• 生命保険
  • 無駄な生命保険に入っていませんか?
標準生命表改定の影響

11年ぶりに標準生命表が改定。あなたへの影響も大?

11年ぶりに標準生命表が改定されました。

これにより生命保険各社が標準生命表を元に計算をしている生命保険は値下げ、医療保険や年金保険は値上げの方向に動いているようです。

あんまり関係ないや、って思う方も多いかもしれません。

しかし、標準生命表を見ると自分の老後についても見えてきます。

今回は標準生命表について考えてみたいと思います。

※:一部加筆修正、追記をしております。

標準生命表とは


標準生命表とは日本アクチュアリー会が金融庁からの委託で作成しているの表で、保険業法により標準を定められている保険会社の積立金「標準責任準備金」の計算に用いられます。

保険会社は何かあったときにでも保険契約者に保険金が支払えるようにお金を準備しておく必要があります。

それを標準責任準備金といい、その計算に使われているのが標準生命表です。

つまり、保険の基礎になる大変重要なデータなのです。

これが変わればそもそも計算の根本が変わりますので保険の価格が大きく変わります。


標準生命表になにが書いてあるのか

標準生命表は男女別、年齢別に生存数、死亡数、死亡率、平均余命(あと何年生きるか)などが統計学、確率論を元に予想されています。

例えば今60歳の男性の平均余命は23.68歳となっています。

つまり、今60歳の人は平均すると83.68歳まで生きるということです。

その最新版は下記のリンク先にありますので興味が有る方はどうぞ。

標準生命表2018

標準生命表が11年ぶりに改定

2018年度からこの標準生命表が改定になりました。

改定は2007年以来ですから実に11年ぶりです。

今回の改定の発表で例示されていたのが40歳の死亡率ですが

●40歳男性の死亡率が「1000人に1.48人(2007年)」から「同1.18人」に
●40歳女性の死亡率が「1000人に0.98人(2007年)」から「同0.88人」に

と大きく改善しています。

死亡率が男性で1000人中0.3人減、女性は1000人中0.1人減となっています。

全世代を平均した改善率は、男性で24.4%、女性で15.0%の改善とかなりのレベルといえます。

平均寿命も2007年版ですと男子81.15歳、女子87.83歳であったのに対し2018年版では男子83.47歳、女子89.59歳と男性で2.32歳、女性で1.76歳伸びています。

それだけ医療技術が進展したということなのでしょうね。

次は標準生命表改定の影響について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。