イデコ失敗例

お得な個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)なのに失敗する(損してしまう)パターン5選。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)はこのサイトで何度も紹介していますが、かなりお得な制度です。

しかし、そんなお得な制度でも失敗してしまう方が少なからずいます。

その方たちには失敗する共通点があります。

今回はそんな失敗してしまう共通点(パターン)を見ていきたいと思います。

ぜひ反面教師にしてくださいね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のお得なポイント


まずは、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の何がお得なのかを押さえておきましょう。

これをしっかり認識しておくだけでも失敗が少なくなるはずです。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は将来の年金を自分で作るための制度のため、国が様々な面で優遇してくれているのです。

それらが大きなメリットになってきます。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の大きなメリットは下記の点です。

所得税と住民税の節税効果
運用益が非課税
受け取る際も税制優遇

この3つが大きなメリットとなります。

また、定期的に自動購入することでドルコスト平均法になること、

60歳まで引き出せないので強制貯金的な使い方ができるのもある意味メリットといえるかもしれません。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

関連記事

個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)とは、毎月決まった金額を積み立てることで老後の生活に備えるための公的な制度です。この制度最大の特徴は税金面で様々な優遇措置が取られていることです。他にもメリット・デメリットがありますの[…]

株価晴れる


個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で失敗するパターン


個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に上記のような魅力的なメリットがあるのに失敗するパターンとはどんなケースなのでしょうか?

順番に見ていきましょう。

所得がない、少ないパターン

まず1つ考えられるのが所得なかったり、少ないパターンです。

例えば無職、主婦などで所得がないケースです。

この場合には前述の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のメリットである所得税・住民税の節税効果が得られません

そもそも所得税・住民税がないのですから当然といえば当然です。

また、失業保険などをもらっているケースも同様です。

収入はありますが、失業保険には所得税・住民税がかかりませんので節税効果が得られません。

同じように所得が少ない方もメリットが少なくなりますのでよく検討しましょう。

これらの場合、所得税・住民税の節税効果はありませんが、自由度が高いつみたてNISAを検討するのも一つの手です。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)をやらないほうがよいケースについて詳しくは下記をご覧ください。

関連記事

iDeCo(個人型確定拠出年金)はかなりお得な制度ですので加入者がすごい勢いで伸びています。また、いろんなところで話題になっていますので飛びついて加入する人も多いでしょう。しかし、ちょっと冷静になってください。実はi[…]

iDeCO加入しないほうが良い場合

住宅ローン控除に注意

同じように所得税・住民税が住宅ローンを組んでいて住宅ローン控除を受けている場合にもお気をつけください

この場合も所得税・住民税が少なくなっていますのでメリットは少なくなります。

よく検討してみましょうね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と住宅ローン控除の関係は下記記事をご覧ください。

関連記事

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の統計データがでました。個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の加入者がどんどん増加中ですがたくさんある投資先、どれに投資をしたらよいのかわからない方も多いかもしれません。そ[…]

イデコ統計資料をみてびっくり

定期預金などの元本保証の商品を選択すると口座管理手数料の負担を考えると実質的にマイナスとなります。

また、定期預金などはインフレに対応しませんのでインフレ・ターゲット2%を設定している日本ではこちらも実質的に目減りしていくことになります。

ですから定期預金などの元本保証のみに投資をするのはおすすめしません。

損したくないという気持ちはわかりますが、それによりはじめから損する一手を打ってしまっていることに気づきましょう。

もちろん元本保証のみ選択でも節税効果は得られますのでまったくのマイナスというわけではありませんけどね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で定期預金を選択するとどうなるかについて詳しくは下記記事をご覧ください。

アクティブ投資信託ばかりを選択するパターン

また、同様に信託報酬率の高いアクティブ投資信託ばかりを選択するのも失敗してしまうパターンです。

将来どれだけのリターンが得られるのかは絶対はありません。

しかし、将来どれだけのコスト(信託報酬)がとられるのかは決まっています。

それが高いのがアクティブ投資信託です。

過去の成績が良かったからと言って今後が良くなるかはわかりません。

ですから個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のように長期的な投資を考えるなら信託報酬はできるだけ安いほうが良いのです。

もちろんアクティブ投資信託でもよい商品もありますので、エッセンスとして一部をアクティブ投資信託とするのは良いと思いますが、アクティブ投資信託ばかりを選択するのは長期的な投資をする上ではおすすめしません

