円安で広がる日米格差。iPhone14シリーズを買うのに必要な労働時間で比較してみた

とうとう1ドル140円台に突入するなど見たことないレベルで円安が進行しています。

それにより日本人から見ると外国の製品がどんどん割高に感じるように・・・

先日Appleから発表されたiPhone14シリーズも全機種と比べてかなり高くなりましたね。

日本人から見ると円安によりiPhoneはさらに高値の花になってしまった感がありますね。

しかし、アメリカ人から見ると割安にみえるようで・・・

そこで今回、アメリカ人の感じるiPhoneの価格と日本人の感じるiPhoneの差を労働時間で考えてみたいと思います。

なお、MacBook Airでも同様に比較しておりますので合わせてご覧ください。

日本でのiPhone14シリーズの価格

それではまず、前提となiPhone14シリーズの価格を見てみましょう。

日本での価格は以下のとおりとなっています。(Apple Storeでの価格)

なお、後にアメリカ価格と比較をするために消費税抜きの金額も掲載しております。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

機種名税込み(円)税抜(円)
iPhone14
128GB119,800108,909
256GB134,800122,545
512GB164,800149,818
iPhone14 Plus
128GB134,800122,545
256GB149,800136,182
512GB179,800163,455
iPhone14 Pro
128GB149,800136,182
256GB164,800149,818
512GB194,800177,091
1TB224,800204,364
iPhone14 Pro Max
128GB164,800149,818
256GB179,800163,455
512GB209,80019,727
1TB239,800218,000

かなり高くなっていますね。

前からその傾向がありましたが、下手なパソコンなら楽勝で買えてしまう金額です。

ちなみに前機種iPhone13は一番安価なiPhone13 128GBが税込98,800円と10万円を切る価格で発売されました。(後に円安の影響で117,800円に値上げ)

ですから1年で一番安い機種でも21,000円も値上げしているのです。

20%くらいの値上げですね。

一番高い機種ProMax1TBは13の発売時は税込182,900でした。

それが14では239,800円ですから56,900円の値上げです。

こちらは30%超あがっていますね・・・

円安の影響が大きい

ちなみにiPhone13が発売された2021年9月ころは1ドル109円前後でした。

現在は140円台ですから3割近く円安が進行している形となります。

それを勘案するとiPhoneの価格が上がっているわけではなく為替の影響がほとんどってことですね。

円安恐るべしです・・・

しかもこの値段まだ円安による値上げ余地ありです。

アメリカでの価格を勘案すると1ドル136.3円計算なんですよ。

ここしばらくの間に急速に円安が進行していますのでさらなる値上げがあっても不思議ではありません。



米国でのiPhone14シリーズの価格

次にアメリカでの価格をみてみましょう。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

機種名税抜き(ドル)参考:日本税抜(円)
iPhone14
128GB799108,909
256GB899122,545
512GB1,099149,818
iPhone14 Plus
128GB899122,545
256GB999136,182
512GB1,199163,455
iPhone14 Pro
128GB999136,182
256GB1,099149,818
512GB1,299177,091
1TB1,499204,364
iPhone14 Pro Max
128GB1,099149,818
256GB1,199163,455
512GB1,39919,727
1TB1,599218,000

ちなみにアメリカでは価格は殆ど変わりません。

例えばベースモデルのiPhone13 128GBは799ドルでしたから据え置きなんですよ。



iPhoneの日米価格差を労働時間で考えてみる

それではiPhoneの価格についてその国の人がどう考えるのかがわかりやすいように労働時間で考えてみましょう。

今回はベースモデルのiPhone14 128GBで見てみます。

なお、アップスストアではアメリカは税抜で、日本は税込で単純な比較はできません。

アメリカは消費税はありませんが、小売売上税とか使用税というのがあり、州によって違うとのこと。

そこで今回はちょっとややこしいのですべて税抜に統一して比較していきます。

  • 米国:799ドル
  • 日本:108,909円

です。

それではまず、日本人がiPhone14 128GBを買うのに必要な労働時間を見てみましょう。

日本人の平均的な所得の方の場合

まずは日本人の平均的な所得の方の場合で見てみましょう。

日本人の年金年収は令和2年の国税庁の調査で433万円です。

平均労働時間は2020年の日本経済団体連合会の調査で2,040時間でした。

調査団体も時期も多少違いますのであれですが、時給換算すると2,211円となります。

日本人の平均的な時給:2,211円
日本でiPhone14 128GBを買うと108,909円(税抜)ですから単純計算で
約49.25時間
の労働で買えるということになりますね。
消費税分も含めると54.1時間です。
1週間の労働時間の目安は40時間ですから1週間働いても買えないということになります。

