住民税の税額決定納税通知書が届きました。住民税をお得に払う方法

税金をクレジットカードで支払う

住民税(市民税・県民税)税額決定納税通知書到着


住民税(市民税・県民税)税額決定納税通知書が先日どどきました。

住民税って遅れて来ますし金額も県と市で所得の10%と結構大きいんですよね・・・

そこで少しでもお得に払う方法を考えてみたいと思います。

 

住民税(市民税・県民税)をお得に支払う方法


YAHOO公共料金を使いクレジットカードで支払う

まず、考えられるのがYAHOO公共料金での支払いです。

YAHOO公共料金

YAHOO公共料金では手数料はかかるものの

クレジットカードが使えます。

クレジットカードによっては1%〜2%近くポイントが付くものがありますから

それらで払えばポイントで納税者手数料分はペイできて少しプラスになると思います。

納税者手数料は市町村や納税額によって違うようですのでご確認ください。

 

YAHOO公共料金の弱点

YAHOO公共料金は1つ弱点があります。

使える自治体がまだまだ少ないということです。

自動車税はかなりの市町村が対応できていますが、住民税や国民健康保険はまだまだのようです・・・

まずは自分の住んでいる市町村が使えるのか確認してみてください。




WAONで支払う

住民税(県民税・市民税)はコンビニで支払うことができますがミニストップを使えば、こんな裏技もあります。

WAONで支払うことができるのです。

WAONで支払ってもポイントはつきません。

しかし、WAONにクレジットカードでチャージすればその部分についてポイントがつきますのでお得に支払うことができます。

住民税は結構金額大きいですから現金で支払うのと比べてかなりお得になりますね。

WAONチャージでポイントが付くクレジットカード

注意しなければならないんのがWAONチャージのときにポイントがつくクレジットカードは限られているということです。

具体的には下記のイオンカードセレクトとイオンIMBカードです。

まだWAONチャージでポイントがつくクレジットカード持ってない方はこれを機会に作成されてはいかがでしょうか?

イオンカード(WAON一体型)

 

nanacoで支払う

もうひとつの方法はセブンイレブンで使えるnanaco(ナナコ)で支払う方法です。

こちらもWAONとほぼおなじ仕組みになっていますがnanacoで住民税を支払ってもポイントは付きません。

しかし、クレジットカードをチャージするときにポイントが付きますのでお得に支払うことができます。

nanacoチャージでポイントが付くクレジットカード

nanacoにクレジットカードでチャージでポイントがつくクレジットカードも限られています。

セブンカード
ミレニアムカード セゾン / クラブ・オンカード セゾン
JCBマークのあるカード(一部対象外あり)
セゾンマークのあるカード
UCマークのあるカード(一部対象外あり)
三井住友カード(株)が発行しているカード(一部対象外あり)
ジャックスのロゴマークがカードの表面または裏面に付いているカード
ゆうちょ銀行が発行しているカード(一部対象外あり)
dカード(一部対象外あり)

その中でも特にお得なのが下記の楽天カード(JCB)です。

楽天カードは年会費無料で通常利用で1%のポイントが付きます。

*注意:楽天カードはマスターカードなどでも作れますがナナコにチャージでポイントを付けるためにはJCBにする必要がありますのでご注意ください。


楽天カード

さらに楽天プレミアムカードは年会費がかかりますが世界中の空港ラウンジが無料で使えるようになるプライオリティパスを無料で取得できます。プライオリティパスが使えるクレジットカードの中で最安値ですので海外出張や海外旅行の多い方はこちらをせんたくされるのもおすすめです。

楽天プレミアムカード

 

まとめ


住民税(県民税・市民税)は高いですが少しでもお得に支払いできる方法をご紹介しました。

他にも電気代、水道代、ガス代、固定資産税、自動車税等、国民健康保険などさまざまな用途で今回のテクニックは使えますので少しでも得をしてくださいね。

読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. お金を貯める小規模企業共済
    節税対策には小規模企業共済という手も このサイトでなんども個人型確定拠出年金(iDeC…
  2. 残念な三菱東京UFJ銀行のイデコ
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にはそれほど・・・ 三菱東京UFJ銀行は日本最大の銀行です…
  3. 積立NISAの条件
    下記のブログにも書きましたが日本の投資信託は99%はダメとは日本証券アナリスト協会 第8回国際セミナ…
  4. 選択型確定拠出年金は気をつけよう
    選択制確定拠出年金制度 今回は読者様よりご質問いただいた内容を考えて見たいと思います。 企業…
  5. 個人年金保険とイデコ比較
    個人年金保険という方法もある 将来の老後に備える制度としてこのページでも何度も紹介している「個人型…
  6. 激戦の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 手数料無条件無料で人気となっているSBI証券、楽天…
  7. ろうきんiDeCoはやめておいたほうが
    個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)で高シェアのろうきん 今回は公務員や労働組合などとの関係性…
  8. ロボアドバイザー
    ロボアドバイザーに流行の兆し 最近ロボアドバイザーなる投資信託の自動運用システムが流行っています。…
ページ上部へ戻る