【新生銀行】つみたてNISAのラインナップ。意外に?よいかも

新生銀行つみたてNISA

新生銀行のつみたてNISA取扱商品

新生銀行のつみたてNISAシンプルながらもなかなかの品揃えでした。

つみたてNISAは基本的にどこも手数料等は掛かりませんし制度は同じです。

そこで重要となってくるのが取扱商品のラインナップです。

今回は新生銀行のつみたてNISA取扱商品を見ていきたいと思います。

SBI証券、楽天証券、ゆうちょ銀行、野村證券、マネックス証券等のラインナップはこちらを御覧ください。

大和証券のつみたてNISA対象商品

カテゴリー 商品名 信託報酬(税抜)
日本株

野村つみたて日本株投信

年0.17%
外国株 野村つみたて外国株投信 年0.19%
バランス 野村6資産均等バランス 年0.22%

3本だけの取扱ですが3とも信託報酬が安くかなり良いインデックスファンドです。

とくに野村つみたて外国株投信は日本以外の海外の株へ投資するなら最適といえる商品です。

私もおすすめ投資信託5選に選ばせていただいております。

この野村つみたて外国株投信をつみたてNISAで購入できるのは野村證券、SBI証券だけですのでかなり大きいかもしれませんね。

他の2つもなかなかの商品で選択肢としてはありです。



新生銀行のつみたてNISAのメリット

つみたてNISAを新生銀行でやるメリットもあります。

まずはTポイントが貯まることです。

とっても月に5ポイントなので微妙ですけどね(笑)

もうひとつが振込手数料が無料になる条件の一つとなっていることです。

日頃から新生銀行を使ってらっしゃる方には大きなメリットかもしれませんね。

私も昔はメインでつかっていましたのでありがたみはわかります。

まとめ

つみたてNISAは基本的にどこを使ってもそれほど差がありません。

差のポイントは運用商品とサービス内容です。

その点、商品についてはかなり数が絞られていますが3本とも魅力的な新生銀行は候補にあがるでしょう。

サービス面ではSBI証券や楽天証券と比較するとつみたて金額やつみたて方に制限がありますのでそのあたりをどう捉えるかというのはありますけどね。

その代わりに振込手数料が無料になる条件に加えられていたり、Tポイントがたまったりの利点もあります。

日常から新生銀行を使っている方は選択肢としてなり得るでしょう。

どちらにしてもつみたてNISAはとてもよい制度ですので積極的に参加したいところです。

また、各社キャンペーンをしている間に申し込むのがお得ですね。

私の記事が参考になった方はポチッとな

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. 海外ETF
    海外ETFとは 海外ETFとは海外の証券取引所に上場している投資信託のことです。普通の…
  2. 企業型確定拠出年金の放置は大損
    退職、転職後に企業型確定拠出年金を放置しているのが40万人以上 確定拠出年金はこのサイトでも何度も…
  3. 赤字
    日本郵政が民営化後初めての赤字となりました。しかもその金額は400億と大きいこと、ちょうど郵便料金が…
  4. 自営業者フリーランスの老後対策
    自営業者・フリーランスは自分で老後対策が必要 自営業者(個人事業主)やフリーランスは自…
  5. 積立NISA
    来年から始まる積立NISAとiDeCoどちらを優先? 前回、個人型確定拠出年金(iDe…
  6. 預金は目減りする
    日本人の金融資産は半分が現金・預金である 賞与の時期になるとテレビで使いみちについてイ…
  7. イデコの掛金年払い化
    iDeCO(イデコ)がとうとう掛金の年単位化に対応 先日ようやく個人型確定拠出年金(iDeCo/イ…
  8. マネックス証券のイデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争は一段落? つみたてNISAの受付が始まり、そちらに…
ページ上部へ戻る