私ならこれを選ぶ楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)おすすめ配分。運用商品を比較してみた

楽天証券イデコ

激戦の様相の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)

先日イオン銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)への参入したのはこのサイトでもお伝えしました。

SBI証券と楽天証券のどちらかを選べば良いという感じでしたがちょっと様相が変わってきました。

手数料戦争は来るところまできてしまいましたでの今後は、サービスと運用商品の勝負となるでしょう。

そこでわたしが楽天証券でiDeCoをはじめるならどの運用商品を選ぶのかを考えてみて見たいと思います。

もちろん投資は自己責任なのでどこに投資するのはご自身でよく考えてくださいね。

私の選んだ運用商品で損がでたとしても保証はいたしかねます。

他の証券会社で私が運用商品を選ぶ場合はこちらからどうぞ

楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運用商品

まずは楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)運用商品を見てみましょう。

注目のポイントはSBI証券やイオン銀行では買えないだけでなく直販以外では楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)でしか買えないセゾンでしょう。

セゾンが書いたくて楽天証券でiDeCoをはじめるという人もいるくらいです。

その他の運用商品はSBI証券とイオン銀行と比較してもうまいこと揃えてあるな。と言った感じですね。

代表的な選択肢になりえる運用商品をご紹介しましょう。

カテゴリー 商品名 信託報酬
国内株式 たわらノーロード日経225 0.21%
国内株式 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 0.21%
先進国株式 たわらノーロード 先進国株式 0.243%
新興国株式 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 0.594%
国内債権 たわらノーロード国内債券 0.162%
先進国債権 たわらノーロード 先進国株式 0.216%
先進国債券 たわら先進国債券(為替ヘッジあり) 0.216%
新興国債権 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 0.56%
国内REIT 三井住友・DC日本リートインデックスファンド 0.216%
先進国REIT 三井住友・DC外国リートインデックスファンド 0.3024%
バランス型 セゾン資産形成の達人ファンド 1.55%
 バランス型 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 0.71%



私ならこれを選ぶ運用商品。リスク高めを許容できる人

iDeCoにかぎらずリスクを高めればそれだけリターンの金額もあがると予想されます。
つまり、ハイリスクハイリターンを考える方です。

リスクを取る場合私ならこういう運用商品を選択します。

楽天証券イデコアセットアロケーション

国内株式:10% 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS
先進国株式:60% たわらノーロード先進国株式
新興国株:30% インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式

すべて株式となりますので少しリスクは大きくなります。

この割合なのは世界経済インデックスファンドを参考にしています。

ちなみに世界経済インデックスファンドのアセットアロケーションはこれと同じ日本株10%、先進国株60%、新興国株30%となっています。

日本人ですから日本にもう少し比重をおいてと感じるかもしれませんが、個人的に日本の株式にそこまで将来性を感じていないのでこの比率にしています。
世界の経済全体からみて日本が占める割合も5%から10%と言われていますのでそれを考えても妥当といえるかもしれません。

今回新興国株を30%ほど組み込んでいますが楽天証券の新興国株のインデックスファンド海外新興国(エマージング)株式はちょっと信託報酬が高めなので新興国株はNISAや積立NISAで買うのも選択肢としては良いと思います。

私ならこれを選ぶ運用商品。リスク低めにしか許容できない人

次にリスクをあまり取りたくない場合は私ならこうします。

楽天証券イデコアセットアロケーション2

国内株式:5% 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS
先進国株式:30% たわらノーロード先進国株式
新興国株:15% インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式
国内債券:10% たわら国内債権
先進国債権:15% たわら先進国債券
先進国債権:15% たわら先進国債券(為替ヘッジあり)
新興国債権:10% インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式

こちらは半分を株式、半分を債権としてリスクを大きく下げています。

ポイントはたわら先進国債権の為替ヘッジを先進国債権の半分としているところでしょう。

本来はもう少し、国内債権を増やせばリスクは下がると思いますが、

日本国内はマイナス金利で債権にはあまり期待できません。

また、先進国債権であっても為替リスクが結構ありますのでそれを減らす意味でも為替ヘッジとしています。

NISAや積立NISAを個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)と合わせて使うなら債権部分やちょっと信託報酬が高めの新興国系はNISAや積立NISAで購入するのもありでしょう。

私はそんな感じで運用しております。

私ならこれを選ぶ運用商品。選ぶのが面倒な人

実は先程のリスクを許容できない人向けの選択ですが、ほぼこれと同じアセットアロケーションの商品があります。
先程も紹介したセゾンです。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。

これ1本だけを選択してしまうのも選択肢としてはありかと思います。

多少、信託報酬が高くなってしまいますが、この場合、運用成績などによって比率が崩れてしまった場合にも自動でリバランスをしてくれるのも面倒でなくてよいですね。

バンガード・グローバルバランス

出所:バンガード・グローバルバランス目論見書

まとめ

今回は私がもし楽天証券でiDeCoをはじめるならこの運用商品を選択するという記事でした。いかがでしたでしょうか?

楽天証券は運営管理手数料が無条件で0円ですし、運用商品の信託報酬の安い魅力的なのが多いのでSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」イオン銀行マネックス証券 iDeCoと並んでオススメできます。

楽天証券のiDeCoの詳細はこちらからどうぞ。

楽天証券 確定拠出年金

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。






読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
ブログランキングイデコ
人気ブログランキングへ

ブロトピ:今日のブログ更新

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 仮想通貨取引所比較
    盛り上がる仮想通貨 ビットコインの分裂騒ぎがあったと思えば今度は40万円を突破するなど…
  2. 楽天証券イデコの魅力
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争が小休止? つみたてNISAの受付が始まり、そちらに…
  3. 地雷投資信託を避ける
    地雷が紛れる個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運用商品(投資信託) 今までシリ…
  4. お釣り投資トラノコ
    評判のお釣り投資アプリ【トラノコ】 今年の6月からはじまった【トラノコ】というおつり投資アプリの評…
  5. 株価晴れる
    確定拠出年金(iDeCo)とは、毎月決まった金額を積み立てることで老後の生活に備えるための公的な制度…
  6. ロボアドバイザー
    ロボアドバイザーに流行の兆し 最近ロボアドバイザーなる投資信託の自動運用システムが流行っています。…
  7. 楽天バンガードファンド創設
    【楽天・バンガード・ファンド】の創設を発表 先日、投資信託業界に衝撃を与えた楽天・全世界株式インデ…
  8. ふるさと納税グルメポイント
    冷蔵庫、冷凍庫を圧迫するふるさと納税の返礼品 ふるさと納税は市町村に寄附をするとそのかわりに住民税…
ページ上部へ戻る