株式投資の必勝法は期待値で考えることである。

期待値で考える投資法

絶対勝てる方法は存在しない。しかし・・・

株式投資にかぎらず、投資の世界で絶対勝てる方法(聖杯)は存在しません。

しかし、統計的に有利な方を選ぶことで最終的な損益をプラスに近づける方法があります。

それが期待値を考えるってことです。

今回は期待値がなぜ株式投資で重要なのか、どう活用すればよいのかを見ていきたいと思います。

期待値とは

確率論において期待値とは、確率変数の実現値を確率の重みで平均した値である。とされています。

もう少し噛み砕いて投資に例えると掛金に対していくら戻ってくるかの「見込み」の金額のことです。

たとえば100円払うとサイコロを1回ふれるゲームが有ったとします。

1がでれば10円
2がでれば50円
3がでれば100円
4がでれば150円
5がでれば200円
6がでれば500円

がもらえるとしましょう。

この場合の期待値は

10✕6分の1+50✕6分の1+100✕6分の1+150✕6分の1+200✕6分の1+500✕6分の1となります。

これを解くと約168円となります。

参加費が100円ですから168円期待値のゲームならば参加した方が得をする可能性が高く複数回参加すればするほど68円の得に限りなく近づいていきます。

これは株式投資にあてはめても同じです。

過去のデータからこのパターンの場合の勝率と平均利益(負け率と平均損失)がわかれば計算が可能です。

(あくまでも過去のデータに基づくものですが)

例えばこのある株があるパターンのチャートになった時の過去のデータから勝率が30%、負け率70%とわかったとします。

7割の掛け率でまけるのですからぶが悪いですよね。

しかし、例えば買った時のリターンは5万円、負けた時の負け率は1万円ならば

0.3✕5万円ー0.7✕1万円と期待値が計算できます。

これを解くと期待値は8千円のプラスとなります。

つまり、この勝負は勝率は悪いですが乗ったほうが儲かる可能性が高いと分かるのです。

逆に9割勝てるけど1割負ける勝負が合ったとします。

この時買ったときは1万円儲かり

負けたときは10万円損をするとします。

この場合の期待値は

0.9✕1万円ー0.1✕10万円

となります。

これを解くとマイナス千円となります。

勝率は高いけど期待値はマイナスです。

この勝負は繰り返せば繰り返すほどマイナスが膨れる勝負です。

つまり避けるべき取引なのです。

このように期待値で判断し期待値が高い勝負をたくさん行うことが大事なのです。

つまり、やればやるほど儲かるのが期待値が掛金より高いもの

やればやるほど損するのが期待値が掛金よりマイナスとなる状態がいえます。

前者は投資、後者はギャンブルですね。

ギャンブルの期待値

ちなみにギャンブル全般はこんな感じです。

(還元率から算出)

宝くじ 45.7%

TOTO 49.6%

競艇 74.8%

競輪 75%

オートレース 74.8%

競馬 74.1%

パチンコ 85%(店による)

宝くじならば100万での期待値は45.7万円となります。

つまり統計的には宝くじは買えば買うほど損をすることになります。

(もちろん一部大儲けする人もいますけどね)

他のギャンブルもやればやるほどマイナスになる可能性が高いことがわかると思います。



期待値をつかった投資必勝法

期待値がわかれば後は簡単です。

期待値が大きい取引を何度も繰り返すだけです。

例えば前述の期待値が8千円の取引ならば

10回行えば期待値8万円

100回行えば期待値80万円です

つまり、期待値✕取引回数が得られる利益と考える事ができます。

期待値がプラスとなる勝負を複数回行うことが重要なのです。

大数の法則

大数の法則とは、コイン投げを数多く繰り返すことによって表の出る回数が1/2に近くなど、数多くの試行を重ねることにより事象の出現回数が理論上の値に近づく定理のことをいいます。

株式投資も一緒で期待値が高い勝負を繰り返し行えば行うほど期待値に近づくのです。

まとめ

今回は期待値で株式投資を考える話をしてきました。

勝てる投資家と勝てない投資家、大きな違いはこの期待値で考えられるかどうかの違いがとても大きいような気がしています。

下記の記事にある相関係数のお話もそうですが株式投資には統計が結構役に立つものですね。

今、期待値が高い投資方法としては最強は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)でしょうね。

節税部分を考えるとやらないのは持ったないな・・・って思ってしまいます。

期待値で考える投資法の本も出ていますね。

期待値の投資法に興味が有る方は読んでみると良いかもしれません。


相場の上下は考えない「期待値」で考える株式トレード術

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの4社から選ぼう

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めるにはまずどこの金融機関で始めるのかを決めなくてはなりません。

たくさんの金融機関、証券会社が取扱をはじめていますので迷う方も多いでしょう。

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券の4択で決まりだとおもいます。

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。
信託報酬がほとんど最安値でスキがありません。

次点がSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。
SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。
そのため選択の楽しさがあるでしょう。
また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。
このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。
また、将来的に楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も期待できます。

総合して考えるとこの4つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。



読んでいただきありがとうございました。

私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
idecoブログランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. イデコの運用管理機関を乗り換え
    運用管理機関によって手数料も運用商品もぜんぜん違う 個人型確定拠出年金(iDeCO/イ…
  2. 仮想通貨を無料で手に入れる
    ビットコイン(仮想通貨)はまだまだ敷居が高い このサイトでも何度かとりあげていますがビ…
  3. 選択型確定拠出年金は気をつけよう
    選択制確定拠出年金制度 今回は読者様よりご質問いただいた内容を考えて見たいと思います。 企業…
  4. 楽天バンガードファンド創設
    【楽天・バンガード・ファンド】の創設を発表 先日、投資信託業界に衝撃を与えた楽天・全世界株式インデ…
  5. 積立NISAの条件
    下記のブログにも書きましたが日本の投資信託は99%はダメとは日本証券アナリスト協会 第8回国際セミナ…
  6. ふるさと納税
    ふるさと納税が4月以降変わってしまうようです。 4月からふるさと納税の返礼品がグレードダウン?駆け…
  7. 地雷投資信託を避ける
    地雷が紛れる個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運用商品(投資信託) 今までシリ…
  8. 世界の確定拠出年金
    日本では確定拠出年金(iDeCo)の使える範囲が拡大し公務員なども加入できるようになりました。 …
ページ上部へ戻る