インヴァストゴールドカードの損益分岐点

インヴァストゴールドカードの損益分岐点を考える

還元率1.5%、さらにクレジットカードの利用で貯まったポイントを原資にして自動積立投資することができるインヴァストゴールドカード

大変おすすめなクレジットカードですが、年会費が掛かることもありすべての方にオススメできるかといえばそうとも言えない部分もあります。

そこで今回はインヴァストゴールドカードを持った方が得なのか損なのかの損益分岐点を考えてみたいと思います。

インヴァストゴールドカードとは

インヴァストゴールドカードとは2019年7月22日から募集が始まった新しいクレジットカード(ゴールドカード)です。

インヴァストゴールドカードの特徴は以下の点です。

還元率が1.5%(JACCSモールでの利用ならさらにプラスあり)
貯まったポイントで自動積立投資
空港ラウンジが使える
年会費5,000円+消費税のゴールドカード

特に還元率の高さとインヴァスト証券のトライオートETFを使った自動積立投資が他のクレジットカード(ゴールドカード)と比べて大きな魅力となっていますね。

インヴァストゴールドカードについて詳しくはこちらの記事も御覧ください。

関連記事

2019年7月22日から新しいクレジットカード(ゴールドカード)の募集が始まりました。インヴァストゴールドカードです。これがかなりお得でしたのでご紹介したいと思います。還元率1.5%、さらにクレジットカードの利用で貯[…]

インヴァストゴールドカードが超おすすめ

インヴァストゴールドカードの損益分岐点

インヴァストゴールドカードの凄さは分かっていただけたと思います。

しかし、世の中には年会費無料のクレジットカードがたくさんあります。

それらと比較した時にどうなのでしょう。

そこでインヴァストゴールドカードを持った方が得なのか、そのほかの年会費無料のその他のクレジットカードが得なのかの損益分岐点について比較していきます

今回は同じジャックスカードとインヴァスト証券の「インヴァストカード」で比較してみます。

年会費

年会費は以下の通りとなります。

初年度:無料
次年度以降:5,000円+消費税
家族会員:無料
初年度:無料
次年度以降:年間1回以上の利用で無料(利用なし1,250円+消費税)
家族会員:無料

インヴァストカードは年間1回以上の利用で無料で無料となります。

対してインヴァストゴールドカードは次年度以降は5,000円となります。

この差をその他の差で埋められるかどうかで損益分岐点が変わってきますね。

還元率

還元率は以下の通りです。

インヴァストゴールドカード:1.5%
インヴァストカード:1.0%

還元率は0.5%インヴァストゴールドカードが高くなっています。

まずは直接的なこの部分で損益分岐点を考えて見ましょう。

10月以降の消費税10%で考えると5,500円を0.5%還元率のアップでペイができる利用金額を逆算すると年間110万円以上利用するならばインヴァストゴールドカードのほうがお得ということになります。

月額にすると91,666円ですね。

インヴァストゴールドカード:110万円×1.5%=16,500円
インヴァストカード:110万円×1%=11,0000円
16,500円-11,000円=5,500円

メインのクレジットカードとして利用する場合には、これくらいは普通に使う人も多いでしょう。

そのためこの部分だけでもインヴァストゴールドカードの方がお得になる方が多くなってきます。

また、インヴァストカード以外の年会費無料のクレジットカードも多くは0.5%の還元となっています。

楽天カードなど人気のものでもインヴァストカードと同じ1.0%の還元ですから、還元率で年会費をペイできる損益分岐点としての考え方は同じですね。

プラスアルファー部分

また、インヴァストゴールドカードはゴールドカードならではの優待サービスが受けられます。

この点も年会費無料のクレジットカードと比較して大きなアドバンテージとなってきますね。

空港のラウンジが無料

まず、国内の主要空港内のラウンジが年中無休、無料で利用が可能です。

楽天ゴールドカードなどは空港ラウンジの利用回数は年2回までと制限がありますが、インヴァストゴールドカードは特に制限はありません。

空港を普段利用するかたにとってはかなり大きなアドバンテージとなってきます。私も空港のラウンジはよく使いますが、地味に便利なんですよ。

ジャックストラベルデスク

プライベートでのご旅行やビジネスでの出張、そして各種パッケージツアー、ホテル、航空券、交通機関のご予約・ご相談をお受けする会員様専用のトラベルデスクである「ジャックストラベルデスク」の利用ができます。

大手旅行会社の国内・海外パッケージツアーを3~5%割引で利用できるようです。

J’s コンシェル

旅行やグルメ、癒しなど、さまざまなメニューがおトクに受けられる会員様限定の優待サービスの「J’s コンシェル」の利用もできます。

「J’s コンシェル」は株式会社ベネフィット・ワンが提供する福利厚生サービスでかなりお得なサービスなんですよ。

名門ゴルフコースがビジター料金でご利用いただけるほか、入手困難なプレミアチケット入手や著名人とのパーティーアレンジなど、貴方の夢の実現をお手伝いしてくれるそうです。

また、優待サービスもかなり充実しています。

旅行傷害保険

インヴァストゴールドカードには最高3,000万円の旅行傷害保険が付与されます。

海外だけの保険付与も多いですが、インヴァストゴールドカードは国内でも最高3,000万円の保険が付いています。

これは旅行中の病気や怪我だけでなく携行品の盗難などの被害、航空便 の欠航や受託手荷物の紛失などで負担した費用に対して、定められた額の範囲内で補償が受けられるかなりありがたい仕組みですね。

インヴァストゴールドカードの損益分岐点まとめ

今回は「お得なインヴァストゴールドカードの損益分岐点を考える」と題してインヴァストゴールドカードと年会費無料のカードの損益分岐点について考えてきました。

結論としては金銭面だけで考えると月に91,666円(年間110万円)以上利用するならばインヴァストゴールドカードがはお得であると言えるでしょう。

また、付随する優待サービスも5,000円+消費税のゴールドカードとしてはかなり優秀です。

その点を加味してもかなりおすすめのクレジットカードですね。

インヴァストゴールドカード
4.5

ポイント還元率も高く、そのポイントを自動で投資に回せるというかなりメリットが高いクレジットカードです。
メインのクレジットカードとして利用するならかなりおすすめですね。

なお、今ならカードの利用で最大5,000円分プレゼントキャンペーンも実施中ですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

インヴァストゴールドカードの損益分岐点
最新情報をチェックしよう!