがらみがありますので簡単ではありませんが単純にこれをベーシックインカムに置き換えたとしましょう。

すると国民均等に分配して9万円くらいとなります。

9万円では最低限の生活にちょっと厳しいところもありますので税金をあげるとか工夫をする必要がでてくるでしょうね。

ただし、税金を上げたとしても最低限の生活が保証される制度が導入されるなら悪くないでしょう。

また、最低限の生活が保証されているならば貯金する人が減って消費に回して経済が回ることで活性化する可能性も大いにあります。

まったく非現実な話でもないのです。

勤労意欲の低下

ベーシックインカムがもらえることで勤労意欲が低下するのでは?という懸念もあります。

これは実験結果などをみてみたいとなんとも言えませんが、

ベーシックインカムの導入で自分のやりたいことがお金を心配せずできるようになれば頑張れるのでは?とも思うのです。

生産能力の低下

もう一つの懸念が生産能力の低下です。

これは上記の勤労意欲の低下ともつながっていますが働かない方が増えれば国としての生産能力が低下し国力が落ちるのではないかという懸念です。

これは今後AIが進展することで単純作業はほぼ必要なくなるはずです。

今後10年で半分の仕事がなくなると言われるくらいですしね。

そうなれば単純に必要な労働力も減りますし、生産能力がそれほど低下するとは考えにくいのかな?とも想像できます。

実際は実験結果とかみてみたいとわかりませんが。

貧富の差の拡大

もう一つが貧富の差の拡大です。

これは避けては通れないでしょう。

しかしこれベーシックインカム関係なく発生しています。

今後AIが進展して来ればさらに広がる可能性が高いです。

それならば高所得者の方の課税を強化することでこの点はカバーできるでしょうし財源問題の解消にも繫がります。

まとめ

ベーシックインカムはまだ実験段階の国が多くこれからの制度です。

しかし、ノーベル経済学賞クリス・ピサリデス氏や労働経済学者のピーター・ダイアモンドもベーシックインカムを推奨しているように理論的には大変おもしろい理にかなった制度でもあります。

既得権益の問題などいろいろなハードルはありそうではありますが個人的には大賛成な制度ですね。

将来の不安はイデコで解消

ベーシックインカムだけでは不安な方も多いでしょう。

そういう方には個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)をおすすめします。

イデコとは簡単にいえば老後資金を自分で積み立てていく制度です。

自分で積み立ていくのですが税金面の優遇があったりしてかなり有利なのです。

イデコを始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券の4択で決まりだとおもいます。

特に総合的に見るとSBI証券とマネックス証券がおすすめです。

ちなみに私はSBI証券に入っています。

また、今回見たように個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は現在申込みが殺到しています。

そのため申し込んでから実際に使えるようになるまでに結構時間がかかるのです。

早く始めれははじめただけ税金面で得が大きいですのでお早目の申込みをオススメします。
SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金
マネックス証券 iDeCo
読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 腕組みの法則
    投資の世界ではいろいろな格言や法則があります。ひふみ投信の藤野さんが提唱している「スリッパの法則」な…
  2. イデコの運用管理機関を乗り換え
    運用管理機関によって手数料も運用商品もぜんぜん違う 個人型確定拠出年金(iDeCO/イ…
  3. ふるさと納税
    ふるさと納税が4月以降変わってしまうようです。 4月からふるさと納税の返礼品がグレードダウン?駆け…
  4. つみたてNISAまとめ
    つみたてNISA証券会社のシリーズ企画まとめ シリーズものとして定期的に投稿してきました 「…
  5. イデコの掛金年払い化
    iDeCO(イデコ)がとうとう掛金の年単位化に対応 先日ようやく個人型確定拠出年金(iDeCo/イ…
  6. 自営業者、フリーランス必見。iDeCoの隠されたメリット 個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)…
  7. 楽天スーパーポイントで投資信託
    楽天スーパーポイントで投資信託が買える!! 少し前のブログにも速報を書きましたが楽天証…
  8. 選択型確定拠出年金は気をつけよう
    選択制確定拠出年金制度 今回は読者様よりご質問いただいた内容を考えて見たいと思います。 企業…
ページ上部へ戻る