今度はRipple (リップル)がさらに大幅上昇。2日で2倍、20日で10倍

リップル価格上昇

Ripple (リップル)が2日で2倍、20日で10倍へ


仮想通貨といえばビットコインが有名ですがそれだけはありません。

無数の仮想通貨が存在しています。

しかし、最近はビットコインを始めとした仮想通貨が軒並み下がっています。

しかし、それらをよそに大きく上げている仮想通貨があります。

それがRipple (リップル)です。

イーサリアムを抜いてとうとう時価総額が二位となりました(1位はビットコイン)

今回はそんなRipple (リップル)について見ていきます。

Ripple (リップル)とは

Ripple (リップル)とは仮想通貨の一種です。

2004年に Ryan Fugger によって考案された決済プロトコルです

国内では、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行を含む大手金融機関が2016年から続々と Ripple の採用を表明し、金融機関向けエンタープライズ製品への Ripple の統合が進められています



Ripple (リップル)の価格

Ripple (リップル)の価格は現在262円前後です
ビットコインなんかと比べるとかなり買いやすい金額ですね。

しかし、ちょっとまでは100円前後だったのです。

下記の記事のときも99円になった・・・って騒いでました(笑)

20日くらい前までは20円代だったのです。

20日で10倍なんです・・・

すごい高騰の仕方ですよね。

こういうすごい安い仮想通貨を扱い始めたばかりのころに買っておくのも作戦としては面白いと思うのです。

Ripple (リップル)を買うには

Ripple (リップル)は時価総額2位にはなっていますがまだまだマイナーな仮想通貨のため買えるところが限られています。

CoinCheck

まずはCoinCheckです。

最近は出川哲朗氏のCMでも有名になってますね。

ビットコイン取引所としてはアプリの利用者数NO1となっており人気です。

私も一番初めに開いた取引所です。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットトレード

次はBittradeです。

こちらもビットコインやリップル以外にもライトコインやイーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュが購入する事ができます。

ビットバンク

もう一つがビットバンクです。

こちらはビットコインなどの仮想通貨でFXができます。

レバレッジも掛けることができますのでよりハイリスク・ハイリターンを求めたい方に人気となっています。

こちらもビットコインやリップル以外にもライトコインやイーサリアムが買えます。
リップルならビットバンク

GMOコイン

こちらもビットコインなどの仮想通貨でFXができます。

レバレッジも掛けることができますのでよりハイリスク・ハイリターンを求めたい方に人気となっています。

こちらもビットコインやリップル以外にもビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアムが買えます。

GMOグループがバックにいるのは安心感が高いですね。

今なら20,000サトシプレゼントキャンペーンやってますのでお得です。

バイナンス

中国の取引所で日本語が使えるバイナンスでも買うことができます。

バイナンス特徴は扱っているコインの数が半端ないことです。

かなり多くの仮想通貨を扱っています。(アジアで1番種類が多いらしい)

マイナーな仮想通貨買いたいならここはおすすめですね。

また、ビットコインが分岐したときに日本の取引所はあまりあたらしい仮想通貨を配布していませんが

バイナンスはほとんど配布しているようです。

このあたりを考えるとオススメの取引所です。

詳しくはこちらをご覧ください。

ビットポイント

もう一つがビットポイントです。

こちらは現在まだリップルの取扱を開始していませんが

ライトコイン(LTC)  :  2018年1月14日(日)
リップル(XRP)  :  2018年2月18日(日)

から新しく取り扱いをはじめることを発表しています。

こちらも上場企業の運営ですから安心感は高いですね。

リップルやPEPECASHなどの仮想通貨の戦略

ビットコインもそうですがリップル、モナコインやPEPECASHなどの仮想通貨は特に乱高下が激しいです。

そのためおすすめは普通の投資と一緒で分散投資ですね。

どれが高騰するかなんて正直よくわかりません。

株のようにファンダメンタルもありませんので

どこまでが割安で割高なんてないのです・・・

面白いところであり怖いところですね。

ですからちょっとずつ買っておくのがよいのかもしれません。

「卵は1つの籠に盛るな」ですね

ビットコインやリップルなどの仮想通貨を始めるには

仮想通貨も資金の逃げ先として認知がかなりされてきた感があります。

今回のように戦争不安なんかがあれば資金は逃げ先をさがします。

その際に今までは金などが有望でしたが今後は仮想通貨へもかなりの金額が向かうのでは?ともいわれています。

また、アメリカではビットコインの先物もできましたしこの先楽しみではありますね。

しかし、まだまだ乱高下が激しいですから一部資産だけにしておくのがオススメですが分散先として検討してもいいかもしれません。

仮想通貨を始めるにはまず取引所の口座が必要です。

株式投資の証券口座みたいなものと言えば理解しやすいかもしれませんね。

オススメは下記の3社ですね。

リップルならコインチェックBittradeビットバンク

モナコインやPEPECASHならZaifがおすすめです。

他にビットコイン、仮想通貨関連はこちらの記事もご覧ください。






読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
ビットコインブログランキング
人気ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. ベーシックインカムとは
    ベーシックインカムの議論が本格化するか? 希望の党の公約にベーシックインカムの導入が入ってネット界…
  2. ideco積み立て額
    iDeCo(個人型確定拠出年金)っていくら積み立てれば良いのか? これはiDeCoを始…
  3. 桐谷広人株主優待生活手法
    今朝のモーニングサテライトに「月曜から夜ふかし」で株主優待だけで生活することで有名な桐谷広人さんが出…
  4. イデコと公務員
    2017年1月から公務員も個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入できる 201…
  5. 仮想通貨は怪しいのか
    ビットコインを代表とする様々な仮想通貨が出ております。日本のメガバンクの1つである三菱東京UFJ銀行…
  6. ロボアドバイザー
    ロボアドバイザーに流行の兆し 最近ロボアドバイザーなる投資信託の自動運用システムが流行っています。…
  7. 20代でイデコに入る
    年代ごとに違う個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ iDeCoはこのペー…
  8. 楽天バンガードファンド創設
    【楽天・バンガード・ファンド】の創設を発表 先日、投資信託業界に衝撃を与えた楽天・全世界株式インデ…
ページ上部へ戻る