最低賃金(東京)の場合

次に最低賃金で考えて見ましょう。

最低賃金は地区によって異なりますので、まずは東京で考えてます

東京は令和4年10月から

東京の最低賃金:1,072円

です。

ちなみに日本で最も高いですね。

日本でiPhone14 128GBを買うと108,909円(税抜)ですから単純計算で

約101.59時間
の労働が必要ということにます。
3週間位働いてようやくというレベル・・・
消費税分も含めると111.7時間です。

最低賃金(沖縄)の場合

次に最低賃金が最も低い沖縄の場合も考えて見ましょう。

沖縄は令和4年10月から

沖縄の最低賃金:853円

です。

こちらでiPhone14 128GBを買うと108,909円(税抜)ですから単純計算で

約127.67時間
の労働が必要ということになります。
こちらも3週間超の労働が必要ですね。
消費税分も含めると140.4時間です。

アメリカの平均的な所得の方の場合

次にアメリカの方がiPhone14 128GBを買うのに必要な労働時間を見てみましょう。

まずはアメリカ人の平均的な所得の方の場合で見てみましょう。

アメリカ労働労働局の2022年4月調査では

アメリカ人の平均時給:31.85ドル
でした。
アメリカでiPhone14 128GBをを買うと799ドルですから単純計算で
約25.1時間
の労働で買えるということになりますね。
日本の平均的な方が49.25時間でしたからほぼ半分の労働で買えるという事になります。
つまり、アメリカ人の感じるiPhone14 128GBの価格は日本人の感じるiPhone14 128GBの価格の半分くらいの認識なのです。

最低賃金(ニューヨーク)の場合

次に最低賃金で考えて見ましょう。

最低賃金は地区によって異なりますので、ニューヨークで考えてます

U.S. DEPARTMENT OF LABORによるとニューヨークの最低賃金は

ニューヨークの平均時給:13.2ドル(ファーストフードなどなら15ドル)

です。

アメリカでiPhone14 128GBをを買うと799ドルですから単純計算で

約60.5時間
の労働で買えるということです。
最低賃金15ドルのファーストフード店員なら約53,2時間です。
さらにアメリカにはチップ制度があるのでもっと早くに買えそうです。
日本の場合と比較してかなり差があるのが分かりますね。

アメリカでは最低賃金を15ドルに上げていこうという流れですからこの差は広がりそうです。



まとめ

今回は「円安で広がる日米格差。iPhone14シリーズを買うのに必要な労働時間で比較してみた」と題して日米のiPhone14シリーズを買うのに必要な労働時間を見てきました。

まとめるとこんな感じです。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

日本でiPhoneを買うのに必要な労働時間米国でiPhoneを買うのに必要な労働時間
平均的な所得の方49.25時間25.1時間
最低賃金の方東京101.59時間
沖縄127.67時間
NY60.5時間

同じ商品を買うのにこれだけ必要な労働時間が違ってしまっているですよ。

円安の影響も大きいですし、そもそも日本の賃金が上がっていないのも大きいのでしょうね。

ビックマック指数を見ても同じような状況となっていますね。

このまま行けばこの差はさらに広がっていきそうな予感。。。
今回は労働時間で見てきましたが、所得税、住民税などの税金や社会保険の影響などを考えると手取りではもっと差がありそうです。
日本は個々の経済的な状況を見れば先進国といえない日が来るのも遠くないかもしれません。。。
なお、iPhoneなどのアップル製品を少しでも安く買う法法はこちらでまとめておりますので合わせて御覧ください。

お知らせ:You Tubeはじめました。

You Tube「お金に生きるチャンネル」をはじめました。

You Tubeでも少しでも皆様のお役に立てる動画を定期的に発信していきますのでチャンネル登録をぜひよろしくお願いいたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
円安で広がる日米格差。iPhone14シリーズを買うのに必要な労働時間で比較してみた
最新情報をチェックしよう!