基本的には指標をベンチマークとしているインデックス投資信託を選択するのがおすすめです。

アクティブ投資信託とバッシブ(インデックス)投資信託については詳しくは下記記事をご覧ください。

関連記事

前回の記事で書きましたが個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)での運用では国内株式型でパッシブ運用が53.1%、アクティブ運用が46.9%、バランス型ではパッシブ運用が40.7%、アクティブ運用が59.3%とかなりの方がアクティブファンド[…]

パッシブ、アクティブどちらがよい

手数料と商品を考えずに金融機関を選択するパターン

最後は金融機関の選択についてです。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)は金融機関同士の差がかなりあります。

ですから金融機関の選択がかなり大きな意味を持ちます。

金融機関同士の差となるのは以下の点です。

手数料
運用商品

これらが大きな差となっています。

とくに手数料は運用とは関係なく毎月払うものですから極力安い方がよいです。

また、運用商品も前述した信託報酬が安い商品を揃えてあるかどうかは大きな差となります。

金融機関を変更することは可能ですが手数料が取られますし、時間もかなりかかります。

はじめの段階でしっかり選択しておきたいところです。

金融機関の変更についてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

運用管理機関によって手数料も運用商品もぜんぜん違う個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)の大きな特徴として運用管理機関(銀行や証券会社など)によって条件がぜんぜん違うことがあります。例えば手数料です。SBI[…]

イデコの運用管理機関を乗り換え

なお、今現在の私がおすすめするのは下記5社の金融機関です。

5社とも手数料は無料(金融機関取り分)、運用商品も信託報酬率の安いインデックスファンドを取り揃えています。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの6社から選ぼう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるならまずは金融機関を決める必要があります。

しかし、たくさんあってどこにしたらよいのかわからない方も多いでしょう。

簡単に決めてしまう方もおおいかもしれませんが、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の場合、金融機関ごとの違いがとても大きいですから慎重に選びたいところです。

私が今もし、新たに加入するならSBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、イオン銀行、大和証券の6択の中から決めます。

この6つの金融機関は運営管理機関手数料は無料です。(国民年金基金連合会の手数料等は各社共通で掛かります。)

また、運用商品もインデックスファンドを中心に低信託報酬の商品が充実しています。順番に見ていきましょう。

SBI証券

イチオシははSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」です。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあります。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

また、2018年11月からセレクトプランなる新しいプランができました。

こちらではeMAXIS Slimなども取り扱いがあり、信託報酬にも他に負けないだけのものになりましたね。

ちなみに既存加入者も無料でプラン変更可能となっています。

私も先日セレクトプランに変更しました。

また、SBI証券は確定拠出年金について古くから携わっており、1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

筆頭候補はSBI証券で決まりでしょう。

まずはこちらを検討してみてください。

マネックス証券

次点はマネックス証券 iDeCoです。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特にeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

また、最近、一番人気のひふみ年金もラインナップに追加されさらにスキがなくなりました。

松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、SBI証券やマネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがありますね。逆に本数が少ないことにより選びやすさは増しており初心者向けの筆頭候補といってもよいかもしれません。

また、35本制限まで余裕があるというのは最後発の強みですね。

1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。
イオン銀行iDeCo

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は人気のセゾン投信なんかにも加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった自社の人気商品の取扱が魅力です。

今後は楽天SPUの対象になったり、つみたてNISAのように楽天カードでポイントが貯まるようになるようでしたらかなり面白いです存在ですね。

大和証券

大和証券 iDeCoは大手証券会社でありながら、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にもかなり力を入れています。

他のネット証券と違い店舗が全国各地にたくさんあります。そこに魅力を感じる方にはおすすめできますね。

また、取扱商品もダイワつみたてインデックスシリーズなど信託報酬が安めの商品を取り揃えています。

また、UBS中国株式ファンド、ブラックロック・インド株ファンド、ダイワ・ロシア株ファンド、ダイワ・ブラジル株式ファンドといった他の金融機関ではみかけないその国特化のファンドなんかもあるのがおもしろいですね。

大和証券 iDeCo

総合して考えるとこの6つの金融機関ならどれかに加入すれば大きな後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

イデコ失敗例
最新情報をチェックしよう!