私ならこれを選ぶ三菱東京UFJ銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)おすすめ配分。運用商品を比較してみた

残念な三菱東京UFJ銀行のイデコ

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)にはそれほど・・・

三菱東京UFJ銀行は日本最大の銀行です。
しかし、あまり個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)には力を入れてないのかもしれません。
今回はそんな三菱東京UFJ銀行で個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を始めた場合、私ならこれを買うというのを考えて見たいと思います。
もちろん投資は自己責任なのでどこに投資するのはご自身でよく考えてくださいね。
私の選んだ運用商品で損がでたとしても保証はいたしかねます。

三菱東京UFJ銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運用商品

まずは三菱東京UFJ銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)運用商品を見てみましょう。

その中でも中心となるインデックスファンドからです。

バランス型を除いたインデックスファンドがなんと4カテゴリーしかありません。

国内株式、国内債券、先進国株式、新興国株式です。

新興国株式は他の証券会社、銀行と比較してもそこまで問題ないですが、国内株式、国内債券、先進国株の3カテゴリーは信託報酬が高すぎますね・・・

カテゴリー 商品名 信託報酬
国内株式 三菱UFJトピックスオープン(確定拠出年金) 0.65%
国内債権 三菱UFJ<DC>日本債券インデックスファンド 0.45%
先進国株式 三菱UFJ<DC>外国株式インデックスファンド 0.79%
新興国株式 三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド 0.55%

つぎにバランス型やアクティブ型です。

三菱UFJプライムバランス(8資産)(確定拠出年金)はそれなりですが

あとの商品は信託報酬が高すぎますね・・・

個人的にはパスです・・・

バランス型 三菱UFJプライムバランス(8資産)(確定拠出年金) 0.32%
バランス型 三菱UFJ ライフセレクトファンド(安定型) 0.68%
バランス型 三菱UFJ ライフセレクトファンド(安定成長型) 0.74%
バランス型 三菱UFJ ライフセレクトファンド(成長型) 0.8%
バランス型アクティブ 三菱UFJ MV20 1.57686%
バランス型アクティブ 三菱UFJ MV40 1.7388%
バランス型アクティブ 三菱UFJ MV80 2.0628%
国内株式アクティブ  三菱UFJ 日本株アクティブオープン  1.55%
 国内株式アクティブ 三菱UFJバリューオープン  1.55%
先進国株式アクティブ  フィデリティ・グローバル・ファンド 1.73%
先進国債権アクティブ  三菱UFJ 外国債券オープン(確定拠出年金)  1.0%
 国内REITアクティブ  三菱UFJ<DC>J-REITファンド  0.85%



私ならこれを選ぶ運用商品。リスク高めを許容できる人

iDeCoにかぎらずリスクを高めればそれだけリターンの金額もあがると予想されます。
つまり、ハイリスクハイリターンを考える方です。

リスクを取る場合私ならこういう運用商品を選択します。

三菱東京UFJ銀行イデコポートフォリオ

国内株式:10%  三菱UFJトピックスオープン(確定拠出年金)
海外株式:60%  三菱UFJ<DC>外国株式インデックスファンド
新興国株式:30% 三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド

信託報酬が少し高めなのが気になりますがこの3つのインデックスに投資します。

これは世界経済インデックスファンドのアセットアロケーションとほぼ同じ比率となっています。

私ならこれを選ぶ運用商品。リスク低めにしか許容できない人

次にリスクをあまり取りたくない場合は私ならこうします。

三菱UFJプライムバランス(8資産)(確定拠出年金)1本。

三菱東京UFJ銀行の投資商品の中で比較的信託報酬が安めの商品となります。
三菱東京UFJ銀行イデコアセットアロケーション2
国内株式、国内債券、国内REIT、先進国株式、先進国債権、先進国REIT、新興国株式、新興国債権の8つの資産に投資をするファンドでこれ1本で分散投資ができます。

ちなみにSBI証券にも有るiFree8資産と違い均等に投資をするわけではありません。

国内株式16%、先進国株式20%、新興国株式4%、国内債権42%、先進国債権4%、新興国債権4%、国内REIT3%、先進国REIT3%、短期資産3%となっています。

ほぼ半分が株式やREITなどのリスクが高めの商品、半分がリスクが低めの債権となっています。

バランス型:100% 三菱UFJプライムバランス(8資産)(確定拠出年金)

まとめ

今回は私が三菱東京UFJ銀行でiDeCoをはじめるならこの運用商品を選択するという記事でした。

三菱東京UFJ銀行は現状では他と比較して正直劣っている運用商品でしょう。

また、手数料もほかと比べて高いです。

今後の改善に期待したいところですね・・・

iDeCoの場合は長期投資となります。

現状ならイデコはこの3社から選ぼう

iDeCoの場合は長期投資となります。

運用に関係なく信託報酬、手数料は掛かってきますので少しでも信託報酬、手数料がやすいところを選択するのがセオリーとなります。

現状ならば下記の3つの証券会社、銀行の中から選択するのがよいかと思います。
それぞれ特徴がありますので比較検討してみるのをおすすめします。

SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金

また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。




私がSBI証券、イオン銀行、楽天証券、ニッセイ、みずほ銀行、ゆうちょ銀行でiDeCoをはじめるならこの運用商品を選ぶはこちらからどうぞ







読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ブロトピ:今日のブログ更新

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. IBM
    世界一の投資家といっても良いウォーレンバフェット氏が2011年に買いはじめていたIBM株を3分の1売…
  2. マッチング拠出する女
    企業型確定拠出年金のもう一つのパターン【マッチング拠出】 昨日のブログでご紹介した選択…
  3. 30代のイデコ加入
    年代ごとに違う個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ iDeCoはこのペー…
  4. みずほ銀行確定拠出年金
    激戦の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 今回は個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の手…
  5. 50代からのideco
    年代ごとに違う個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ iDeCoはこのペー…
  6. 株価晴れる
    確定拠出年金(iDeCo)とは、毎月決まった金額を積み立てることで老後の生活に備えるための公的な制度…
  7. 積立NISA
    来年から始まる積立NISAとiDeCoどちらを優先? 前回、個人型確定拠出年金(iDe…
  8. 仮想通貨マルチ商法
    仮想通貨のマルチ商法が増加中 先日もブログでビットコインがすごい急騰しているというお話…
ページ上部へ戻る